【簡単DYI&リメイク】テレビ台をおしゃれに!アイデア事例大公開

テレビ台、思い通りのサイズがなければDIY&リメイクしましょう! 初心者でもできる簡単なアイデアをまとめてみました。「既製品を使っていたけどインテリアに合わなくなった」という場合もちょっとしたリメイクで、ステキなテレビ台に♪ 買う前、捨てる前にぜひ参考にしてみてくださいね!

  • 98031
  • 455
  • 0
  • いいね
  • クリップ

簡単!足場板で男前なテレビ台をDIY

まずはmaca homeさんによる
足場板、角材、合板だけで作製できるテレビ台をご紹介します。

最初に材料の下準備から。

テレビ台の脚をカットしていきます。
これには45mmの角材を使用しています。

次に足場板です。
ホームセンターや通販などで気軽に購入が可能です。

カットはホームセンターでやってもらい、丁寧にやすりがけをしていきます。

左がサンダー後で、右がサンダー前です。差が一目瞭然ですね。

材料の下準備が終わったので脚を組み立てていきます。

写真のように太めのドリルで斜めに掘ることによってビスを打った時にビスの頭が穴に隠れるので、見栄えがキレイになります。

斜めに開けた穴に、斜めにビスを打ちます。

それを3つ作製したら塗装していきます。

斜めに開けた穴に、斜めにビスを打ちます。

今回maca homeさんが使用したのはガードラックアクアという塗料です。
これは室内でも使用可能なんだそう!

テレビ台の脚の部分の組み立てをしていきます。

まずは脚に、棚板をビスで打っていきます。

写真のように下段、中段、足場板の天板の順で固定していきます。

仕上げにT字金具などで下から固定したら完成です!

maca homeさんはスピーカーなども入れてお洒落なテレビ台にされていますね。

作製はとても簡単とのことなので皆さんも是非お試しくださいね!

▼maca homeさんのアイデアはこちら▼

材料費3500円!格安でテレビ台DIY

次に、樽のようなヴィンテージ感溢れるテレビ台のDIYを紹介します。

次にMayu Inoueさんによる樽のようなヴィンテージ感溢れるテレビ台のDIYを紹介します。

ますは必要となる材料から。

●1×4材 [6ft×7枚=約1500円]
・270mm × 28枚

●1×2材(1×4を縦45mm幅にカットして使用)
・1080mm × 4枚

●杉角材 [2000mm×8本=約900円]
・1140mm × 4本
・400mm × 4本
・350mm × 5本
・330mm × 2本
・270mm × 4本
・250mm × 2本
・180mm × 4本

・キャスター × 4個[200円]
・100均の焼き網( 300×400) × 4枚[400円]
・ネジ 55mm 多数
・ネジ 30mm 多数 (キャスター、焼き網取付用)


総額は約3500円です。とても経済的ですね!

1×4材は茶色に、杉材は黒く塗装します。

次に、枠となる部分を作製していきます。

次に、枠部分を作製していきます。

1140mmの杉と1080mmの1×2材を組み合わせて、両サイドを30センチあけてネジでとめていきます。
これを4セット作製します。

それらを270mmの杉と合わせて枠にして、これを2セット作製します。

次に組み立てをしていきます。

350mmの杉を柱としてそれぞれの角に取り付け、裏にはキャスターも取り付けます。
そして1階部分と2階部分に1×4材をはめ込みます。

また、テレビ台の3階と屋上の床の部分を作ります。

3階部分は180mmと250mmの杉材、屋上部分は180mmと330mmの杉材を使います。(いずれも2枚ずつ)

柱部分は400mmの杉材です。

3階部分は180mmと250mmの杉材、屋上部分は180mmと330mmの杉材を使います。(いずれも2枚ずつ)

柱部分は400mmの杉材です。

完成したら先ほど作製した本体部分と合体させましょう。

Mayu Inoueさんはこのようにネジをさすことによって接合部分を安定させています。

あとは写真のように側面に焼き網をはめれば完成です!

Mayu Inoueさんは焼き網やネジ皿をムラを出しながら黒く塗ってヴィンテージ感を演出したそうです。

皆さんも是非参考にしてみてくださいね!

▼Mayu Inoueさんのアイデアはこちら▼

レンガとすのこでテレビ台を簡単DIY

次に、yamada.Tさんによる
既製品の味気ないテレビ台をおしゃれなテレビ台にリメイクするアイデアをご紹介します。

最初はこのように周りに何もなく、無機質な壁に囲まれて窮屈な印象です。

テレビ台自体はニトリで購入されたそうです。

材料ですが、すのこ・レンガ風発泡スチロールだけ!
ホームセンターなどで安価で手に入るのが嬉しいですね♪

まずはHDDレコーダーをテレビ台の真ん中に置き、発泡スチロールを横に置きます。

この時少し発泡スチロールを前に出してHDDレコーダーが中に入るようにすることで、見栄えが良くなります。大体1.5cmくらいがベストとのこと。

あとはすのこを発泡スチロールの上に置いて、その上にテレビを置くだけで完成です。

とても簡単ですね!この発泡スチロールは表面が滑りにくいのでズレが少ないのが美点だそうです。

さらにお好みで関節照明などを追加してもおしゃれ!

既製品のテレビ台でもすのこや異素材を使い、温もりある家具に変化させることができます。

▼yamada.Tさんのアイデアはこちら▼

テレビ上の空間を有効活用!ディスプレイスペースをDIY

次に、こもけんさんによるテレビの上の空いた空間に小物をディスプレイできる棚のDIYをご紹介します。

まず、脚を作製します。
(下の写真は右側が脚部分となるように倒しています。)

次にテレビが納まるように棚部分を作製します。これはご自宅のテレビのサイズに合わせましょう。

使用している材料は1×4材ですが、こもけんさんは斜めにも筋交いを入れて補強するという工夫をされています。

作製した板壁を塗装し、棚の上部に裏から取り付けましょう。

塗装はブライワックス(ジャコビアン)で使用しており、杉板のプレーナー材にはワトコオイルとペンキを用いています。ちなみに、カラー板との境は別の木を使っているわけではなく、彫刻刀で溝を掘ることによって別の木に見せかけているそうです。

裏側の見えない部分は端材等で耐久力を上げています。

最後にステンシルを入れて完成です!

こもけんさんはティッシュや小物を置いていますが、写真立てなどを飾ってもいいかもしれませんね。

皆さんもぜひお試しください。

▼こもけんさんのアイデアはこちら▼

【リメイク】捨てるのは待って!かっこいいテレビ台にDIYで大変身

次に、Peanut Villageさんによる、テレビ台をリメイクしてまるで新しいテレビボードに変身させる方法をご紹介します。

インテリアのテイストが変わったけど新しく買うのは...といった方には特におすすめです。

今回Peanut Villageさんが元にしたのは上の写真のようなテレビ台です。

まずはやすりがけを行います。

これを怠ると塗装する際にすでにある塗料に弾かれてしまうのでしっかりやった方がいいとのことです。

上がやすりがけ後で、下がやすりがけ前の写真です。

差は一目瞭然ですね。

次に塗装をしていきます。

ここでのポイントはローラーで塗装することによってできる凹凸です。さらに鉄のような仕上がりにしたいので塗料に砂などを入れると、ザラザラして鉄っぽくなりました。

お好みで色を変えてみるのもいいでしょう。

今回はこれを赤茶っぽくします。

かすがい、プレートもやすりがけしてから塗装します。

次にやすりがけした扉用の杉板を面取りしてから、ベニアに木工ボンドで圧着します。

それをワトコオイルで塗装していきます。

次にこれらのプレートを固定します。

先ほど塗装した鋲を打ち込んで、かすがいも取り付けると扉部分の完成です。

扉を、下穴不要なスライド式の蝶番をインセットで取り付けます。

これにマグネットキャッチャーも加えます。

この上に天板をL字の金具で取り付けると、ついに完成です!

少しの工夫で普通だったテレビ台がとてもおしゃれに生まれ変わりましたね!
Peanut VillageさんはDVDやゲーム機等を収納されているそうです。

みなさんもご家庭の家具をリメイクさせてみてください。

▼Peanut Villageさんのアイデアはこちら▼

【リメイク】シンプルなテレビ台に引き出しをプラスするDIYアイデア

続いてもう一件、あーつんさんによるテレビ台をリメイクして生まれ変わらせたアイデアをご紹介します。

写真のように以前は味気ないテレビ台でしたが、あーつんさんは収納スペースに一工夫加えてとてもおしゃれに変えています♪。

まずは天板を作製です。
4本の板をヤスリでしっかり磨き、ワトコオイルのダークウォルナットを塗装して連結します。

連結には写真のような金具を用いますが、プライマーを吹きかけてからアクリル絵の具で少し赤茶を加えることによってアイアン風を演出します。

次に四角い枠を作ってから片面にも板を取り付け、箱を作製します。

完成したらテレビ台に入るか確認してみましょう。

箱の前面部分を作製し、装飾等したらビスで留めていきます。

最後に中央部です。

ここは金網にします。金網外枠の針金は切り落とし、アクリル絵の具であらかじめ塗装しておくと良いでしょう。

まずは今まで通りに枠を作ってからタッカーで仮留めします。

次に木工ボンドと切り取った金網を置いてから、木材で挟んでビスで留めます。

反対に回してから今までと同じようにL字金具とかすがいをつけて完成です。

とてもおしゃれになりましたね!

今回あーつんさんは側面部分に関しては特にいじってないので、挑戦したい方は側面部までこだわってみてもいいかもしれません。

▼あーつんさんのアイデアはこちら▼

まとめ

いかがでしたか?
今回は、テレビ台のDIY、リメイク、有効活用法などを紹介しました。

この記事を見て興味を持った方は、DIYしたテレビ台であなたの家のテレビ周辺に彩りを持たせてみてはどうでしょうか?


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 98031
  • 455
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYを愛する方に参考になるDIY実践記事を中心にご紹介致します!工具や素材などDIYにまつわるものをリミア視点でお届けいたします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード