タオルは収納方法よりも先に2つのルールを決めれば時短に繋がる!

「洗面所のタオル収納に限界を感じており、使いにくいので仕事復帰までに何とかしたいです」とご相談がありました。仕事復帰までに家を快適に、家事を時短したいママへアドバイスさせて頂いた内容をシェアしたいと思います。

  • 11893
  • 33
  • いいね
  • クリップ

使う人の身長に合わせた配置にする

床から天井まで縦長の細い収納棚に家族全員のバスタオルやフェイスタオルがズラリ。特に目一杯詰まっている訳でも、適当に突っ込まれている訳でもなく、収納方法にも問題はなし。

しいていえば、高い所に子どものタオルが、低い位置に大人のタオルがあるので、まずは配置の変更をアドバイス。ご家族の身長に合わせた配置にすることで子どもも自分で取り出すことが可能となり、ママの負担も軽減されますね。

家族全員が分かるようにする

だけど、これだけでは解決しないであろう原因がありました。

家族別にタオルが分かれているけど、色が統一されておらず、それぞれカラフルなタオル達。色も形もバラバラだと取り込んで分類して畳んで片付ける時、これはママにしか分別が分からないのではないだろうか?という疑問が発生。

我が家では、家族別に分けてなくてバスタオルはベージュ、フェイスタオルは茶色、と色だけ分けて統一しています。

ちなみに雑巾は黄色(吸収力抜群のお気に入りなので色が選べず…)、キッチンタオルは素材の異なるストライプ、トイレタオルはペーパータオルで使い捨て、だから間違えようがない。

パッと見て分かるようにしているので家族全員が判別して片付ける事が出来ます。

何枚あれば足りる?を検証する

決して多くはない量でしたがドラム式の乾燥洗濯機の乾燥も使ってらっしゃる話があったので使用する枚数を確認したところ

「そうです!毎日乾燥機にかけて、乾いたタオルをタオルバーに掛けて使っているので、よく考えたら1枚だけで回している状態です!減らしてみます!」

との事。

そう、我が家も同じなんです。乾燥機を使っていると1枚で充分回せるので家族人数分あれば正直ギリギリ足りるのです。笑

多過ぎる事はないし、無理に減らす必要はないのですが、このお宅の場合は棚に重ねて置いてらっしゃる方法なので重ねるタオルは少ない方が使い勝手は絶対にいいはずです。

まとめ:色と量のルールを決める

まずはタオルの回転数をチェックして余分なタオルが使う場所に収まっていないかをチェックしてみましょう。必要最低数のみ収納して、その他はストックとして使いにくい場所へ移動させてもOK。

そして家族別や用途別で分けるなら、買い直す必要はありますが個別でカラーを分けて統一させるだけでも、随分と時短に繋がります。とにかく洗濯後の片づけが本当にラクになります!

少し勿体無い方法ではあるけれど、時には分かりやすさを重視して書い直した方が良い結果に繋がる事もあります。一部分からでもいいので「あ、うちも分かりにくいかも」と思われたら試してみてくださいね。

  • 11893
  • 33
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築インテリア学科卒業。建築パース専門会社に2年間従事し、DTPデザイナーとして活動。DTPでもパース作成など建築にも携わるうち、「住まい・家族・暮らし」に関わ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード