エアコンの正しい処分方法5選!持ち込みや買取りなど費用をかけずに処分するには?

エアコンが老朽化し、処分したいと考えている方は少なくないでしょう。しかし、どのように処分すればいいか分からないという方も多いです。本記事ではエアコンの正しい処分方法5選について解説いたします。エアコンの処分方法で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 3018
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

エアコンは粗大ゴミで出すことができない

エアコンは粗大ゴミとして処分することはできません。なぜかというと、エアコンは「家電リサイクル法」の対象品目に含まれているため、リサイクルに出さなければならないからです。

「家電リサイクル法」の対象製品をリサイクルする際には、リサイクル料金を支払う必要があります。

リサイクル料金が発生する

「家電リサイクル法」によって定められている家電は、処分はできずリサイクルを行わなくてはいけません。そのため、リサイクル料金を支払い処分を行うのが原則となります。

リサイクル料金の支払いには以下の2つの方式があります。

●料金販売店回収方式
販売店にエアコンのリサイクル手続きを依頼する際にリサイクル料金を支払う方法です。

●料金郵便局振込方式
自身でエアコンを処分場へ持ち込んでリサイクルする場合に、郵便局でリサイクル料金を振り込む方法です。

▼リサイクル料金の目安
エアコンの処分の際に必要なリサイクル料金の目安は990円〜2,000円(税込)です。リサイクル料金はメーカーによって異なります。
参照:家電リサイクル券センター「リサイクル料金一覧表」

不法投棄は重い罰則がある

リサイクル料金を払いたくないからといって、不法投棄を行ってしまうと重い罰則があるので注意しましょう。他にも処分の方法はあるため、不法投棄を行うのは絶対に避けてください。

エアコンの処分方法5選!

【1】指定引取所に持ち込んで処分してもらう(料金郵便局振込方式)

「料金郵便局振込方式」という処分方法です。郵便局にそなえ付けられている家電リサイクル券を使用してリサイクル料金を振込む方式のことです。自分で持ち込むため、リサイクル料金以外に費用がかかりません。

▼ 料金郵便局振込方式でエアコンを処分する流れ

1.引取先を調べる
まず引き取ってくれる先がどこかを調べましょう。処分する場所によって引取先は異なります。

2.処分する日時を決める
処分する日時を決めましょう。時刻については引取先によって対応範囲が異なるため、確認しておくようにしてください。

3.家電リサイクル券に必要事項を書く
家電リサイクル券を用意し、そこに必要事項を記載します。漏れなく記載するように注意をしてください。

4.リサイクル料金を支払う
決められたリサイクル料金の支払いを行います。窓口もしくはATMで払込をすることが可能です。

5.エアコンに家電リサイクル券をはりつけて持ち込む
エアコンに家電リサイクル券をはりつけて、指定の場所へ持ち込みましょう。収集運搬を依頼することも可能です。

【2】家電量販店や購入店で処分してもらう(料金販売店回収方式)

「料金販売店回収方式」という処分方法で、家電量販店で買い替えをする場合におこなうリサイクル方法です。引き取りのタイミングでリサイクル料金を支払います。

【3】買い替えの際に処分してもらう

新しくエアコンを購入する際、不要なエアコンの処分や引き取りを行なっている場合があります。お得に利用できる可能性もあるため、確認してみるのがおすすめです。

【4】リサイクルショップ・フリマアプリで売却する

エアコンの処分はリサイクル料金かかるため、買い取ってもらえるのであれば費用がかからず現金化の可能性もあるのでお得に処分できます。

エアコンの買取料金は型式や経過年数によって異なります。一般的には「製造から5年以内」のエアコンが買取対象となるようですが、業者によっては10年以内のエアコンであれば買い取ってもらえる場合もあるようです。

【5】不用品回収業者へ依頼する

不用品回収業者は、エアコンなど、さまざまな不用品の回収を行なっています。エアコン以外の要らないものもまとめて回収をしてもらいたい場合には便利な手段となるでしょう。

エアコンなどの不用品回収は「くらしのマーケット」がおすすめ

出典:くらしのマーケット

エアコンを処分したいという人は、「くらしのマーケット」の利用がおすすめです。

不用品回収や害虫駆除から、水回りのトラブルなどまで、暮らしにまつわるサービスを掲載しており、さまざまな事業者の中から、口コミや料金で比較して気になったところを選ぶことができます。実際に利用したユーザーの声を参考にしながら事業者を選んで依頼することができるのがポイントです。

また、登録している事業者は全国にいるため、サービス毎の対応エリアが広いのも魅力の一つ。

エアコンの処分にお困りの人は、この機会に一度試してみてはいかがでしょうか。

エアコンの処分にはお金がかかるので注意

エアコンの処分はリサイクル料がかかります。買い替えの場合は、家電量販店がリサイクル料を負担してくれるかもしれません。処分する際には、エアコンの買い替えを前提にするとお得になりやすいのでおすすめです。

エアコンの処分に関するその他の記事をチェック

※記事内の情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年5月)に基づいたものです。
※画像の一部はイメージです。

  • 3018
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

不用品・遺品整理のデイリーランキング

おすすめのアイデア