【DIY】なんちゃって梁でコートハンガー

リビングにコートハンガーを作りました。突っ張り棒を木のボックスで隠したなんちゃって梁で、コートがない季節も活躍しそうです♬

  • 134699
  • 1543
  • 4
  • クリップ

1階にコートをかけられるスペースがなくて
でも毎回2階に片付けに行くのもめんどくさくて
(なんせ築30年、廊下がさっっむいんです。゚(。pдq。)゚。)
リビングにあるコの字のくぼみにコートハンガーを作りました。

ぱっと見、梁にハンガーバーを付けた様に見えますが(見えますか⁇)
この梁、実は突っ張り棒を木箱で囲んでいるだけなんです♬

こだわりポイント

ちょっとしたことですが、なるべく元から付いてた梁に見えるように
前面にはネジや金具が出ないように工夫しました!

それを踏まえて作り方を説明します。

準備するもの

まず、コートをかけられる強度のある突っ張り棒を用意します。

65キロまで耐えられて980円!
ホームセンターで買いました。

そしてこの突っ張り棒を囲むための木材

軽くて色味も好きな野地板を使いました。
野地板は売ってるときはガッサガサですが、やすりをかけるとツルツルになります!
紙ヤスリの80番→160番で仕上げました。

あとはネジとL字金具
セリアのハンガーバー
です。

木箱の作り方

まず、正面に見える板(前板)に上板と底板を付けてコの字に組みます。

コの字の内側からL字金具で止めることで、表面にはネジが出ません。

コの字の中が狭くて普通のドライバーが入らないので、一手間ですがこんな手順でやりました。

上板と前板をL字金具で止める ※普通のドライバー使用

上板側だけ一旦ネジを外す

底板と前板をL字金具で止める ※普通のドライバー使用

上板をもう一度前板に付ける。
このとき電動ドライバーに付ける先端のパーツを使います!
短いので狭いところでも入るんです♬

この小さいパーツを回すのは多少力がいりましたが
一旦しっかりねじ止めした穴を使うので難しくなかったです!


これに背板を裏からねじ止めします。
※ここは釘じゃなくてネジを使うのがポイントです!

さらに底板にハンガーバーを付けて木箱の完成です。

突っ張り棒を隠す

できた木箱で突っ張り棒を覆うために、一旦背板を外します。

背板を外したら、突っ張り棒の正面からパカっとはめます。

裏から見ると突っ張り棒丸見えの びんぼっちゃまスタイルです。
(これ伝わる人何人いるかな(;゚;ж;゚; )ブッ)

横幅もギチギチなので、このままでもかなり安定していますが
これではあんまりなので(笑)、外した背板を元に戻します。

狭くて高い場所での作業ですが、
これも一旦しっかりねじ止めした穴を使うので、難しくないです!

これで完成です♬

Before → After

何もなかったくぼみに

梁ができました〜☆・゚
漆喰壁に野地板の風合いがぴったりで
元から付いてたかのように馴染んでいます。

突っ張り棒丸見えだとイマイチ う〜ん だったのが

梁のおかげでショップ風に大変身^ ^

コートをかけない季節はグリーンや雑貨をぶらぶらさせるのも楽しみです♬

木箱の背板を外せば原状回復OK!
壁はまったく傷付けないので賃貸でも大丈夫です♬

ハンガーバーはいらないけど 梁を付けてみたいという方もぜひぜひお試しください^ ^

  • 134699
  • 1543
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード