パイン材で作る簡単 壁掛けコーナー棚

  • 16302
  • 68
  • 0
  • クリップ

この壁にちょっとしたディスプレイ用の棚があるといいなって思うことありませんか?
私もずっと壁掛け棚を設置したい部屋のコーナーがあり、ちょうど良いサイズの市販品を探していました。
無印良品にも素敵な壁掛け棚の商品がたくさんありますし、他にも探せば色々あると思います。
探した結果、設置したい壁の広さ、飾りたいもののサイズ、棚の幅、奥行など、わがままなイメージにピタッと一致するような市販品は結局見つかりませんでした。
そんなに難しいものでもありませんし、ちょうど別の作品を作成する端材が使えそうだったので、自作することにしました。

材料

まずは木材のカットです。
1820×910 18mm厚のパイン材を近所のホームセンターで購入、カットもしてもらいました。
近所のホームセンターでは4,000円くらいで売っています。
別の家具を作成するのに余ったスペースを有効活用すべく木取図を考えました。
コーナー部分は斜めカットが必要ですが、近所のホームセンターでは斜めカットはやってくれません。
自分で丸ノコを使用してカットしました。

組立

組立はカットした木材にダボ用の穴を加工してねじ止めするだけ。
ダボは木工用ボンドを縫って押し込み、ダボ切のこぎりを使用して切ります。
角を鉋で面取りをし、仕上げはサンダーを使って表面を仕上げます。
このあたりの作業が非常に地味ですが、見た目の高級感につながります。

設置

壁への固定は、「キーホール吊り金具」というものを使いました。
棚の壁との接触面に3mm程度座グリ加工をし、キーホール吊り金具をねじ止めします。
座グリ加工は木工用の座グリドリルを使い、ドリルガイドのストッパーによる深さ方向の制御をしながら加工しました。
キーホール吊り金具のピッチに合わせて、コーススレッドを壁にねじ込みます(石膏ボードの場合は、ボードアンカー使用)。
コースレッドのねじ頭がキーホール金具にはまり込み、固定出来ます。

以前コーナー棚ではなく、ストレートの壁掛け棚を作製したときは、キーホール吊り金具とコーススレッドのピッチを合わせるのにそれほど苦労はありませんでした。
今回のコーナー棚では、同じキーホール金具を3箇所としましたが、この位置合わせに非常に苦労しました。
キーホール吊り金具は2方向からの壁掛けには向いていないかもしれません。
壁掛け棚は「ハングマン」のような商品もあることが後で分かり、今回のコーナー棚は こちらを使うべきだったなぁと思いました。
今回は繰り返しキーホール吊り金具の位置の微調整を繰り返し、なんとか設置することが出来ました。

まとめ

ディスプレイしたかった毛糸を設置した状態です。
イメージしたとおりのものが出来て満足です。
コツはつかめたので、今後のこのパターンで壁掛け収納を増やしていこうと思います。

  • 16302
  • 68
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー