分厚い専用ファイルはこれで卒業!取扱説明書はファイルとふせんでお手軽管理♪

近年、取扱説明書専用ファイルが大ヒットし、大橋が伺うお宅でかなりの高確率でお目にかかります。
こういう文房具を見ると「これがあれば片付くんじゃない?!」と思いますよね。
最初はキレイに収納できて「完璧!」だったのに、気づけばファイルはパンパンに…
しかもそこそこいいお値段の専用ファイル、なかなか手放せず、そのまま使い続けている方も多いのでは?
今回は、そんな方のために100均アイテムでできるお手軽取説保管方法をお伝えします!

  • 97576
  • 1185
  • 0
  • クリップ

取扱説明書専用ファイル、便利だけれど意外な落とし穴も!?

取扱説明書専用ファイル、とても便利ですよね。大体の方はキレイにファイリングされています。

片手では持てないぞ!という太りぎみなファイルの方も多くいらっしゃいますが、そのものが目立つので行方不明になることは無いです。

でも意外な落とし穴も…

△空きスペースが無いと他の袋の中に重ねたり、中袋に入れずファイルに挟むだけになり、結局、持ち上げたときに滑り落ち、あれ?どこだ?ということに。

△延長保証の書類はもれなく永遠に保管されていたり。

△ファイルが不要になったときに捨てられない(立派だし〜それなりに高かったし〜いつか使うかもだし〜で捨てられない。。

場所はめっちゃ取るのに!)

最初はビシっとキレイに収納できて大満足。「これでもう取扱説明書問題は解決だ」とホッとしていたのも束の間、次から次にやってくる取説に、収納が追いつかず気づけばパンパンに…

「よし、取説を整理しよう!」そう思った時、あなたはまず何を考えますか?

ファイルにキレイに収納しようとか、種類別に並べてみようとか、外観に意識が向いていませんか?


『整理とは、自分が使いたい時に使える状態で出てくる仕組み』

こういう発想でやってみると、様々な工夫が出てきます。


例えば・・・
・延長保証期限がすぐにわかるようにマジックで書いたり
・CDのような小さい保証書はそのまま入れずにクリアファイルに挟んだり
・シリアル番号はパッケージに書いてみたり

どうやって収納しようか?ではなくて、どうやったら使いたい時に使える状態でさっと出てくるか?

我が家では、
・100円ショップのファイルボックスとクリアファイル
・フィルム付箋

を活用しています。
容量に合わせて変動しやすいのがメリットです。

大橋が取説収納に求めるのは?

●必要なときにパッと出せる

●古い取説が溜まらずに処分出来る
●保証期限がわかりやすい


●容量によって変えやすい

こんなところでしょうか。

では早速、Let's 取説・デトックス!

▶STEP 1 - - - 『出す』
取扱説明書を全部出しましょう!

 
▶STEP 2 - - - 『分ける』
種類ごとに分けましょう!

 
▶STEP 3 - - - 『収める』
1)クリアファイルに入れて、フィルム付箋に自分がわかりやすい名前を書きましょう。

2)ファイルボックスに投入!!!

★ここでプチテク★ - - - - - - - - - - - - - -

1) 小さかったり、薄かったりする冊子は「キッチン家電」「家具」など売り場イメージでカテゴリー分けしましょう。

2) 取扱説明書は使っている場所の近くにあるといいことも!
例えば、キッチン家電はキッチン家電で分けておき、キッチンのどこかに忍ばせておくとエラーが起きたりお手入れしたりする時にすぐに見れるので便利です。
故障時も慌てないし、お手入れ回数も増えます。
スペースに余裕があったらオススメです!
 
3) 購入した時にレシートや表紙に保証期限、有効期限を書きましょう!捨てどきを逃しにくくなります。

以上です!いかがですか?

取扱説明書が管理できるととってもすっきりしますよね〜。有効期限がわかると、「これなんだっけ?」と不要な書類とにらめっこすることもなく、サッと廃棄することができますね。

しかし、家電の取説の多さには驚愕ですが^^;


★Today’s Keyword★ - - - - - -

『整理とは、自分が使いたい時に使える状態で出てくる仕組み』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

是非トライしてみてくださいね!

“お部屋を変え、意識を変え、習慣を変えて、人生のステージをあげる”そんなお手伝いをしています。

  • 97576
  • 1185
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー