どんなインテリアにも合う万能アイテム!ルーバーを作ってみよう!



インテリアに興味がある方なら欲しいと思うアイテムの一つ、ルーバー。

特別な道具がなくても、家にある道具で作れちゃいます!

  • 9647
  • 95
  • 2
  • クリップ

材料


・角材 × 4 (厚みや長さはお好みで)

・ベニヤ 厚 5mm(以上)

・木工用ボンド

・ビス

・ノコギリ

作り方



両サイドになる角材を2本用意します。

ルーバーの羽部分の角度を決め、左になる方の角材にラインを一本引きます。

そのラインと平行になるように、等間隔で必要な羽分のラインを引いていきます。

同じように、右になる方の角材にもラインを引いていきましょう。

画像のように左右対称のラインになるように意識してください。



引いたラインの通りにノコギリを引いて3mmほどの溝を彫ります。



ノコギリがブレる場合は、画像のように木材をあてると、安定してノコギリを引くことができます。

少し大変ですが、先ほど角材に引いたラインを同じようにノコギリで溝を彫っていきましょう。

トリマーやルーターなどの電動工具をお持ちであれば、電動工具で溝を彫っていってくださいね。




ルーバーの羽部分はベニヤを使用します。


カットは次のようにしてください。

☆角材に引いたラインと同じか少し長い幅

★組んだ角材の内寸より10mm大きく

☆角材に引いたラインと同じ数のベニヤをカットしてください。


★の部分が重要です。

3mmほどの溝を彫っていますが、ルーバーがしっかり固定されるように溝分と内寸より少し大きめにカットしておきます。

カット後面取りをします。



他にも色々写っていますが。。

角材を組立てます。

塗装をされる場合は、羽も含めこの時点で済ませておきましょう。



組んだ角材の溝部分に、ベニヤで作った羽を押し込んでいきます。

内寸と溝分より少し大きめにカットしているためキュウキュウですが、トンカチで右コンコン、左コンコン。。と交互にすると入っていきます。

さらに羽を固定するため、トンカチでコンコンする前に、溝に木工用ボンドを塗ってから羽を入れてくださいね。

材料のところでベニヤの厚みを5mm以上としたのは、ベニヤより幅の狭い角材の間に羽を押し込んだ際、ルーバーがひしゃげてしまう為です。

5mmだとカッターでもカット出来る厚みなので、それほど大きくないルーバーでしたらベストな厚みだと思います。

完成!



ルーバー完成です♪

男前、カフェ風、西海岸風、フレンチシャビー、古民家系などなど、ジャンルを問わず色んなインテリアに映えるルーバー。

塗装次第で色んな表情も楽しめます。

お部屋のアクセントに、ぜひ作ってみてください!

  • 9647
  • 95
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード