リビングテーブルを置かない選択

リビングテーブルをなくしてみたら開放的なリビングに生まれ変わりました。
しかしそれは広くなっただけではありません。
テーブルをなくすことによって様々な生活における発見がありました。

  • 188080
  • 1021
  • 23
  • クリップ

きっかけはお友達のお宅で

子供がまだ幼稚園の頃、お友達のお宅へ遊びに行った時にリビングにテーブルがありませんでした。
しかしそれはとても開放的で子供が自由にリビングで遊べる空間があることと、お部屋がとても明るく感じたのです。
「リビングにはテーブルは絶対必要なんだ」と今まで当たり前に思っていましたが、
テーブルのない開放的なお宅を見て、私の固定観念を少し見直すきっかけとなりました。

我が家はリビングとキッチンが一体型の間取りです。
ですから1つのお部屋にキッチン、ダイニング、ソファー、テレビなどが全部配置されているんです。
生活の中でよく居る場所は私も家族もダイニングが多く、ソファー周りはテレビをゆっくり見るくらい。
お友達やお客様が来た時はソファーではなくダイニングへ通します。
これは現代の家の間取りにもよるかもしれませんね。
人を招く時にはリビングよりもダイニングの椅子に座って貰った方がお互いゆっくりできるので、ソファーよりも居心地が良いと思います。
そんなわけであらためて家族の生活状況を考えてみると、リビングに本当にテーブルは必要?と考えたわけです。

実際になくしてみました

リビングからテーブルを撤去しました。
いかがですか?この開放感!
ラグをホワイトに変えたおかげでリビングに明るさもプラスされて、思わずソファー下のラグで寝転びたくなる気持ちです。
以前は通路も狭かったのでリビングの開放感とは少し無縁だった気がしますが、テーブルをなくし一気に開けた空間に生まれ変わりました。



テーブルをなくしたらこんな発見も

リビングテーブルを置かない選択をするとこんな発見がありました。

1、掃除がしやすい
2、物をごちゃごちゃ置かなくなる
3、広い通路が確保されるので生活がしやすい
4、寝る前の柔軟体操ができるスペースができた

私が一番良かったのは、テーブルをなくしたおかげで物がいつまでも残らないことです。
置くスペースがないので、もうここは最初から片付けるしかありませんよね。
掃除機も開放感が出来てとてもかけやすくなりました。

どうしてもテーブルが必要な時は

撤去したからといって全く使わないわけではありません。
以前使っていた折りたたみのテーブルは一旦片付けましたが、その代わりにサイドテーブルをスタンバイさせています。
状況に応じて使うことができれば困らないので、小さめのテーブルを1つ用意しておくと便利ですよ。



まとめ

テーブルを撤去することによって開放感が生まれてリビングも明るくなります。
実現できたらこの開けた空間で皆さんはどんなことをしたいですか?
きっと我が家のように色々な発見が見つかるかもしれませんね。




  • 188080
  • 1021
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード