【DIY】家にあるものでステインが作れる!オリジナルステインの作り方☆

シンプルでアンティークな風合いが出せるステインは人気のある塗料ですが、実はお家にある物で簡単に作れます。

3年前に作った時は、なかなかいい感じに出来てたので今回再度作ってみることにしました。

  • 9514
  • 182
  • 4
  • クリップ

材料

・ガラス瓶

・ビネガー(お酢)

・スチールウール

・食紅


私は余計な物が入っていないHEINZのビネガーを用意しました。
瓶のデザインがキッチンに常備しているお酢よりいいからっていうのもありますが...笑 
穀物酢でもOKです。


スチールウールは塗装用に購入してストックしてた物を使います。
100圴のでも大丈夫です。


ガラス瓶は蓋が閉まるものをご用意ください。蓋はアルミか鉄のもので!


スチールウールとビネガーだけでもステインは作れますが、マウスウォッシュを入れたり、コーヒーの粉や紅茶の葉(またはティーパック)で色味を変えることが出来ます。


今回は色味を楽しみたいので、食紅を使ってみることにしました。
色は赤と緑をチョイス。

ステインを作ろう!

作ろう!
...と勢いよく見出しに書きましたが、とても簡単です。入れるだけなので笑


今回用意したガラス瓶はサイズが小さいので、スチールウールが瓶にしっかり収まるように半分にカットしました。


ガラス瓶が大きければ、この行程は省いて全然OKです。


スチールウールそれぞれ2個分詰めました。

ビネガーを入れます。


この時、ビネガーとスチールウールが化学反応を起こしてガスが発生し、きっちり蓋を閉めたら膨張して溢れてきてしまいますので、ビネガーをあまりヒタヒタに入れず、蓋はきっちり閉めないように気をつけてくださいね。


溢れさせた経験者より笑

材料のところでも書きましたが、蓋はアルミか鉄のものにしてください。


2年ぐらい前に実験した時は、蓋がプラスチックだと上手くステインが作れなかったので、失敗が少ないアルミか鉄を使用してください。

寝かせる

蓋をして寝かせます。
マスキングテープに作った日付を書いてペタリ☆


寝かせる期間が長ければ長いほど色味に深さが増し濃くなりますが、今回は2日で。
一週間にしようと思いましたが、待てないので2日にします笑


最初に入れるつもりで日付と共に「染料」と記載しましたが、これは今回着色に使用する食紅のことです。
食紅は2日後に入れようと考え直したので、この時点では入っていません。
3つとも、ビネガーとスチールウールだけ。


理由は、同じ材料で同じように作っても、出来上がりの色味が若干違うためです。
2日後にそれぞれ色味を見てから食紅を入れます。

2日寝かせた結果

蓋を開けるとご覧の通り。
ビネガーとスチールウールが反応して赤錆が発生し、この赤錆ビネガーを木材に塗ると、木材に含まれているタンニンとまた化学反応を起こして色がつく...という仕組みです。


さらに寝かせる場合はこのまま、この色味でいいなら、ここでスチールウールは取り出しましょう。


右がビネガー + スチールウール。

左がビネガー + スチールウール + 食紅赤

下がビネガー + スチールウール + 食紅緑


食紅は、食紅に付いている小さいスプーンにすり切り3杯入れました。


1杯づつだと食紅が入っていないものと ほとんど色味が変わらなかったので、分かりやすく着色しました。

塗装した結果...

上が杉で下がSPF

それぞれ

右がビネガー + スチールウール

中がビネガー + スチールウール + 食紅赤

左がビネガー + スチールウール + 食紅緑


食紅を入れて出来上がったビネガーの色はかなり濃く見えましたが、実際に塗るといい感じの色具合ですね!


塗った直後は薄くて大丈夫かな?と思いますが、完全に乾燥すれば画像のようなナチュラルな色味になります。


塗ってみて濃いな...と思ったら、またビネガーを加えれば薄くなりますので、お好みの濃さに調節してください。


また、気になるニオイですが、完全に乾燥させたら全く気になりませんのでご安心ください。


木材に含まれているタンニンの量によって色の出方も違うので、実際にオリジナルのステインを使用される場合は、使用する木材の端材にまず塗って色合いを確認してから塗装してくださいね。


自分で作れるオリジナルステイン、ぜひ作ってご活用ください!


【補足】
3年間外で放置してたオリジナルステインが出てきたので、これも記事に載せようと思ったのですが、モザイク必須でとてもお見せ出来るモノではなく...


マスタードを水で溶かしたような色で、木材に塗装してもその色がそのまま着色しました。


長く置けばいいというものでもないようなので、半年ぐらいまでで一旦スチールウールは取り出した方がいいと思います。






>>関連記事もございますので、合わせてご覧いただけると嬉しいです。

↓↓ SNSやってます ↓↓

  • 9514
  • 182
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード