排水管洗浄を自分でする方法5選!洗剤やワイヤーブラシでの簡単なやり方を紹介

排水管洗浄を自分でしたいという人のために日頃からできる重曹やワイヤーブラシなどを使った簡単な排水管洗浄方法を5つ紹介します。また、つまりや汚れの原因、予防方法なども解説するので、役立ててみてください。

  • 1282
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

排水管のつまりや汚れの原因

排水管がつまったり汚れたりする原因は場所によって異なります。ここでは、キッチン、洗面所や浴室、トイレのそれぞれの原因について解説します。

キッチン

キッチンの排水管の場合は、油汚れや食べ残しなどの生ゴミが付着してつまる原因となります。とくに、油は冷えると固まる性質を持っているため、排水管にくっついて頑固な汚れに変化します。

このような汚れやゴミを放置していると、雑菌が増えて悪臭やぬめりの原因にもなります。

洗面所や浴室

洗面所や浴室の排水管が汚れてつまるのは、皮脂やメイクを落とすためのクレンジング、整髪料などの油汚れに加えて髪の毛が絡まるのが原因です。

また、洗濯機と接続してある排水管の場合は、衣類からでたホコリや糸くずがつまることがあります。

トイレ

トイレの排水管がつまる原因として、大量にトイレットペーパーを一度に流したり、水に溶けないティッシュペーパーを流すことなどがあげられます。

そのほかにも、ペット用のトイレ砂や赤ちゃんのおしり拭きシートなどを流すのもつまりの原因になります。

排水管の洗浄を行うサイン

提供:LIMIA編集部

排水管洗浄を自分で行うときには、日頃から上記のような症状が出ているかチェックしておきましょう。排水口から異音や異臭、水の流れが悪いなどの症状がある場合には、洗浄を行うタイミングです。

自分で洗浄しても改善されない重度のつまりは業者に依頼して取り除いてもらいましょう。

排水管の洗浄を自分でやる方法5つ

  • 大量のお湯を一気に流す
  • 重曹とクエン酸で洗う
  • パイプクリーナーを使う
  • ワイヤーブラシを使う
  • ラバーカップを使う

【1】大量のお湯を一気に流す

提供:LIMIA編集部

大量のお湯を一気に流す方法は、キッチンや洗面所の排水管洗浄におすすめです。お湯といらないタオルなどの布があればできるので、3日に1回の頻度で行ってみましょう。

必要なもの

  • いらない布
  • 厚手のゴム手袋
  • 40〜50℃程度のお湯

掃除の手順

  1. 1.排水口のパーツをすべて取り外す
  2. 2.排水管にいらない布の片側が出るようにつめる
  3. 3.40〜50℃程度のお湯をシンクに溜める
  4. 4.ゴム手袋をして布を一気に引き抜く

【2】重曹とクエン酸で洗う

提供:LIMIA編集部

重曹とクエン酸での排水管洗浄は、キッチンや洗面所、浴室、トイレなどで行えます。クエン酸の代わりにお酢を使う方法もあります。

ただし、重曹には研磨作用があり、便器の素材によっては傷つける可能性もあります。製品の取り扱い説明書などをよく確認してから行い、換気をしながら使用してください。

必要なもの

  • 重曹
  • クエン酸(またはお酢)
  • 40〜50℃程度のお湯

掃除の手順

  1. 1.重曹を排水口から振りかける
  2. 2.クエン酸またはお酢を排水口にかける
  3. 3.ぬるま湯を排水口に少し流す
  4. 4.泡立ったら30分〜1時間つけ置く
  5. 5.40〜50℃程度のお湯で洗い流す

【3】パイプクリーナーを使う

提供:LIMIA編集部

パイプユニッシュなどのパイプクリーナーは手軽に自分で排水管洗浄が行えます。パイプクリーナーはキッチンから洗面所、浴室などでも使用できます。

使用するときには、注意書きをしっかり確認し、換気を行いながら使用するようにしてください。また、他の洗剤と混ぜないように気をつけましょう。

必要なもの

  • パイプクリーナー
  • ゴム手袋

掃除の手順

  1. 1.排水口のパーツや溜まったゴミを取り除く
  2. 2.ゴム手袋をつけて排水管にパイプクリーナーを流し入れる
  3. 3.1時間程度つけ置きする
  4. 4.排水口のパーツを元に戻す
  5. 5.しばらく排水口から水を流す

【4】ワイヤーブラシを使う

洗剤を使わずに自分で排水管の洗浄を行う場合には、ワイヤーブラシがおすすめ。キッチンや洗面所、浴室の排水管洗浄にぴったりです。

ワイヤーブラシは、パイプクリーナーブラシなどとも呼ばれており、ホームセンターや通販サイトでも販売されています。naosunnyさんおすすめのロープ状のものや、折り曲げられるワイヤーにブラシがついたものなど、さまざまな形状があるため、排水管に合った種類を選ぶと◎。

必要なもの

  • ワイヤーブラシ
  • 汚れを拭き取るための布など

掃除の手順

  1. 1.排水口のパーツやゴミを取り除く
  2. 2.排水管にワイヤーブラシを入れる
  3. 3.角度がある場合には回転させながら入れる
  4. 4.ワイヤーブラシに絡まった汚れを拭き取る
  5. 5.排水管の引っかかりがなくなるまで繰り返す

【5】ラバーカップを使う

ラバーカップはトイレ以外にもキッチンや洗面所、浴室の排水管のつまりや汚れにも効果的です。

ラバーカップはホームセンターや100均でも販売されており、簡単に手に入るので、いくつか常備しておくと◎。また、効果を高めるためにも、排水口の大きさに合わせたラバーカップを使用するようにしてください。

必要なもの

  • ラバーカップ

掃除の手順

  1. 1.ラバーカップのラバー部分を覆うぐらいまで水を溜める
  2. 2.ラバーカップの柄をラバー部分に押し込む
  3. 3.すき間がないことを確認して柄を一気に引っ張る
  4. 4.排水管のつまりがなくなるまで繰り返す

排水管のつまりを自分で予防する方法

ここでは、日頃からできる排水管のつまりを予防する方法を紹介します。

キッチン

提供:LIMIA編集部

キッチンの排水管をキレイに保つためにも、油で汚れた食器類はキッチンペーパーで汚れを拭き取るようにしましょう。使った油はそのまま排水口に流すのではなく、古紙などに染み込ませてから破棄してください。

また、排水口に溜まった生ゴミは、シンクを使用後に都度取り除くように心がけると◎。

洗面所や浴室

洗面所や浴室では、どうしても髪の毛や皮脂、石鹸カスが流れて排水管に侵入してしまいます。そのため、頻繁に排水口周りをキレイにしておきましょう。

そして、排水口にはヘアキャッチャーを設置して、こまめにゴミを取り除くようにするのがおすすめです。

トイレ

トイレの場合、つまりを起こさないようにトイレットペーパーは適量使用し、ペット用のトイレ砂やおしり拭きシートなどは燃えるゴミで廃棄するようにしましょう。

また、タンク内にペットボトルを入れるなどの過度な節水は、つまりや悪臭の原因になるので控えるようにしてください。

排水管の洗浄を自分ですることに関するQ&A

Q1. 排水管がつまったり汚れたりする原因とは?

A. 油汚れや髪の毛、石けんカスなどが原因

キッチンでは、油汚れや生ゴミが排水管のドロドロ汚れになる原因です。洗面所や浴室では、髪の毛が皮脂と絡まって固まったり、石けんカスやクレンジングなどが油汚れとなり排水管に蓄積されます。トイレでは、大量にトイレットペーパーを流したり、過度な節水がつまる原因となります。

Q2. 排水管の洗浄を自分でやる方法は?

A. 専用の洗剤やワイヤーブラシなどを使用してみる

排水管洗浄を自分でやる方法として、重曹とクエン酸を使用したり、パイプクリーナーなどの洗剤を使用して洗浄するのもおすすめです。届きにくい汚れにはワイヤーブラシやラバーカップを使うのも◎。

Q3. 排水管洗浄を業者に頼むときの料金はいくら?

A. 洗浄方法や作業時間など依頼先によって料金が異なる

排水管洗浄を業者に依頼する場合、高圧洗浄の有無や配管の距離、作業時間などによって料金が変動します。高圧洗浄機を使用しないケースの価格目安は5,000〜15,000円程度です。高圧洗浄を行う場合には、1万〜3万円程度が目安となります。

排水管洗浄を自分で定期的にしてみよう!

排水管は自分でも定期的に洗浄することで、汚れが付着したりつまることを防いでくれるので、掃除をしてみましょう。

排水管がつまってからだと、日常生活に支障をきたす可能性もあるので、早めに対策するのがおすすめです!

排水管洗浄に関する記事をチェック

※画像は全てイメージです。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。

  • 1282
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア