100均のフォトフレームでお手軽ニッチをDIY!

100均のフォトフレームで作った立体額を壁に埋め込んでニッチを作りました。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 72956
  • 174
  • 6
  • いいね
  • クリップ

立体額を作る

norie

ダイソーのフォトフレームで奥行きのある立体額を作ります。

norie

スタンドを外します。

norie

スタンドを外した所に板をはめ込んで奥行きを出します。

使うのはセリアの2枚セットの木製角材。

norie

裏側のへこんでいる所に板をあてて鉛筆で印をつけます。

norie

印をつけた所をのこぎりでカットします。

norie

裏側のへこんでいるところに木工ボンドを塗ります。

norie

カットした板をはめ込みます。

norie

はめこんだ板と板の間のサイズに合わせて板をカットします。

norie

木工用ボンドを塗ってはめ込みます。

norie

これで奥行き部分ができました。

norie

背面をつけるため木工用ボンドを塗ります。

norie

最初に外したスタンド部分を貼り合わせます。

norie

これで立体的な額が出来上がりました。

ここまでの作業時間10分弱です。

塗装

norie

フレームにあわせて白く塗装します。
手持ちの水性ペンキを使いました。

norie

1回塗りだとムラがあるので、ペンキが乾いてからもう一度塗り重ねました。
2回塗ったらムラがなくなりました。

norie

これで立体額完成!

スタンドは必要ないのですが、外しにくい構造なのでそのままにしてあります。
スタンドがついていても問題ありません。


壁に穴を開ける

norie

この壁にニッチを取り付けます。
壁紙に自分で漆喰を塗った壁です。

norie

ニッチは柱のない所に取り付けます。

まずは壁裏センサーで柱の位置を確認します。
壁裏センサーは簡単に柱の位置が分かるのであれば便利ですが、なくても大丈夫です。
ない場合は壁を叩いて、コツコツと余韻がない硬い音がする所に柱があります。

norie

立体額の裏側の飛び出ている所が壁に埋まる形になるので、壁に穴を開けるのは立体額の飛び出ている部分のサイズになります。

柱がある場所を避けてニッチを作りたい位置に鉛筆で印をつけます。

norie

印をつけた所にカッターで切り込みをいれます。

norie

石膏ボード用のこぎり(ボードのこ)で壁の石膏ボードをくり抜きます。
ボードのこはホームセンターで600円くらいで購入したものです。

壁に穴を開けるのは難しそうに思うかもしれませんが、石膏ボードは木よりも柔らかいので意外と切りやすいです。

必要なのは壁に穴を開ける勇気です!

norie

角の少し内側にボードのこの刃をあてて、グリグリと左右にねじりながら押し込んでいくと石膏ボードに穴が開きます。

norie

前後に動かして切っていきます。
押すときに力を入れると切りやすいです。

norie

縦2本切り終わった所です。

norie

一気に四角く切れると良いのですがボードのこの方向転換が必要なので、グリグリ押して穴を開けた所に横向きにボードのこを入れて横方向を切ります。

norie

壁のくり抜きが終わりました。

norie

切り口は立体額を入れたら見えなくなるのでガタガタしていても問題ありません。

立体額取り付け

norie

フレームの裏側に木工用ボンドを塗ります。

norie

壁をくり抜いた所に立体額をはめ込みます。

norie

ニッチの完成です!

norie

イカリのオブジェを飾ってみました。

2個目のニッチ

norie

同じニッチをもう1個作ります。

norie

1個目と同じように立体額を作り、壁に穴を開けて立体額をはめ込んで2個目のニッチを作りました。

cのりえ

殺風景だった壁にアクセントがついて良い雰囲気になりました。

ディスプレイ

norie

小さな雑貨をちょこっと飾れるサイズなので、気軽にディスプレイを楽しめます。

norie

ミニチュアギターを飾ってみました。

norie

いろいろ飾ってみたのですが、せっかくなら季節を感じる物を飾りたいと思います。

バレンタインデーが近いので手作りのぬいぐるみにチョコレートのスイーツデコを持たせて飾ってみました。

norie

隣のニッチにもチョコレートのスイーツデコを持ったテディベアを飾りました。

norie

バレンタインデーまではこれを飾ろうと思います♪

立体額は100均のフレームと木製角材だけで作れます。

大きなニッチを作る時は、柱にがっちりビスで固定しますが、このニッチは小さくて軽いので壁をくり抜いた所に立体額をはめ込んだだけの簡単な作りです。

さほど時間もかからずに出来るのですが、壁に穴を開けなければならないのでちょっとハードルが高く感じるかもしれません。

実は私も最初のニッチを作った時は壁に穴を開けるのに随分迷いまして、失敗しても良いように物置の壁でニッチを作る練習をしました。作ってみたら思っていたよりもうんと簡単だったので、それで安心してようやく本番のニッチに取り掛かりました。

ニッチがあると空間に広がりが出来ますし、ディスプレイする楽しみもあります。

このニッチは切り口が多少ガタガタしてもフレームで見えなくなるので、はじめてニッチを作るにはオススメの形です。ぜひ挑戦してみてくださいね。


* 壁に穴を開ける時は、外に面している壁ではなく(断熱材などが入っているから)部屋と部屋を仕切っている壁に穴を開けるのが良いと思います。

  • 72956
  • 174
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

毎日ちまちまDIYセルフリフォームしています。ナチュラルな部屋、昭和レトロな部屋、猫が楽しく遊べる部屋、外国の子供部屋みたいな部屋などなど、部屋ごとにテーマを決…

ノリエさんの他のアイデア

DIY・工具のデイリーランキング

おすすめのアイデア