捨てるのはあとで良し!家庭の書類を簡単に片づける為の5ステップ

 書類整理が難しいと思われがちなのは
いるかいらないか?を選別するのに時間を要する事。
また、いらないけど本当に捨ててしまっても大丈夫?と不安になって
整理が進まないという方も多いと思います。

でも、書類は待ってはくれずにドンドン溜まってしまい、
書類整理のハードルは高くなるばかり。
だから、まずは「分ける」を優先させた
家庭書類を簡単に片づける為の5ステップをご紹介します。

■ステップ1.家中の書類を全て一ヶ所に集める

ameblo.jp/

 まず最初にやるべき事は、家中の書類を一ヶ所に集めること。
カウンターの上にある請求書やレシートからプリントしたレシピ、
家中に散らばっている取り扱い説明書、
ダイニングテーブルに置いているチラシやDM、学校プリントなど
とにかく全ての書類を作業しやすい広いスペースに集めましょう。

■ステップ2.「いる・いらない」は後回し!「分ける」が先!

ameblo.jp/

 最初は紙袋や箱で構いませんので、沢山用意します。
一瞬で要らないと判断できる書類以外は、
そのまま残して、ひたすら種類別、人別で紙袋へ分けていきましょう。

人別であれば、パパ、ママ、子ども1、子ども2…という具合に
紙袋に付箋でメモをつけて、どんどん仕分けていきます。

種類別の場合は、仕事、学校、取扱説明書、不動産関係、銀行やお金関係、
ネット関連の契約書…という具合です。

手にした書類の種類によって当てはまらないのが出て来たら
都度、紙袋を追加して作業を繰り返して行きます。

日常、良く入ってきて溜まりがちな書類から仕分けていくと
翌日から書類の行き場が出来るのでグンとラクになります。

■ステップ3.仮の収納グッズを準備して先にシステムを作る

ameblo.jp/

 この段階でまずは分類された個数分、収納グッズを使って収納します。

書類の管理が苦手な人にオススメなのは
幅が10cm程度の縦型のファイルボックスです。

 仕分けられた紙袋の数だけ用意して、
どこか棚の上やデスクの上などにズラッと並べてしまうのです。
家に入って来た書類の行き先が決まっていれば
そこにポイポイ入れていくだけになり、
書類全体を把握できて探す時間が短縮できるようになります。

■ステップ4.受信箱とゴミ箱、シュレッダーを一緒に設置

 受信フォルダやゴミ箱などがあるメールシステムを
アナログと仮定すると分かりやすくなります。

とりあえず、入って来た書類は受信箱へ入れるシステムにしておき、
ゴミ箱やシュレッダーを近くに配置しておけば
不要な書類はその場ですぐ破棄することが出来、
無駄に溜め込んでしまう事もなくなります。

■ステップ5.最後に書類の軽減&収納

ameblo.jp/

 先にシステムを作っておけば、日々の書類の行き場は確保出来ていますから
必要以上に散らかったり探したりすることがなくなっているはずです。

 この段階になれば、ようやく書類を整理していく作業に余裕が持てます。
仕分けた一つずつの山を再び見返して、
処分出来る書類を間引いて減らす作業を繰り返します。

少ないものは同じボックスで仕切りを作ってまとめてもOK。
ある程度完成に近づいたら、正式な収納用品に変更するといいですね。

全部一気にやろうとすると大変ですが、
仕分けた後なら一日一種類ずつ、と
短時間で作業を進めていくことが出来ます。

まとめ

「いる・いらない」で分ける事は必ず必要ですが、
そこからスタートすると時間がかかっていつまでも片づきません。

書類は勝手に入って来る事が多いので、
最初に必要なボックスだけを作って、
各書類の行き場を分かりやすくシステム化しておくことで
散らかりにくくなります。

だから、捨てるのはあとで良し!という事なんですね。

ザックリで良いので仕分けが完了してから、
一種類ずつ「いる・いらない」で整理していくと
日々の書類に追われずに片づけて行く事が出来ます。
ぜひやってみてくださいね。

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー