椅子の座面が汚れてきたら・・・上から合皮を張ってカフェ風な長椅子に♪

長年椅子を使っていると、椅子の座面が汚れてきます。
ホームセンターに売っている合皮のシートを上から張るだけで、新しい椅子を買ったように気分が一新できますよ。
費用もそんなにかからないので、気が向いたらまずは1脚からリメイクでお気に入りにしてみませんか?

LIMIAで仲良くさせていただいているお友達から、フォトを見て作り方を尋ねられましたので、少し前のDIYになりますが、投稿させていただきます。

  • 8173
  • 88
  • 6
  • いいね
  • クリップ

元の座面に合皮を張ってイメージチェンジ♪

こちらの長椅子は、元々座面が白い椅子でした。

長年使っていると、座面が汚れてきたり、生地が傷んできたりしますよね。
数年前に、その白い座面をなんとかしたいと
合皮用の専用のスプレーでリメイクしてみたのですが、小さい子供がいて、使用頻度も高かったので、だんだんとスプレーが取れてきました。

そこで、元の座面に合皮を張ってリメイクしてみました。

BEFORE

こちらが今回のBEFOREです。

スプレーでリメイクしていたのですが、だんだんと白い座面が見えてきましたので、なんとかしたいと思っていました。

用意するもの

★リメイクする椅子(今回は長椅子)

★六角棒スパナ(写真の工具。六角レンチとも言います。)
※工具は、椅子の裏を見て、その椅子のパーツに合ったものを準備してください。我が家は六角棒スパナでした。

★合皮(座面をすっぽり包める大きさ。少し大きめに準備しておくのがいいと思います。)
※ホームセンターにも売っています。こだわりの生地を探したい方は、ネット購入などが種類が豊富かもしれません。

★タッカー

★タッカーの針

★はさみ

作り方

椅子をひっくり返して、六角棒スパナでボルトを外します。
ボルトの六角の大きさに合うものを選んで使います。

座面を外すことができました。

この時についでに隙間に詰まった埃などを取ってお掃除します。

合皮の表を下にして、座面も逆さに置きます。
できるだけたるまないようにぎゅっと押さえて、写真のようにタッカーでパチンパチンと裏をとめていきます。

余分な部分ははさみでカットします。

裏はこんな感じです。
結構ざっくりです(;^_^A

角のところが一番難しいです。
できるだけ均等になるようにひだを入れながらタッカーでとめます。
なかなか買ったもののようには、きれいになりませんが、後で枠に入れるので、さほど目立たなくなります。

ひっくり返すとこんな感じです。

そんなに目立たないでしょう??

座面は、枠に入れた状態でひっくり返して、また六角棒スパナで元のようにボルトを締めます。

元の座面の上から張ったので、枠に入れ込むとき少しきついですが、クッション性は良くなりました。

角の部分は、最終的にこんな感じで、少し皴が寄っていますが、私はそんなに気にせず使っています。

できあがり

上から新しい合皮を張ったので、表面がとてもきれいになりました。

いかがでしたか?

買い替えずに、今ある椅子を活かしてリメイクすることができました。
合皮は、ホームセンターのカー用品のコーナーで購入して、1000円ほどでした。

タッカーや工具を持っていれば、安価でリメイクできますので、機会があればチャレンジされてみるのもいいかと思います。




ブログでも今回のリメイクを含むいろんなDIYを画像付きで詳しく書いていますので、
よかったら見てください。
今回のDIYの関連ページにジャンプします。(BEFORE画像あります。)

インスタグラムでも日々のDIYやインテリアをだいたい毎日更新中です。
フォローしていただけると嬉しいです♪

ルームクリップもやっています。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
いつもいいねやフォロー、コメントありがとうございます。
とても励みになっています。

  • 8173
  • 88
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

毎日をちょこっとDIYでちょっとだけ楽しく♪はじめまして!ぶるぼん。と申します。DIYやリメイクが好きな働く主婦です。普通のおうちをわくわくがミックスされたよう…

おすすめのアイデア

話題のキーワード