1台で何役でも??? ソーホースを作って作業台兼テーブルをDIY♪

DIYをするにあたって、あると何かと便利なソーホース。
しかし、市販の物を購入すると¥2000〜位はしてしまいます( ̄▽ ̄;)

なので今回は簡単なソーホースの作り方から使用例を紹介してみたいと思います(^ー^)

  • 19676
  • 312
  • 1
  • いいね
  • クリップ

ソーホースとは?

ソーホースというのは、直訳すると木挽き台といわれるもので、木を切ったりするときに使う台です。

木工房では材料置きとして使っている人は多いと思います。

構造はいたって簡単で、4本の足が斜めに出ているもので、見た目が馬のようなのでソーホース(のこぎり馬)ナンデス(^ー^)

材料です。

ソーホースの作り方は様々あると思いますが、今回は一番簡単な?ソーホースブラケットを使って作成してみます。

これはホームセンターで¥800位で手に入ります。
一箱でブラケット×②入ってますので、これを2つ使用します。

○脚に使う2×4材が8本。
(ブラケット一つに対して2×4材を2本使います。)
今回は70cmの高さにしました。

○渡しに使う2×4材が2本。
(これの長さでソーホースの幅が決まります。)
今回は60cm幅にしました。

○テーブル作成に使う1×4材。
(これは作りたい物合わせて用意願います。)

写真は全てカット済みになります。

今回は屋外仕様にしたので定番のキシラデコール。

防腐剤入りの塗料は沢山ありますが、金額と性能を考えるとこれが1番です(^ー^)
(知り合いの塗装やさんが言ってました(笑))

作業開始です🎵

まずは脚に使う2×4材にキシラデコールを塗ります。

今回は白(ワイス)で。

キシラデコールは比較的乾くのが早くて扱いやすいですが、それでも乾燥に少し時間がかかるので。。。

塗装→ウェスで拭く→塗装→ウェスで拭くを繰り返します。
この方法でやる事により塗料が染み込み、乾燥時間も短縮出来ます。

今回は二度塗りで止めましたが、プロに聞くと3回やるとかなり効果が上がるみたいです(^ー^)

乾いたら。。。

後は簡単♪
ブラケットに2×4材を差し込むだけです(^ー^)
ストッパーが着いてますので、そこに当たるまで差し込みます。

このブラケットは2×4専用設計なので何も難しい事はありません。

写真の様に一つのブラケットに対して2本の2×4材を差し込みます。

奥まで差し込んだら、ブラケットの脇に開いている両側4ヶ所の穴にビスを打ちます。

ビスの長さは25mm〜35mmあれば問題ないと思います。

これを4セット作ります。

写真の様に作った脚×②を並べて、渡しの部分の2×4材を上からはめ込みます。

横からみた写真です。

これも脚と同じ様に両側4ヶ所のブラケットの穴にビスを打ちます。

これを二組作ればソーホースは完成です♪

ちなみに渡しの2×4材に打ったビスを片側(4本)外せば折り畳める様になります。

こんな感じです(^ー^)

そんなに重量は無いので、持ち運び出来ますよ♪

テーブルの天板を作ります☺️

今回は単純に70cm幅にカットした1×4材を並べて、それを固定する為両側に板を渡しました。

サイズは70×90です。

ビスを打って固定します。

1×4材は殆ど加工する必要はありませんが、多少の凹凸は出てしまうので、表面だけサンダーをかけて研磨しました。

この作業は組んでからやりましょう!

脚部と同様にキシラデコールを塗りました!

これでテーブルの天板が完成しました♪

完成です♪ヽ(´▽`)/

ソーホースに天板を乗せれば移動式のテーブルの完成です(^ー^)

ちなみにわざわざ天板を作らなくてもベニヤ板を乗せるだけでも簡単なテーブルになりますよ♪

後はお好みでステンシルなどするとカッコ良くなります(笑)

最後に。。。

今回は簡単に出来るソーホースの作り方&使用例を紹介させていただきました( ̄▽ ̄)ゞ

DIYするなら一家に一組ソーホース!(笑)

使い方次第で作業台にもなりますし、テーブルにも早変わり!
可能性は無限大???だと思います(笑)

持ち運びも出来ますし、とても便利デス!

ご覧下さった方の何かの参考になれば幸いです!

最後までお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m

  • 19676
  • 312
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

一般的な建て売りを買って10年〜になります。流石に飽きてきたのでこちらの皆様のアイデアを参考にさせて頂き、DIYに励んでます(^ー^)初心者でも簡単に出来るDI…

おすすめのアイデア

話題のキーワード