天然素材ボタニカルキャンドルの作り方~小さな大豆由来キャンドル~

大豆100%素材で、優しい気持ちになれるキャンドルです。そのキャンドルに押し花をデコレーション。自然素材だけを使用した、見た目にもふんわり優しいキャンドルです。インテリアとして置くだけでも癒やしの空間に☆

  • 3642
  • 43
  • 0
  • いいね
  • クリップ

天然素材・大豆100%の優しい気持ちになれるキャンドルに、
パンジーの押し花を組み合わせた、ナチュラルインテリアに合う
優しい雰囲気のキャンドルを灯したり飾ったりしてみませんか?

材料

●ソイハードワックス 80g……amazonにて「ソイハードワックス」と検索。
●押し花……今回はパンジーを使用。どんな種類でもよい。

●紙コップ 2種類……小さい紙コップ(直径5.5cm)。大きな紙コップ(直径6.5cm)。
●芯……約6cm使用。amazonにて「キャンドル 芯 4×3×2」と検索。
●IH卓上調理器
●温度計
●ガムテープ
●クリップ
●ホーローカップ。鍋でもよい。

作り方

ホーローカップにソイワックスを入れIH調理器にて溶かします。

200度を超えると発火する危険性がありますので、
温度計で常に温度を確認し、目を離さないでください。

ワックスが溶けましたら、芯をワックスにつけこみ、芯の中にワックスを染み込ませます。

芯を割り箸などで引き上げ、キッチンペーパーなどで余分なワックスを拭き取ります。

小さな紙コップ(直径5.5cm)の底面に針などで穴をあけます。

あけた穴に芯を通します。

下部分1cm程度芯を残し折り曲げ、ガムテープでおさえて塞ぎます。

ワックスが85度位になったら、紙コップに約50g注ぎます。
芯をまっすぐ中心に立てておくため、クリップなどではさんでおきます。

固まりましたら、紙コップを破いて取り出します。
中に入れるキャンドルが出来上がりました。

取り出したキャンドルを、大きな紙コップの中心に置きます。

残っていたソイワックスを再び溶かし、約85度で注ぎます。

注いだあと、パンジーの押し花を竹ぐしなどで隙間にいれます。

固まったら、紙コップを破いて取り出します。

ボタニカルキャンドルの出来上がりです。

ぜひ灯してみてくださいね!

癒やしの時間が訪れますよ。

私は、SLOWELスローエルというキャンドルメーカーです。

インスタグラムなども是非見てくださいね、
キャンドルワークショップや販売情報などを載せています。

  • 3642
  • 43
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「灯りと香りで、ゆるやかな私時間を」をテーマに人の手のぬくもりがじわっと伝わるような温かみのあるキャンドルで、心豊かな暮らしを提案しているキャンドル作家です。お…

おすすめのアイデア

話題のキーワード