自由な発想でリビングで寛ごう!ソファの置き方、リビングテーブルの置き方を提案します!

みなさんはどんなリビング空間で寛いでいますか?
また、リビングテーブルはソファ前に置いておりますか?小さなお子さんがいらっしゃる家庭ではリビングテーブルを使用していない方も多いのではないでしょうか?
今回はソファの提案の仕方が通常では考えられない組合せの仕方をはじめ
リビングテーブルを使わないときにどこに置くのかなど
自由な発想で考えるとこんな使い方ができるという提案をさせて頂きます。

自由な発想でソファの組合せを考えましょう!目からうろこ的なソファの使い方、考え方をお教えします!

みなさんはこのソファのデザインを見てどう思いますか?
「なんだこのソファ?」とお思いになるかたもいらっしゃるのではないでしょうか?
実はこのソファはカウチソファをカウチスタイルと異なる
ソファの置き方を提案しているのです。
背の高さと肘の高さが同じだからこそできる自由な発想!
ソファの使い方の新常識とでもいえるのではないでしょうか?

このカウチソファと上の組合せが同じ組合せと思いますか?実は同じ組わせなのです組み合わせ方を変えるだけでこんな形になります

先程のソファの組合せはこのカウチソファの組み合わせ方を変えたものとなります!

今回の提案は上の段の真ん中の組合せ事例となりますが
ひとつの組合せで6通りの組合せの形を提案しております!

上のソファのカウチ部分(向かって右側)を左にずらし、2人掛け片肘ソファを縦に置くと下のような形となります

ソファの背の高さと肘の高さが同じだからこそできるソファの組合せ事例のひとつとなります!

ソファの上に足をのせて使用することが前提となりますが
正面向かって右側なんかは囲まれている感があり
なんだか落ち着く空間となります!

お子さんと一緒にゴロゴロするようなイメージソファを使用いただけますし
ソファを旦那さんが独り占めするのではなく、ご夫婦で並んでゆったりとくつろぐこともできます!

縦長のリビングダイニングだからこそできるソファのくつろぎ空間と子供の遊びスペースを分離する考え方

ダイニングスペース(手前)、子供の遊びスペース(中央)、ソファで寛ぐスペース(奥)という
リビングダイニング空間を提案します!それぞれの空間が縦に並ぶことで
それぞれの空間を有意義に使用することができると考えました。

その結果、ソファを縦に長くし、ソファ前のスペースをあえて狭くしてもいいのではないかと考えました!
足を延ばすシェーズロングタイプのソファと片肘ソファを縦に2本並べるという
レイアウトを提案!
子供さんが寝た後にご夫婦で寛ぐリビングでもあり、子供とママ、子供とパパが寛ぐ
リビング空間として提案できます!

ダイニングテーブルの片側をベンチとすることで子供の遊び空間でもある中央の空間も広く感じることができ
とてもいい感じの家具の配置提案となりました。

リビングテーブルの使い方について考えました!リビングテーブルを使用しない期間にこんな場所にテーブルを置くのはどうでしょう

今回提案したリビングテーブルは奥行き25㎝のテーブルです。
奥行き25㎝のテーブルを2つ組合せて提案するリビングテーブルなので
テーブルとして使用しない間はそれぞれを
ソファの後ろ、横に置くという提案をさせて頂きます。

ソファ前のテーブルとして使用しないがソファのサイドテーブルとして活用できます!
奥行25㎝なのでソファと壁の隙間をたった25㎝開けることでそこにテーブルを置くことができるのです!

今回提案したソファはロータイプなので肘の高さがそれほど高くはございません。58㎝ほど
高さ38cmのリビングテーブルをソファ横に置き、
読みかけの本とドリンクを置いたり、お子さんの漫画やテレビのリモコン、
テッシュボックスなどを置くこともできます!

もちろんお子さんが寝た後にママがお気に入りのスイーツと飲み物をトレイに乗せて
置いていただいてもOKです!
リビングテーブルがサイドテーブルとなる自由な発想で配置提案させて頂きました!

テーブルを1本子供のお絵かきやお手紙書きに使用するため、子供の遊びスペースにもってきました!もう1本は・・・

答えは下の写真を見て下さい!

ひとつは子供の遊びスペースに、もう一つはソファの横(窓側に)置いております!

このように設置することで、ソファの両サイドにサイドテーブルが置いてあることになります。
ひとつはシェルフの天板上、もうひとつはリビングテーブル天板上と・・・

窓側にこのようなセッティングをすることで
掃出し窓にあるウッドデッキへ眺めるようにソファに座ったり、
リビングテーブルをウッドデッキを眺めるためのベンチのように使用することができると
考えました!ソファの向きを掃出し窓側にもむかせることができるこのソファの配置は
とても自由な発想ではないでしょうか?

ソファの両端のテーブルとシェルフの上には本とマグカップを設置
こんな感じでリビングで寛げるって最高ですよね!

カウンターの下のスペースの有効利用として
オープンのBOXを2つ重ねて置き、ソファの側面に並行してオープンラックを設置

カウンターの高さとシェルフの高さをそろえることができればもっと美しかったですが…

ソファの背面にオープンラックを設置することは
お子様のおもちゃや絵本収納を兼ねた提案です!
これでお子様の遊びスペースは完成です!

オープンラックは高さ70㎝なので造り付けのデスクカウンターでパソコンをしなくても
オープンラック天板上でパソコンして頂くこともできるので
テレビを見て寛ぐパパとネットで調べ物をしているママとの距離を近づけ
コミュニケーションがとれる住空間ともなります。

自由な発想で縦長のリビングダイニング空間を家具で生活を演出したコーディネートプランは
いかがでしたでしょうか?
家具の使い方を考えれば、今回は造り付けのデスクの高さをテーブルと合わせたり、
カウチソファは本来の姿で置くことができるようにデスクの長さを計算したり
家具の使い方をより具体的に考えることでもっと素敵な暮らしができるように思います!

是非、家づくりは「家具から始まる家づくり」を設計の段階で取り入れることで
暮らしやすいマイホームとなるのではないでしょうか?

インテリアショップBIGJOYでは設計段階で家具のアドバイスもさせて頂いております。
設計変更できない方でも今の現状で、どのような暮らしができるか?
家具から考える家の使い方をアドバイスさせて頂きますので
お気軽にご相談ください!

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー