ニトリのワイヤーバスケットを100均雑貨でリメイク

リビングで使っていたニトリのワイヤーバスケットを洗面所のインテリアに合わせてリメイクしてみました。

  • 143980
  • 2468
  • クリップ

黒い手編み風なワイヤーと木枠でできたニトリのワイヤーバスケットを、少しのリメイクで古いアンティークなインテリアにもぴったりなバスケットにリメイクしてみました。

まずは、木枠をサンドペーパーで研磨し、塗装を程よく剥がしながら、使い込まれた感じに仕上げていきます。サンドペーパーは、粗めの40から100を使うとちょうど良く仕上がります。

もともと木枠の角が鋭いので、この角も粗めのサンドペーパーで研磨すると丸みが出ることで、真新しさもなくなり使い込まれた雰囲気に仕上がります。

全体的に程よく塗装を剥がしていくと、擦れた木目が雰囲気のあるアンティーク風になりました。

次に、中身がわかるようにダイソーのアンティーク風ラベルプレートをつけていきます。我が家の場合は、棚に合わせて横面を正面にして収納する為、横にラベルプレートを付けました。
ダイソーのラベルプレートは、大中小とセットになっていてかなりお得です。
使用したのは、中サイズ。
ワイヤーバスケットSのサイズにぴったりでした。

ワイヤーバスケットの横幅28cmの真ん中に合わせてラベルプレートを付属のネジを使ってドライバーで固定します。

次にクラフト紙を使ってラベルプレートの内側から型を取り、アルファベットスタンプを使ってプレートの中に収納するラベルを作っていきます。ラベルプレートが1枚しかない場合は、ワイヤーバスケットに固定する前にラベルの下書きを仕上げておきましょう。
クラフト紙は、セリアの便箋の裏を使いました。
アルファベットスタンプがない場合は、ステッカーを貼ったり、手書きの筆記体で書くと、よりアンティーク風なラベルになると思います。

収納するバスケット3つ分のラベルを作りました。

ハサミでカットしたら、裏側に両面テープを貼り、先ほどのラベルプレートの中に合わせて貼り合わせます。

中身が見えないように、セリアのジュートバスケットを中に入れて完成です。
高さもあり、ぴったりサイズで収納できました。

洗面所の収納に合わせてみると横幅もぴったりで統一感ある収納ができました。
ニトリのワイヤーバスケット以外の材料は全て100円ショップで買えるアイテムなのでリメイクしやすいと思います。皆さんの参考になれば嬉しいです

  • 143980
  • 2468
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード