オープンラックにカーテンをつける方法いろいろ

便利なオープン収納。

使っていないときは
目隠しするために、
カーテンをハンドメイドしました。

  • 31178
  • 63
  • 2
  • いいね
  • クリップ

片付けをするのが面倒だと感じる
人は、片付けるための
アクション数が
少ない収納が便利です。

扉を開ける・引き出しを引く
フタを外す...等々
アクション数が増えるほど、
行動が面倒になります。

その点、オープンラックなど
を使ったオープン収納は
片付けが簡単で、わが家でも
重宝しています。

しかし収納がオープンなので、
モノの配置やインテリア、
収納用品にも気を使って“見せる(魅せる)収納“にするか、

使っていないときは簡単に目隠しするか...して、なるべく部屋を
スッキリさせたいものです。

オープンラックに目隠しカーテンを
取りつける方法を
いくつかご紹介します。

カーテンレールを取り付ける

DIYしたオープンロッカーに、
カーテンレールとフックを使って、
手作りカーテンをつけました↓

のれん棒を使う

市販のオープンラックに、
のれん式で手作りカーテンを
つけました↓

突っ張り棒を活用する

大きい収納を目隠ししたいところ
には、突っ張り棒を設置して
リメイクカーテンをつけています↓


中の収納を見せたくない場合は、
素敵なカーテンで隠してしまう
のも方法のひとつですね。


  • 31178
  • 63
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付けのきっかけ作りをお手伝いしています。#整理収納アドバイザー です。

おすすめのアイデア

話題のキーワード