【雑貨】きらめく星ジェルキャンドル☆の作り方

冬の寒い季節、空には星がみえますか?見えない空模様の日でも、お家の中できらめく星を見てみませんか?ジェルで作った星ジェルキャンドルは、灯すと内側から光が溢れきらきらと輝いてくれます。是非、家族やお友達や恋人同士で一緒の時間を過ごす時灯してください。思い出に残るロマンチックな時間になりますよ。

  • 2110
  • 18
  • 0
  • いいね
  • クリップ

材料


・グラス … 直径7cm✕高さ8cm 耐熱ガラス、なければ厚さがあるグラス。
・ジェル … 180g。Amazonで「ジェルワックス キャンドル用」で検索。
・芯 ………… 6.5cm。サイズD36の丸芯。Amazonで「芯D36 キャンドル用」で検索。
・座金 …… Amazonで「座金 キャンドル用」で検索。
・顔料 …… お好きな色適量。Amazonで「顔料 キャンドル用」で検索。
・ペンチ
・ラメ …… 今回使用はドームオーナメント用ラメパウダー。100均で購入可。
・型 ………… 星型の直径約2cm。100均の製菓コーナーで購入可。 
・バット … 13cm✕18cmサイズのバット。100均の製菓コーナーで購入可。
・IH調理器
・鍋 … 今回使用はホーロー鍋。
・温度計 … 料理用。
・両面テープまたはグルーガン。

作り方

鍋にジェルワックス80gを入れ、温度計で測りながらIH調理器で溶かします。

芯はジェルでディッピング(溶かしたジェルの中に芯をつけこむ)をします。
溶かしたジェルが約90度になったら芯を入れ浸します。

芯を割りばしで取り出し、キッチンペーパーで軽く拭き取ります。

芯を座金の下から通し、ペンチで座金上部をはさみ芯を固定します。
少々手間ですが、この作業をしないと途中で火が消える可能性があります。

ジェルが約120度位になったら、まだ溶け残りがあっても電源を切って予熱で溶かします。
200度を超えると発火の危険性があるため、注意してください。

溶けたら顔料で色をつけていきます。
細かく砕いて少量ずつ色をいれ、温度計で軽く混ぜてください。

13cm✕18cmのバットにジェルの温度120度で注ぎます。
注いだあと、ラメパウダーを散らします。

ジェルが固まったら星型でくり抜いていきます。

くり抜いた星を取り出します。約24個できました。

他の色でも作ってみてください。
私はたくさん作ってみましたが、1色でも勿論作れます。

グラスの側面に指で軽く押さえつけながら、星ジェルをレイアウトしていきます。
私は14個でした。
先程作った座金がついた芯を、グラス底面の中心に両面テープで固定します。
グルーガンで固定してもよいです。

溶かしていないそのままの透明ジェル約100gを、はさみで切って入れていきます。
手でちぎると透明感がなくなりますので、はさみで切っていきましょう。
特に芯のまわりにはすきまがないように、細かく切って入れましょう。

芯はまっすぐに、常に中心にあるのを注意しながらジェルを切って埋めていきます。
グラスの上辺から下1cm程で入れ終わります。

完成です。上にも何個か星を置くとかわいいですね。
星ジェルは全部で19個使用しました。余った星ジェルは、2個めをつくるときように保存しておくと、色んな色の星ジェルキャンドルが作れるので置いておきましょう。

ジェルは芯を中心とした直径4cm程が溶け、周囲に貼りつけた星は溶けずに残ります。
灯すと内側から星が透かされ、きらきらとしてキレイですので、是非灯してみてくださいね!

火を灯してキャンドルを眺めることは、心の癒やしになります。忙しい毎日、そんな時間ない!と思わず是非灯す時間をとってみてください。心が落ち着き、その日にあった嫌なことも少しは晴れるかもしれませんよ。

InstagramやTwitterなどでキャンドルの情報を伝えていますので、是非見てくださいね。

  • 2110
  • 18
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「灯りと香りで、ゆるやかな私時間を」をテーマに人の手のぬくもりがじわっと伝わるような温かみのあるキャンドルで、心豊かな暮らしを提案しているキャンドル作家です。お…

おすすめのアイデア

話題のキーワード