塩ビパイプのミニラック

塩ビパイプと杉板を使って小さな棚を作りました。

ガス管のようなかっこいい雰囲気になるように、塗装を何度も重ねて仕上げました。

  • 7839
  • 88
  • 2
  • いいね
  • クリップ

塩ビパイプで脚の部分を作成

家に残っていた塩ビパイプを使って、脚の部分を作ります。
幅40センチくらいのサイズにしたいので、それに合わせて設計し、塩ビパイプをカットします。
塩ビパイプはいつもノコギリで切っていますが、必ずといっていいほど斜めになってしまいます(*_*)
本当はまっすぐキレイに切るのがベストだとは思いますが、継ぎ手パーツに差し込めばなんとかなるのが塩ビパイプのいいところだと思っています!

組み立ててみて、サイズを確認し大丈夫であれば瞬間接着剤で固定します。

塗装

スプレーペンキの黒で全体を塗ってからシルバーのスプレーペンキを所々飛ばすように吹きかけます。

次にダイソーの茶色の絵の具をスポンジに少し取り、ポンポンと叩くように色をつけます。

ダイソーの茶色絵の具が思っていた以上に明るい色だったので、バターミルクペイントの茶色を重ねます。

最後に、シルバーのアクリル絵の具をスポンジにとり、先ほど重ねた茶色を潰さない程度に色をつけました。

ガス管が錆びた雰囲気をイメージしています。

杉材の天板

塩ビの脚の部分に合わせて杉材をカットし、サンダーをかけて角を取り、表面も塗料がのりやすいようにキレイにしてから塗装します。

塗装に使ったのはWOODLOVEのエボニーブラックです。

裏側から、サドルバンドで固定して完成です!

いろいろ使えるサイズ感☆

天板は乗せただけで特別な加工はしていませんが、細々としたものを乗せたりできるサイズ感がちょうどいいです。

小さいサイズなので、テーブルの上で使っても邪魔にならないので、散らかるものが片付きそうです(^^)

閲覧いただきありがとうございました(^-^)/

  • 7839
  • 88
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

大人カフェ風インテリアを目指して築11年目のマイホームをセルフリノベーションで楽しく居心地のいい空間にしています。ホームセンターや100均グッズなどのお手軽素材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード