パソコンケースを処分する方法を解説!買取業者の選び方も紹介

パソコンケースを処分する方法や、買取業者の選び方を紹介します。メーカーにパソコンケースを回収・廃棄してもらったり、ネットオークションに出すなど方法はさまざまです。適切にパソコンケースを処分しましょう。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 1932
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

パソコンケースを処分する方法5選

新しくパソコンを新調するときや、自作でカスタマイズするときに、使わなくなったパソコンケースの処分に困ることもあるでしょう。ここからはパソコンケースを処分する方法5選を紹介します。

粗大ごみで処分する

基盤などを含まないパソコンケースのみであれば、粗大ごみとして処分できます。自治体によってルールが異なるため、粗大ごみで処分する際はホームページなどを確認しましょう。

多くは粗大ごみシールを購入する必要があります。パソコンケースに貼り付けて、指定のゴミ捨て場まで処分しに行きましょう。シールを購入しないまま処分に出しても回収してもらえないので注意しましょう。

粗大ゴミの規定サイズより小さい場合は不燃ゴミとして出せる場合もあります。

パソコン買取業者に依頼する

パソコン買取業者に依頼することで、パソコンケースを処分してもらう方法もあります。パソコンケースや本体をそのまま回収してもらえる他、周辺機器など中古の機材もあればまとめて回収してもらえます。

プレミア価格で買取されているメーカーもあるため、思わぬ臨時収入に繋がる可能性も。自宅まで訪問してくれるため外に出る必要がないのも魅力です。

メーカーに処分してもらう

メーカー品であれば、メーカーに直接引き取ってもらえる場合もあります。パソコンケースを捨てたいけど解体に困っている方に、おすすめの選択肢。プロが適切な処分をしてくれるため、手間や時間がかからないところも特徴です。

ネットオークションに出品・販売する

使わなくなったパソコンケースを、ネットオークションに出品することで中古販売する方法もあります。傷や故障個所ありなど、現在の状態がわかるように写真を撮って投稿しましょう。

パソコンのカスタマイズを楽しんでいる方や、珍しい中古機材が好きな方もいるため、オークションで思わぬ金額で販売できる可能性もあります。

不用品回収業者にパソコンケースを処分してもらう

パソコンケースを不用品回収業者に処分してもらう方法もあります。自宅まで引き取りに来てくれるため、手間がかからずラクです。地域によっては、出張料金などがかかる場合もあります。

不用品回収業者にパソコンケースの処分を依頼する際は、事前にホームページで料金体系を確認しておきましょう。

パソコンケースを処分してくれる不用品回収業者の選び方

ここからは、パソコンケースを処分してくれる不用品回収業者の選び方を紹介します。事前にしっかりと情報を確認して、依頼時のミスマッチを防ぎましょう。

見積もり金額の提示が適切か

不用品回収業者に依頼する際には、提示してくれる見積もり金額が適切かどうかを確認しましょう。電話やインターネットから見積もりしてもらえます。その際に「追加料金の有無」「出張料がかかるか」を確認しておくことで、ミスマッチを防ぎましょう。

処分にかかる見積もりと一緒に見積書を発行してもらうと、他の業者との比較ができるようになります。複数の業者と検討している場合は、忘れずに見積書を発行してもらいましょう。

丁寧な対応をしてくれるか

不明点や質問したことに対して、丁寧に的確な返答をしてくれる業者を選ぶことも大切です。あやふやなまま話を進めようとする業者の場合は、すぐに依頼しないで検討するのも必要です。

電話の応対でも対応の良し悪しは確認できるため、事前に電話でも確認しておきましょう。

パソコンケースの処分はくらしのマーケットに相談してみよう!

出典:くらしのマーケット

パソコンケースを処分したいという人は、「くらしのマーケット」の利用がおすすめです。

不用品の回収から害虫駆除、水回りのトラブルまで、暮らしにまつわるサービスを掲載しており、さまざまな事業者の中から、口コミや料金で比較して気になったところを選ぶことができます。実際に利用したユーザーの声を参考にしながら事業者を選んで依頼することができるのがポイントです。

また、登録している事業者は全国にいるため、サービス毎の対応エリアが広いのも魅力の一つ。

パソコンケースの処分に困ったら、この機会に一度試してみましょう。

不用品買取業者に依頼してパソコンケースを処分しよう

パソコンケースを処分する方法や、買取業者の選び方をご紹介しました。自分で粗大ゴミ等に出すか、不用品買取業者に依頼して適切に処分してもらいましょう。電話などの対応や見積金額を比べて、自分に合った業者を選びましょう。

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年8月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 1932
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

不用品・遺品整理のデイリーランキング

おすすめのアイデア