油汚れのフライパンをエコで無駄なくキレイに洗う3つの工夫

調理後のギトギト汚れたフライパンや鍋。そのままだと洗いにくいですね。一工夫するだけでスッキリきれいに洗うことが出来ますよ。

  • 23231
  • 95
  • いいね
  • クリップ

油汚れ、ギトギト汚れ

炒め物や照り焼きなど
ギトギトした調理後のフライパンや鍋の汚れ
気になりますね。

そのままスポンジで洗うと
スポンジが汚れてしまいます。

ウエスで拭き取っても
こびりついていたら
なかなかうまく拭き取れません。

最近は、ギトギト汚れ専用の洗剤も発売されていますが
「それ専用」の洗剤を揃えていくと
洗剤だらけになってしまいそうです。

漬け置き時間もいらずに
食器洗いと同じ感覚で
とっても簡単に
汚れを落とす方法があるんです。

一工夫その1:洗剤は食器用でOK

使うのは、食器用洗剤です。



「それなら普通に洗うのと同じじゃない!
何が一工夫なの?」
と思われるでしょう。

実は、スポンジに洗剤をつけるのではなく
フライパンに直接つけるんです。

一工夫その2:使用済みラップでクルクル

この洗剤をラップを使ってのばします。

ぜひ、使用済みのラップを使ってください。
その方がエコです。

スポンジでのばすと
スポンジに洗剤が入ってしまいますが
ラップだと、洗剤をそのまま塗り付けることが出来ます。

白く混ざってきましたね。

この状態で、すでに脂分は
フライパンから離れています。

一工夫その3:ウエスで取り除く

このままスポンジで洗ってもいいのですが
それだと、やはりスポンジが汚れますし
排水の中に汚れが流れていってしまいます。

この乳化した汚れを
ウエスでぬぐい取ります。

ウエスは、使い古したタオルをカットしたり
着古したTシャツをカットしたモノなので
これもエコですね。

サッと拭くだけで、汚れが取れていきます。

あのギトギト汚れのフライパンとは思えません。

油汚れもこびりつきもなくなりました。

この状態なら、スポンジで洗っても
スポンジが汚れることはありませんし
排水もキレイですね。

まとめ

油汚れのフライパンを
キレイにする一工夫をご紹介しました。

使うのは食器用洗剤です。
いつもの食器洗いと変わりませんが
その使い方がポイントでした。

直接フライパンに投入
ラップでクルクル伸ばすだけ。

白くなって
こびりついていた汚れも
柔らかくなって剥がれてしまいます。

この現象を乳化というそうです。
家事って、科学の実験みたいで面白いですね。

  • 23231
  • 95
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

北海道札幌市でライフオーガナイザーとして活動しています。モノの片づけを通して生き方の整理整頓をお伝えしています。

思考の整理収納塾 田川瑞枝さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア