【連載】その照明器具、いつから使っていますか?気づかないうちに危険と共に暮らしているかも!

時代の進化によって、長時間使えるようになった電球。最近はLED照明が人気です。10年以上使っているシーリングライトをLED照明に取り換えようと思い立ち、カバーを外して見てみました。

  • 17105
  • 158
  • クリップ

点いているから安心!?

リビング、ダイニング、寝室、子ども部屋…と
部屋に一つずつつけている照明器具。

最近は間接照明も人気ですが
直接照明もまだまだ根強いですね。

我が家は、ずっとシーリングライトという
天井にピタッと沿うタイプの照明器具を使っています。

電球の進化とともに
蛍光灯からLEDに変わってきていますが
我が家の電球は、まだ蛍光灯を使っています。

LEDは消費電力が少ないので電気代の節約になることなどから
電球が切れたところから、徐々に交換していっています。

ただ、シーリングライトについては
いつもしっかり点灯してくれているので取り換えのタイミングを逃していました。


さすがにいつ取り替えたのかもわからないくらい年数が経っていることから
この度、LED照明に全面取り換えることにしました。

取り替えます

古い照明器具を取り外すことから始めます。

蛍光灯が見えました。

切れたら取り換えていましたが、これからは取り換えなくてもいいんですね。

最近の電気の配線はとても簡単で、
カチッと取り付けるだけでOKです。

LEDライトは、電球が要らないので、本体を取り付けたらこれで終了!
電球の交換などの維持費がかからないのでさらに経済的です。

電球の厚みがない分、薄くてスッキリ。
天井が高くなった様に感じます。

子ども部屋に最適


LEDの利点は、リモコンで電球の色が選べることです。

これまでの照明器具だと、電球自体が白色、暖色に分かれていましたが
LEDなら、リモコンで瞬時に変えられます。

特に子ども部屋は、勉強するときは白色で明るい方が良いのですが
寝る時やくつろぐときは暖色で少し暗めの方が落ち着きます。

LED照明は子ども部屋に最適ですね。

ここで気づいた!危険と隣り合わせだったこと

今まで、電球が切れていなかったのでそのまま使っていましたが
今回の取り換えで、驚きの事実が発覚!

処分する際に、照明器具から蛍光灯を取り外さなくてはなりません。

電球本体は問題なかったのですが
電球と照明器具をつなぐプラスチックが劣化していたのです。

外そうとした途端、ぐしゃっと壊れました。

このまま何もしないで使い続けていたら大変なことになっていたと
怖くなりました。


電気が付くから安心と、大掃除でもカバーを外すことはしなかったのですが
定期点検は必要だと反省しました。

いかがでしたか?

電球が切れたら交換、という時代のままの考えでは危険なことがわかりました。

電球自体が長寿命化なのはよいのですが、
その部品が劣化するとは思ってもみませんでした。

危険と隣り合わせで暮らしていたことに怖さを感じましたが
電気が流れた状態で壊れなかっただけでも良しとします。


今お使いの照明器具を今一度見直してみてください。
購入したのはいつだったか
最後に電球の取り換えをしたのはいつだったか
電球の劣化はないか

確認・点検をすることで
安心安全な暮らしに繋がります。

  • 17105
  • 158
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード