フローリングワイパーをおしゃれにリメイク!スマート収納でお掃除も楽しく♡

エコ掃除に欠かせないフローリングワイパー。
そのまま出しっぱなしだと、生活感が出て長い棒が倒れてくるとじゃまになりますね。
出しっぱなしでもおしゃれで、じゃまにならないスマート収納にしてみました。

  • 21367
  • 165
  • 0
  • いいね
  • クリップ

フローリングワイパーをリメイクする

普段は掃除機を使って掃除していますが、
手軽に床掃除をしたい時はフローリングワイパーを使っています。

電気代の節約にもなり、静かなので夜中でも使える便利グッズです。

フローリングワイパーと言えばプラスチックのイメージでしたが
最近はおしゃれな木製もあるんですよ。

ちょっとお高いのですが、見た目重視の私としては気になる存在。


なんちゃって木製、作ってみようかな?


失敗しても大丈夫!
100均なら、そんなチャレンジも可能です。


今回購入したタイプは300円のモノですが、伸長式で使い勝手抜群の商品です。

いよいよこれをリメイクしていきますよ!

リメイクシートでプラから木に変身

変身させるのにこちらを使っていきます。

見た目、本物の木材と間違えるほどのプリント力です。
高級感あるシートですよ。
でも100円です。

これをプラスチックの本体に張り付けていきます。

折り目があるので、そこを避けて貼っていくとキレイな仕上がりになります。

中央に穴を開けます。

この穴から棒を通して下ろし、あとは貼っていくだけです。

最初にサイズを計ってカットしてしまうより
本体に合わせて添わせながら貼り付けていく方が簡単です。

1枚の木を装飾したようでしょう?

ジョイント部分は、リメイクシートの残りを貼り付けて目隠しします。





お掃除シートを挟む箇所に、切込みを入れて。

問題なく挟めます。




最後に棒の部分にもリメイクシートを貼って。

なんちゃって木製フローリングワイパーの完成です。

次は収納部分に着手

今回は、出しっぱなしでもおしゃれにしたいので、
収納にもこだわります。

生活感が出なくて、棒がじゃまにならない収納にしますよ。



こちらの商品で作っていきます。

最近のダイソーさんは可愛い雑貨が多いですね。

DIYしなくてもいいのでそのまま使います。





ケース部分にシートを貼り、スティックをボンドで固定します。

このスティックの部分は、壁付けした際
ワイパーの底をホールドしてくれて壁を汚さない仕組みになっています。

このままだと棒が倒れてしまうので、もう一工夫。

強力磁石を使って固定します。


ここが今回のスペシャルポイントです。

ピタッとくっついてますよ~

しっかりホールドしてくれて、
尚且つ離れる時もスムーズなんです!

そして、スマート収納の完成です!

これらのパーツを壁に貼っていきます。

そして、出来上がり!

壁付けなので場所も取らず、棒も倒れてこないのでじゃまになりません。

ワイパーが無い時も、収納部分はカントリー調の雑貨として違和感なしです。




いかがでしたか?

本物なら6,000円以上はする木製のワイパー。
ダイソーなら1/20のお値段で出来上がりました^^

古くなったワイパーも、こうしてシートを貼ると
また蘇りますよ。


また、収納にも一工夫するとお掃除がラクで楽しくなりますね!


お試しください^^

  • 21367
  • 165
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

北海道札幌市でライフオーガナイザーとして活動しています。モノの片づけを通して生き方の整理整頓をお伝えしています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード