白いゴキブリは脱皮後の姿!駆除方法を紹介【写真なし】

「さっき白いゴキブリをみかけたような気がする……」という方は必見! 白いゴキブリは一見すると神聖な姿であるため、幸運を呼ぶのではないかと思うかもしれませんが、実はすぐに退治する必要があるんです。白いゴキブリを見た場合の最善の対処法を紹介していくので要チェックです。※ 写真は出てきません

  • 805
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

白いゴキブリの正体は脱皮直後の姿!

白いゴキブリを見つけた際の駆除3ポイント

体が白いゴキブリの正体は、脱皮した直後のゴキブリ

時間経過とともに色が濃くなっていき、翌日には通常の色に戻ります。

じつは、ゴキブリは成虫になるまでに何回も脱皮するという特性を持っており、チャバネゴキブリは6回程度、クロゴキブリは10回程度の脱皮を繰り返しながら成虫になっていきます。

稀少な姿であるため「縁起がいい」という都市伝説があるほどですが、実際は成長途中のゴキブリなので、繁殖を防ぐためにもその場で駆除するのがベストです。

  • 巣を探して、一気に駆除する
  • どこに巣があるかわからない場合は毒餌や燻煙剤を活用する
  • 何度駆除しても現れる場合は業者に相談する

巣を探して、一気に駆除する

白いゴキブリを家の中でみかけた場合、すぐ近くで脱皮をした可能性があります。とくに、ほかにも何匹かゴキブリを見たことがある場合は室内に巣がある可能性が高いです。

脱皮した殻はゴキブリ自身が食べてしまうので、巣を探すときは卵や糞を探してみてください。シンクや洗面台の下の棚や、冷蔵庫やテレビなどの電化製品の裏、普段掃除が行き届かない家具の隙間などを確認してみましょう。

卵には殺虫剤が効かないため、見つけたらビニール袋の中で一度割り、そのまま袋を密封して処分してください。掃除が済んだら、忌避(きひ)剤や毒餌を使ってゴキブリが再び寄り付かないようにしましょう。

また、溜まっているダンボールがあるとゴキブリが生息・繁殖しやすくなるため、余分なものはできるだけ処分するのもおすすめです。

どこに巣があるかわからない場合は毒餌や燻煙剤を活用する

巣を探すのが面倒な場合や、探してもどこにあるかわからないという場合は、白いゴキブリをみかけた場所の周辺に毒餌を撒くのがおすすめです。

また、多数の箇所でみかけるという場合は、燻煙(くんえん)剤を使って駆除しましょう。一部屋だけで使ってもゴキブリが隣の部屋に移動するだけなので、使うときは家の中のすべての部屋で使うのが効果的です。

何度駆除しても現れる場合は業者に依頼する

すでにゴキブリの対策を打っているのに、またゴキブリが出てきてしまうという場合は、天井裏や壁の中の隙間などの探しにくい場所に巣がある可能性があります。

その場合、自分の力で駆除するのは難しいため、害虫駆除業者に依頼するのがおすすめです。

白いゴキブリに関するQ&A

Q1. 白いゴキブリの正体は何?

A. 脱皮した直後のゴキブリです。

ゴキブリは成虫になるまでに5~10回の脱皮を繰り返し、そのたびに数時間だけ全身が真っ白な姿になります。変異種などではない、まだ幼いゴキブリということになります。

Q2. 白いゴキブリは幸運を運ぶって本当?見かけたら駆除するべき?

A. 成虫になる前のゴキブリなので、みかけたら駆除するのがベストです。

白いゴキブリを放置すると、そのまま成虫となって家に住み着いてしまう可能性があるため、みかけたらその場で駆除するようにしましょう。また、脱皮して間もない姿を目撃しているということは、すぐ近くに巣がある可能性が高いため、巣を探してすぐに駆除するのがおすすめです。

ゴキブリ対策の関連記事はこちら

  • 805
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア