[DIY]収納木箱をつくる。【メタルラックと組み合わせる】#2

前回に続きメタルラックの活用方法として、今回は収納ボックスの木箱を作っていきます( ˊᵕˋ* )
大きめで、浅いサイズのものです。
雰囲気は我が家の他の家具ともなじみの良い黒×茶で作りました♡
材料も主に100均で揃うものと端材を利用して作りましたヽ(*´∀`)

  • 42301
  • 335
  • 0
  • いいね
  • クリップ

はじめに。

概要のとおり、今回もメタルラックをより活用するためのDIYです(*´꒳`*)
わたしの選んだメタルラックは奥行きが45㎝あり収納量があるのですが、
そのまま収納すると奥のものが取りにくいかなーと。
なのでスライドシェルフを選ばせてもらい、さらに仕切りの役割として
大きめサイズの木箱を作ることにしました♡

◎制作当時はキッチン脇で使っていたので、前回の分別ゴミ箱の上に配置して
ポリ袋やゴム手袋などゴミ出しに使うものの収納や、
常備(防災も兼ねて)しているレトルト食品の収納に使っていました( ´ ▽ ` )ノ

◎現在はアトリエ(キッチン奥のわたしの部屋)で使っているので
ビス(ネジ)をまとめて収納したり、コピー用紙・ウォールステッカーなどの
大きめの紙類などの収納に使っています。


++++++++++

前回の分別ゴミ箱のアイデアはこちらを♡↓

完成はこちら。

前回の分別ゴミ箱と雰囲気を合わせて、黒×茶で作りました。
大きさは各30cm×45cmと、セリア木材の合板のサイズに合わせています。

スライドシェルフのまま引き出す事も、木箱だけを引き出す事も出来ます(*´꒳`*)
手前を少し変則な作りにしていて、取っ手の役割も兼ねています♡

奥行きがあるので、大きめのゴミ袋もそのままポーンと入れておけます。
かさばるレトルト食品もまとめて入れておける大容量のサイズ感ですヽ(*´∀`)


〔難易度 ★☆☆☆☆〕

今回は難易度1です( ´ ▽ ` )ノ
緩めにみても難易度2ぐらいの初心者の方にオススメ作品です♡
カット数もなるべく少なくした、基本の木箱の作り方と同じですよ〜

木箱は作れると色々と応用が効くので、ぜひチャレンジしてみてほしいDIYです。
わたしも何度も木箱作っていますよ〜(*´ー`*)

材料。

【メイン材料】(木箱2個分です)
・セリア合板×2
・セリアすのこ・・・45cmのものを4セット
・1×4材端材(30cm弱のもの)×4
・1×3材端材(30cm弱のもの)×2
・1×2材端材(30cm弱のもの)×2
・ゲタ用(ボックス角に使う当て木)端材×8・・・角材や3角材でも大丈夫です。

【パーツ類】
・セリアプレート×2
・ネジ・・・固定用のサラネジとオメカシ用のトラスタッピングネジ
・こびょう

【道具類】
・のこぎり
・電動ドライバー&ドリル(手動でも)
・ミニハンマー
・ボンド(なくても大丈夫)
・やすり(気にならない方は省いてもOK)
●すのこ解体用●
・ゴムハンマーか、プラスチックハンマー(100均でも売っています)
・ペンチ(こびょうの支えにも使えます)

【塗装道具類】
・お好みの塗料
今回の場合は・・・
・ワトコオイル/ダークウォルナット
・ツヤなしブラック

・刷毛
・ウエス
・下敷きシート(ビニールシートでも段ボールでも)

+++++

詳しいSPF材(1×4材など)のサイズは下記クリップを。↓

つくりかた。

セリアのすのこはそれぞれ裏の細い木を外して、バラバラにして使います。
ゴムハンマーなどでトントンと叩くと割と簡単にバラせますヽ(*´∀`)
◎詳しいすのこのバラし方は後日書く予定です。

画像では塗装最中になりますが・・・

◎すのこはカットなしでそのままの長さで使います。

◎各SPF材は30㎝(セリア合板のサイズです)から、すのこ2枚分の厚みを引いた長さでカットしておきます。

◎ゲタ(角の支え用板)の長さは、1×4材と1×3材の高さと同じになるようにカットしておきます。

塗装後、よく乾かしておきます。

組み立てていく。

側面を作っていきます。

今回ゲタに使う板がすのこ端材と薄いもののため、ちょっとだけ変則的なんですが。

長さカットなしのすのこに、前板(後板)の厚み分ずらした位置にゲタを取り付けます。
板を当てがって位置を決めると固定させやすいです♡
ボンドで貼っておいてからネジ固定させる方がズレ防止&補強になりますよヽ(*´∀`)

※ネジ固定と書いているところは、下穴をあけてからです。
すのこは割れやすいので、下穴をあけてからの方が割れにくいです。
もしくは手動でゆっくり固定させるのもいいですね(*´꒳`*)

両端同じ要領でゲタをネジで固定していきます。

◎これは内側にくる部分になりますヽ(*´∀`)

さらに1箱につき、2セット作っておきます。

先ほど作った側面と、前板・後板を合わせていきます。

こちらは好みですが、こびょう(釘)もしくはネジで固定していきます。
上画像はこびょうバージョンです。

一応、ネジ固定バージョンを。笑

◎前板は底(下)に合わせて1×4材を1枚のみ固定させます。

◎後板は1×4材と1×3材の2枚をを固定させます。(画像参照)

側面、前板、後板を組み合わせて四角い枠が出来たので
次は底面を取り付けていきます。

枠の下にセリア合板を合わせてこびょうで各所固定させていきます。

◎こびょうは細いのでペンチで支えてミニハンマーで少しづつトントンすると
打ち間違えしにくく、手など打つ危険もないですよ♡

仮完成。メタルラックと組み合わせてみる。

前板にセリアのプレートをトラスタッピングネジで固定してオメカシします。

これで完成予定でした。
とりあえず、メタルラックと合わせてみましょう。

スライドシェルフに並べてみます。

スライドは全部出切らない仕様になっているため、取り出しやすいように
前板を少し変則にしたわけです。

修正しようと思ったのは、これです。

画像ではまだたいして収納していないため、わかりずらいのですが・・・
前板が低いため、レトルト食品を収納したらパッケージが丸見えに(。-_-。)

せっかく隠す収納ボックスを作っているので、もう少し見えにくくしたいなぁと。
(見える方が分かりやすいって方はこのままで完成ですよ♡)

簡単修正。引き出しバーを取り付ける。

先ほどのボックスをもう少し目隠ししつつ、
ボックス自体を引き出す時に便利なバーを追加で取り付けていきます。

取っ手をつけなくてもボックスの引き出しが楽になります♡

1×2材の端材は前板と同じ長さでカットし、ツヤなしブラックで塗装しました。

ボックス側面の上に合わせて、前板と隙間があくような位置に固定します。

たったこれだけなんですが、
ほどよく目隠しでき、黒のバー部分を取っ手のように掴んで
ボックスのみを引き出すことも楽になりますヽ(*´∀`)

特にスライドシェルフと組み合わせない場合は、ボックスを引き出す事になると思うのでオススメです♡

完成。再びメタルラックと組み合わせる。

大容量木箱(ウッドボックス)の目隠し収納の完成ですヽ(*´∀`)

黒の分量も前回の分別ゴミ箱と合っていて、わたし好みに仕上がりました♡

側面にすきまが空いているので、常温保存のお野菜の収納などもいいかも〜(*´∀`*)
ボックス自体もそれほど重くないので引き出すのも楽ですよ♡

サイズを変えて細長い奥行きのあるボックスを数個並べるのもまたいいですね!
(他の段用に現在制作中です)

おわりに。

今回もメタルラックとの組み合わせDIYでしたが、
木箱自体は他の場所でも使えますし、ぴったりサイズの収納ケースがない〜って時に重宝します♡

ものによっては安っぽく見えるプラカゴと違って見せながら(飾りながら?)収納できる木箱。
ウッドボックス、りんごボックス、キャベツボックス、ポテトボックスなどなど
様々呼び方はあると思いますが基本的なボックスの作りは同じだと思いますヽ(*´∀`)

現に、我が家の唯一ある【見せる大型収納】は大工さんに造作として作っていただいたのですが
そこにもDIYした木箱を使って収納しています♡
◎その木箱は初心者講座で書こうかな〜って思っています。

そして今後、ウッドボックスを数個使って収納家具(主におもちゃ収納)をリビングに作る予定です。
大型家具となると難しい〜、時間がない〜ってなる場合も
ウッドボックスを組み合わせるものなら少しづつ作っていけるかなーと思ったからです。
(実際、現在は息子の幼稚園イベントやら満載でほんとに時間がない〜)

またその時はアイデアとして投稿したいと思っています♡

といった、場所に合わせてサイズを変えて作れる、欲しいサイズで収納できる
木箱・ウッドボックスはほんとにオススメなので
DIYの手始めにでも作ってみてくださいヽ(*´∀`)
(メタルラックとの相性もいいよ〜♡)


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 42301
  • 335
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

本格的過ぎないものから家具まで、DIY・リメイクを楽しんでいます。男前なものが好みで、主に茶×黒×シルバーなどの作品が多めです。H28年末に念願のマイホーム完成…

おすすめのアイデア

話題のキーワード