100均グッズを使った、超簡単リメイクいろいろ♬〜その①木製品編〜

100均が大好き過ぎて、今までいろんな100均グッズをリメイクしてきました♪( ´▽`)

前に作った物や、すでにいろんな方が作ってらっしゃるような物もありますが、DIY入門にピッタリな簡単な物ばかりです(*^^*)

その①として、木製の物を集めました!

  • 21163
  • 314
  • 0
  • いいね
  • クリップ

蓋付き木箱

↑↑↑Beforeはこちら。(柄違いですが)

蓋付きで、金具もすでについた状態で売られています(笑)
ワトコオイル(ミディアムウォルナット)で色を塗り、セリアの取っ手を付けただけ(笑)
最後にセリアのアンティークプレートステッカーを貼って、中に英字新聞を入れています。
ペンキで塗るとせっかくの柄が消えてしまうので、オイル系の塗料で塗るのがオススメです!

サイズは、12×10×6.5cmと小さいので、スタンプ入れとして使っています。

トランク風BOX

開くとこんな感じ。細々した材料を入れています。

セリアの木箱(20×15×3.5cm)2つを使って、底にセリアの蝶番を取り付け、上部はセリアのアーチ型留め金を付けました。
持ち手は家にあった皮の端切れをビス留めしていますが、これも、セリアの取っ手で代用できると思います!
周りの装飾も、セリアの転写シールや、アンティーク風切手などを貼っています。

ポイントは、装飾後にワトコオイルでペイントしたところ!
切手なんて、オイルが染み込んでかなりいい感じになりましたよ(*^^*)

アンティーク風ナンバープレートは、ダイソーの物。1〜9まで入っていて、お得感あります!
鍵のチャームもダイソーです。こちらは、上の画像にチラっと写っていますが、他にも違う形の鍵型チャームとセットになっていました!

大活躍のダイソーアンティークナンバープレート

マスキングテープ収納

正面から見るとこんな感じ

セリアの木箱(23.5×7×4)を2つ使い、すのこ板の端材を前後に付けて2段式にしています。接着はボンドで十分!
塗装は、いつものワトコオイルで。
アンティークプレートステッカーがここでも活躍☆『TAPE』とスタンプ(セリアのお名前スタンプ アルファベット大)を押した英字新聞が中に入っています。
転写シールを貼って、セリアの木製テープカッター台も一緒に使っています!

マステ収納とトランク風BOXは、こんな風に、キッチンカウンターにDIYした棚に置いて、すぐに使えるようスタンバイしています!

カフェトレー

こちらは、セリアの桐まな板(30×19cm)に、皮の端切れで持ち手を付けたカフェトレー。
この持ち手も、皮が無くてもセリアの取っ手で代用できます(*^^*)

これまたワトコオイルで塗装しました。

装飾は、ダイソーのアンティークナンバープレートを貼り、スタンプを押して赤い糸でステッチをしたリネンテープを貼りました。

こちらは濡れる可能性がある為、塗装&装飾後に、木製保護塗料を塗って仕上げています。

1番上のだけ色が違うのは、作った時期が違うからです。最初、1枚目は保護塗料を塗らずに使っていたので、使用後に拭いたりするうちに色が変わってきたものと思われます。

カフェトレイがあるだけで、普通のお料理が一気にカフェ風になっちゃいます♬

ディスプレイBOX

セリアの木製パーテーショントレイを2つくっつけて、上にはセリアの取っ手を付け、セリアの三角吊り金具を付けました。
小さな雑貨を飾ると可愛い♡
4つ使ってもっと大きくしてみたり、横に3つ繋げたりしてもいいですね!

窓風ミラー

材料は、セリアのアンティークフレーム(2L版サイズ)、メイクミラー、インテリア木製窓×2、蝶番

マイナスドライバーを隙間に入れて、テコの原理でフレームのプラスチックを外します。フレームは使わないので、割りながら外す感じでOK!
くれぐれも、鏡が割れないようにお気をつけください。

買うときはフレームに鏡が収まると思っていたのですが、若干、鏡が大きかった(^^;;
仕方なく留め具を一度外し、鏡の大きさに合うように付け直しました。
背板はハマらないので諦めます。

蝶番で、フレームと窓枠を繋ぎます。
フレームと窓枠の高さは、ぴったり!
でも、横幅は合いません。
なので、窓枠は飾りとして、開いたまま使うつもりで付けています。
そして、鏡の大きさに続いて、もう1つの計算ミスは、ほぼ同じ色合いだから塗装無しでいけそう!と思っていたのにくっつけると意外と色の差があること(^^;;

全体をワトコオイル(エボニー)で塗る事にしました。
せっかくなので、鏡の下にちょこっと置ける台も端材で付ける事にしたので、それも同じくペイントします。

ペイントの際は、必ず鏡を外してください!

エボニーは色が濃いので、塗ったらすぐさまウエス(ボロ布でOK)で拭き取るようにすると、程よく色が入ります。

所々ヤスリで削って、元の木の色も顔を出させたりすると、のぺーっと1色では無く表情豊かに出来上がります。

100均リメイクいろいろ。。。

いかがでしたでしょうか?

ちょっと塗るだけで、ちょっとパーツをプラスするだけで、実用性も見た目もグッと変わるのがリメイクの楽しいところです♡

その②は、木製品以外の100均リメイクをまとめてみたいと思います!
是非ご覧くださいね( ´ ▽ ` )ノ

  • 21163
  • 314
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

夫とこども3人の家族5人でマンション暮らし。子育てと家事と仕事の合間に、チマチマとお家いじり中です♫主婦目線で、お金をかけ過ぎず、便利さと見た目にもこだわった簡…

おすすめのアイデア

話題のキーワード