【材料費150円のプチプラDIY】リビングの換気口をカッコよく隠しちゃおう!!

各部屋にある、24時間換気システムの換気口。 特にリビングの換気口は、隠したいなぁと長年思っていましたが、下手に覆ってしまうと、空気の流れを妨げてしまうので、良い案が浮かばず放置していました。
でも、今回100均で見つけたアイテムで、一気に形にする事が出来ました!
長年の悩みを解決できて、スッキリ♡

  • 97224
  • 196
  • 0
  • クリップ

★Before★

2016年。
このように、リビングの隅っこを写すと、換気口が気になります。
100均の転写シールを貼って、悪あがきしています(笑)

その後、ここに帽子掛けを作ったので、少しは隠れるようになりました。

とはいえ、排気口が隠れるように意識して、角度を工夫して写真撮ってますね(笑)

あっという間に完成!流木+100均アイテムで、ディスプレイフックを作ろう♫

帽子が好きなので、ついつい買ってしまいます。型崩れしないように平置きするには場所を取るし、見えない所に片付けると、出かける時にすぐかぶれない(^^;; そこで、拾ってきた長めの流木にかけて、飾ってしまおうと思いつきました( ´ ▽ ` )ノ もちろん、帽子掛け以外にも使えます!

mirinamu

★After★

今回作った、換気口カバーです。

正面から撮っても、ディスプレイに馴染むようになりました!!

アップで見ると、こんな感じです。

横から見たところ。

正面はもちろん、サイドも隙間が空いているので、空気の流れを妨げません。

材料

・ダイソー焼き網(15cm角、2枚入り)
・キャンドゥすのこ(2枚入り)

材料は、これだけ!

今回、寝室にも同じ物を作ったので、実際はすのこをもうひとつ買っています。
3点買って、2つ換気口カバーを作れたので、材料費は150円なり♪

作り方

まずは、すのこを解体します。

横板をトンカチでトントン叩いて外せば、このように4本の木材になります。
この時、横板は割れてしまう物もありますが、きれいに残った物はあとで使うので、取っておいてください。

すのこをDIYの材料として使う!〜解体の仕方から、すのこを使った作品集まで〜

DIYをしていく中で、必ず悩まされるのは、材料のコストがかさむ事。 下手したら、完成品を買った方が安いんじゃないかと思うこともあるぐらい、木材ってお金がかかりますよね。 そこで、私がかなりの頻度でDIYの材料として使うのが、すのこです。 すのこを上手に使ってコストをおさえ、さらに見た目もかわいく♬ 実際にすのこを使って作った作品も、ご覧ください(*^^*)

mirinamu

↑↑↑
すのこの解体方法は、こちらをご覧ください。

すのこの板で、枠部分を作ります。

我が家の換気口は15×15cmなのですが、このすのこは30cmサイズ。
なので、半分にカットするだけでOK!

15cmにカットした木材を正方形に組んで、ボンド+ビスで固定します。
同じ物を2つ作ります。

続いて、先に作った枠と大きさを合わせて、前面のフレームを作ります。

面倒ではありますが(笑)45度にカットする方が仕上がりがきれいなので、ソーガイドを使ってカットしました。

ボンドでしっかり接着!完全に乾くまで置いてください。

ソーガイドを使えば、手ノコでも45度にカットできちゃいます♪

ソーガイドについては、こちらのリンクをご覧ください。

初心者さんにおすすめ!DIYに便利な道具10選

DIYをするようになって、2年程経ちますが、私は本格的な道具や高価な道具は今だに持っていません。 でも、道具にお金をかけなくても、何となーくいろんな物を作っています(^-^) ただ、あるとないとじゃ全然違う!という道具もありますので、ご紹介したいと思います(*゚∀゚*)♫ 私もまだまだ初心者ですので、特別な知識はありません。個人的な観点でのご紹介です。その点はご理解くださいね(^^)

mirinamu

枠を2つ、すのこの横板を使って、固定します。ここも、ボンド+ビスで固定しました。

この時、枠の間に隙間を空けておきます。
(隙間は7mm程の間隔)

★注意★

裏から見ると、すのこの横板が少し短いのがわかりますでしょうか?
この部分は、排気口が当たるので短くしています。

ペイント

焼き網は、まず下地としてミッチャクロンをスプレーしました。
下地無しでペンキを塗ると、上手く色がつきませんので、下地は必ず塗りましょう。

全てのパーツを白いペンキで塗ります。
乾いてから、二度塗りするときれいに仕上がります!

ちょっとシャビーに♪
アンティークメディウムを使って、所々茶色を入れると、簡単に雰囲気が良くなります!

アンティークメディウムについては、こちらに詳しく書いています。↓↓↓

ペイントの腕が上がる⤴︎ミルクペイントのメディウム塗料の使い方〜その①〜

ミルクペイントの製造元であるターナー色彩さんが主催されている『ペイントクラブ』という講座に参加し、5種類のメディウムの使い方を教わって来ました。 長くなりますので、2回に分けてお伝えしますっ (*・ω・)ノ 今回は、『アンティークメディウム』と『クラッキングメディウム』の使い方をまとめてみました。 まだ使ったことがない方の参考に少しでもなれば幸いです(*´∇`*)

mirinamu

焼き網の方は、所々錆びているようにしたくて、ラストメディウムを使って錆びを表現しました。
ポンポンとランダムに筆で付けていくだけです。
乾いてから、ヤスリで少し剥ぎ落として、全体に馴染ませました。

【アンティーク風ペイント実例】ミルクペイントのメディウム塗料の使い方〜その②〜

ミルクペイントの製造元であるターナー色彩さん主催のペイント講座『ミルクペイントクラブ』に参加して来ました! そこで教えていただいた事、やってみて感じた事などをまとめてみました。 前回は、『アンティークメディウム』と、『クラッキングメディウム』について書きましたが、今回は、『プラスターメディウム』と『ダストメディウム』『ラストメディウム』について、使い方など詳しくお伝えします(*・ω・)ノ

mirinamu

↑↑↑
ラストメディウムについては、こちらに詳しく書いています。

組み立て

枠の上に焼き網、その上にフレームを重ねます。

↑のように、すのこ横板の部分にビスを入れて、固定します。

ビスの頭を白くペイントすれば、遠くから見た時にはほとんど目立ちません。

完成♪

ピッタリサイズに作っているので、取り付けは、押し込むだけ!

100均すのこ板を半分にカットして作ったら、こんなにピッタリフィット♪
何だか得した気分です(^-^)v

プラスチック感が嫌だった、リビングの換気口。
インテリアにも馴染む、ちょっと無骨な雰囲気に仕上がりました(^-^)/

寝室は、こんな感じになりました。

今までに作ってきたカバー類は、こちらにまとめています。
↓↓↓

簡単DIY☆生活感が出ちゃうアレもコレも隠してしまおう!その①

給湯器スイッチや、インターホン。 機械的な物が見えると、どうしても生活感が出てしまう気がして… 我が家では、家の中の雰囲気に合わせて、簡単なカバーを作ってそれらを隠しています。 長くなるので、その①では、2つのDIYカバーをご紹介しています。 その②では、隠したい!歯ブラシや鍵のケースもご紹介します(*^^*)

mirinamu

簡単DIY☆生活感が出ちゃうアレもコレも隠してしまおう!その②

生活感が出ちゃう物に、カバーをつけて隠すシリーズ、その②! その①では、インターホンと給湯器のスイッチを隠すカバーの作り方をご紹介しました。 今回は、見せたく無いけどすぐに取れる場所に置きたい『歯ブラシ』と、 無くならないようにまとめておきたい『鍵』を、丸見えにならないよう収納できる扉付きBOXをご紹介します。

mirinamu

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました(*´ー`*)

  • 97224
  • 196
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード