オーディオ機器の処分方法6選!古いミニコンポなどの捨て方を解説

オーディオ機器の処分方法を紹介します。ミニコンポなどの壊れた古いオーディオ機器を処分する前にチェックすべきポイントや具体的な処分方法、おすすめの業者も紹介するので参考にしてください。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 3396
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

オーディオ機器を処分する前にチェックすべきポイント

コンポなどのオーディオ機器を処分する場合、事前に確認すべきポイントがいくつかあります。ここでは、オーディオ機器を処分する前にチェックすべきポイントを2つ紹介します。

修理で直る可能性があるか確認する

音飛びがする場合や、ノイズがあったり、音が出なかったりする状態であっても、修理で直る可能性があることは押さえておきましょう。不要な場合は処分して問題ありませんが、思い入れのあるオーディオは一度修理に出してみると良いかもしれません。

壊れたオーディオ機器も買い取ってもらえないか確認する

状態が良く使用可能なオーディオの方が売れやすいのはもちろんですが、修理可能な程度であれば、壊れたオーディオ機器でも買取してもらえることがあります。処分するのがもったいないと感じる場合は、捨ててしまう前に買い取ってもらえないか確認してみましょう。

不要なオーディオ機器の処分方法6選!

【1】小型サイズの場合は自治体のリサイクルに出す

小型サイズのオーディオ機器であれば、自治体のリサイクルに出すのがおすすめ。

回収対象となるサイズや家電の種類は自治体によって規定が異なるため、該当エリアの公式情報を確認しましょう。

例えば東京都渋谷区の場合は回収ボックスの投入口に入るサイズ(13×28cm)の小型家電製品が対象(※)となっています。


※参考:渋谷区

【2】粗大ゴミに出す

小型家電のリサイクルが難しい場合、粗大ゴミとして廃棄します。自治体の規定に従って、適切に処分しましょう。

粗大ゴミとして出す場合は、事前に問い合わせて回収日を決め、指定の場所に置いて回収してもらいます。

通常のゴミやリサイクル回収とは違い、費用がかかるため注意が必要です。数百円〜千円程度のシールを購入して不用品に貼り付け、指定の場所に出すことで回収してもらえます。

【3】自分で売却する

まだ使用できる状態のオーディオ機器であれば、オークションやフリマサイトなどを使用して売却できます。

少しでもお得に処分したい方や、廃棄に抵抗がある方は出品してみると良いでしょう。

オーディオ機器の種類や状態によっては、思いがけず高値で買い取ってもらえることもあります。

【4】中古品専門店に買い取ってもらう

オークションやフリマサイトへの出品に抵抗がある方や、保管するスペースがない方は中古品専門店への持ち込みがおすすめです。

自分で売却する場合よりも価格は下がる傾向にありますが、手間暇をかけずすぐに引き取ってもらえるのがメリットです。

一方で、状態が悪い場合は買取不可の場合もあります。持ち込む前に汚れを拭き取ったり掃除をしたりして、できるだけきれいな状態にしておきましょう。

【5】寄付する・知人に譲る

愛着や思い入れのあるオーディオは、他人の手に渡った後も大切にしてもらいたいもの。

使用可能なオーディオであれば、寄付したり知人に譲渡する選択肢もあります。

周囲に心当たりがある場合は親族や友人に聞いてみたり、寄付する場合は募集している団体がないか確認してみましょう。

【6】不用品回収業者に依頼する

すぐに回収してもらいたい場合や、他の不用品とあわせて一気に処分したい場合は、不用品回収業者に依頼するのもひとつ。大型家具や家電を回収している業者であれば、オーディオ機器も回収してもらえるでしょう。

不用品回収業者を利用する際は、業者選びが重要です。中にはトラブルが多かったり、悪質な手法で高額請求を行ったりしている会社もあるため、必ず廃棄方法や料金プランを明瞭に開示している業者を選ぶようにしてください。

※ 廃棄物の処分には、各種許可業者の利用が必要となります。回収業者をご利用の際には事前にご確認ください。

不要なオーディオ機器の回収は「くらしのマーケット」におまかせ

出典:くらしのマーケット

不要なオーディオ機器を処分したいという人は、「くらしのマーケット」の利用がおすすめです。

不用品回収や害虫駆除から、水回りのトラブルなどまで、暮らしにまつわるサービスを掲載しており、さまざまな事業者の中から、口コミや料金で比較して気になったところを選ぶことができます。実際に利用したユーザーの声を参考にしながら事業者を選んで依頼することができるのがポイントです。

また、登録している事業者は全国にいるため、サービス毎の対応エリアが広いのも魅力の一つ。

オーディオ機器の処分にお困りの人は、この機会に一度試してみてはいかがでしょうか。

オーディオ機器を適切な方法で処分しよう!捨て方に迷ったら業者へ依頼がおすすめ

オーディオ機器の処分方法について紹介しました。壊れたオーディオ機器でも修繕可能な場合があるため、捨てる前に確認することをおすすめします。

不要なオーディオ機器は粗大ゴミやリサイクル品として自治体に回収してもらえるほか、寄付や譲渡、買取専門店の利用で無料引き取りが可能な場合も。

それぞれメリット・デメリットが異なるため、状況に応じて適切な方法を選択しましょう。急ぎの場合は不用品回収業者への依頼がおすすめです。

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年8月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 3396
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

不用品・遺品整理のデイリーランキング

おすすめのアイデア