アイロン台に早変わり!押入れアイロン収納ワゴンをDIY

長い間、不便だなぁと思いながら放ったらかしだった押入れの収納。
10年ぶりに、見直してみる事にしました!
整理して生まれた空間にピッタリのサイズで、アイロンとアイロン台を収納するワゴンを作りました^_^

これにより、アイロンをかける時に感じていた不便も解消♫
見た目も機能もこだわったDIYです。

  • 62875
  • 1082
  • 6
  • クリップ

我が家の押入れ収納

押入れの下段を、すのこで2段に区切りました。
すのこの上は、収納袋にタオルケットやシーズンオフのラグなどを収納。

すのこの下には、衣装ケース2つを置きました。
そして、中途半端に余ったスペースにピッタリの大きさで、今回アイロン収納ワゴンをDIYしました♪

キャスター付きで、ガラガラと引き出すと、こんな感じです。

アイロン台、アイロン、スチームアイロンを収納しています。

そして、このワゴンは、アイロン台にもなっちゃう♪
なかなか便利なワゴンでしょ!?^_^

材料

出ました!2枚で398円のすのこ。
これ、しょっちゅう使うので、我が家にはストックがある程です(笑)

その他
家にあった端材、蝶番(4枚)、アイアン風取っ手、キャスター(4個)

作り方

押入れの奥行きと、すのこ板の長さは、ちょうどなので、長さはそのままで使います。

板4本でできているすのこですが、幅は3本分でちょうどなので、1本分カットしました。(画像左側)

でも、板の間隔が大き過ぎるので、真ん中の板を外して、板2本を入れてビスで固定します。(画像右側)
板3本分の幅に、板を4本入れるので、間隔がちょうど良くなります!

これが、ワゴンの底部分になります。

すのこをDIYの材料として使う!〜解体の仕方から、すのこを使った作品集まで〜

DIYをしていく中で、必ず悩まされるのは、材料のコストがかさむ事。 下手したら、完成品を買った方が安いんじゃないかと思うこともあるぐらい、木材ってお金がかかりますよね。 そこで、私がかなりの頻度でDIYの材料として使うのが、すのこです。 すのこを上手に使ってコストをおさえ、さらに見た目もかわいく♬ 実際にすのこを使って作った作品も、ご覧ください(*^^*)

mirinamu

すのこ板の外し方については、こちら↑↑↑の記事をご覧ください。

続いて、側面を作っていきます。

すのこの端から23cmのところをカットします。(底面のすのこ幅、マイナス1cm)

何で!?って感じですが、後程説明しますね。

先程カットした部分は、裏側を蝶番で繋げます。

この時、すのこに元々付いていた横板の厚みが分厚くて、アイロン台を収納する時に邪魔になる事に気付きました💦
横板を外して、家にあった薄めの板を付け直しました。

最初に作った底部分と、次に作った側面を固定します。

L字金具を使って固定しました。
木材の接地面にボンドを付けて、頑丈に固定しましょう!

続いて、前面。
家にあった木材をカットして使いました。

横と底裏から、ビスを入れて固定しました。

キャスターを底裏の4隅に付けます。

今回は、この引き出しをアイロン台として使いたいので、ロック機能が付いていて、全方向に動くタイプのキャスターを選びました。

アイロン台を立てかける為、セリアの板を固定します。
カットせず、そのままの大きさ(45×15cm)で使っています。

先程と同じように、L字金具とボンドで固定しました。

前面の見えるところだけ、可愛くしましょー!(他はペイントしていません)

前面の板と同じ大きさにカットしたベニア板を、まず茶色でペイントし(セリアの水性ニスを使いました)、乾いてから白い水性ペンキを2度塗りします。

そして、彫刻刀で溝を彫ると…板が数本並んでいるように見えるでしょ!?


最後に、適当にヤスリで削ると、下塗りした茶色が見えて、いい感じに♡

簡単で安上がりなので、私はよくこの方法を使います(´∀`)

↑物置き小屋の扉も。。。

↑洗面台下の引き出しも。。。

↑トイレの腰壁も

同じ手法で、ベニア板を彫って作っています
(*´꒳`*)

白だけだとボーッとした感じに見えたので、茶色を加えてみようかな!?
やってみると、メリハリがあってGOOD♪

3.5cm幅の木材をワトコオイル(ミディアムウォルナット)でペイントし、ボンドで貼り付け、裏側からビス留めしました。

いつも、作りながらデザインはいろいろ変化します(笑)

最後に取っ手を付けました。

これで、出来上がり〜!!

片側はオープンになっていますが、アイロンが落ちる事は無く、出し入れも楽なので、あえて付けていません。

アイロン台として使う!

長年愛用しているアイロン台。

とても使いやすいのですが、脚が短くて、台が低いのが難点でした💦

ビスで固定してある脚だったので、簡単に外す事ができます。
外してしまいましょう(*・ω・)ノ

サイドのすのこを折り曲げて、コの字型にします。
謎の蝶番は、ここで役目を果たします!!

ちょうど良い角度で止まるように、角材をストッパーとして付けています。

アイロン台の裏側に角材を固定しました。

土台に乗っけるので、コの字の木材を挟むように配置しています。

完成〜!!

アイロンを使いたい時に、押入れからガラガラと引き出して、好きな場所へ♪

テレビが見えるこの場合が定位置!

ラグの上だと、キャスターのロックをかけなくても動きません^_^

思っていたよりも安定していて、高さも程良い♪

今まで低いアイロン台で、地べたに座ってアイロンかけていたのは何だったんだー💦

作って、本当に良かった〜(o^^o)

長々とお付き合いいただきまして、ありがとうございました(*´꒳`*)

手を抜けるところは抜いて、見える部分は可愛く♡をモットーに(笑)これからも、DIYで住みやすく大好きなお家を作ります!
またご覧いただけると嬉しいです😊

日々の暮らしや最新のDIYはこちらに投稿しています。↓↓↓

  • 62875
  • 1082
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード