野地板をフル活用!木枠を作って壁面収納&壁面ディスプレイ♪

安価な野地板をフル活用してアトリエの壁面に棚やディスプレイ用のスペースを作りました。

  • 52897
  • 219
  • 1
  • いいね
  • クリップ

梁代わりの野地板を利用して棚を作る。

壁面に杉板を固定した経緯はこちらをどうぞ↓

棚になる板を準備!

野地板のカット、やすり掛け、ワックス塗装、L字金具を取り付け。
棚の数だけこの作業を繰り返すのみ!

平衡に棚を設置するコツ♪

同じ感覚で棚を設置したいならサシなどで測るもよしですが、木材をこのようにかませて、さらに水平器を併用すれば均等感覚で曲がらず固定することができますよ♪

板は野地板を使用しましたができれば2×4材くらいのしっかりとした幅のものを使用すれば安定して測れます♪

設置完了~~♪

雑貨をディスプレイするための木枠を作る。

今回は2つ作りたいので、長い板を4枚、短い板も4枚準備します。

下穴をあけます。
ドリルで穴をあけるときは下にいらない板を置いて開けると裏側にバリが出ず、きれいに開きますよ!

ビスで4か所、2本ずつビスで固定。
長い板は天井との境目に設置します。

ワックス塗装した木枠に三角金具を付けて細いビスで壁に固定しました。

あっという間に完成♪ディスプレイしよう~

お好みの雑貨を飾るだけ♪
壁面がにぎやかになりました~!

右側の壁と天井の境目に設置した板にはフックなどもつけられます♪

しかーーし
フックはちょっとしっくりこなかったのでまたまた木枠を作りました~
今回は底板を付けた木枠です。
底になる部分にマスキングテープのタイル柄を貼りました。

下処理さえ頑張ればコストパフォーマンスのよい野地板をフルに利用♪

野地板は乾燥させる必要があるし、やすり掛けも相当な根気が必要ですが
処理済みの木材をふんだんに使うよりも手軽にお部屋改造ができます。

小物作りをするにも慣れれば扱いやすい木材です。

たくさんの野地板のおかげで収納力抜群の壁面が出来上がり大満足です♪

  • 52897
  • 219
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード