homifyのマガジンで紹介されたデュアルカウンターキッチンとは

homifyから
マガジン掲載のお知らせを受けた
システムキッチンの施工例をアップしました。

選出された理由は、
デュアル(複合的)なキッチンTOPが材質の選択もいろいろとできる点や、
衛生的にも良いということらしいです。

写真とともにCAD図面をごらんになり寸法を確認して、
キッチンのプランニングの参考にください。

homifyのマガジンで紹介されたディアルカウンターキッチン

homifyから
マガジン掲載のお知らせを受けた
システムキッチンの施工例をアップしました。

選出された理由は、
デュアル(複合的)なキッチンTOPが材質の選択もいろいろとできる点や、
衛生的にも良いということらしいです。

以下のボタンからサイトをご確認いただけます。

ステンレスのカウンターにこだわりました

このキッチンのプランニングの柱となった部分は
まさにステンレスのカウンター部分のデザインでした。

ゲストが家に招かれた時に
一番最初に見る部分はキッチンの背面なわけですから、
ただ腰壁とするのでは意外性もなく、
さりとてキッチンカウンターが見えすぎることも考える必要がありました。

好きなアングルはこれ!

このキッチンのプランニングをしている時に
思い描いた形はまさにこのアングルです。

ステンレスの使い方に注意をする

デザインの「やりすぎ」にはいつも注意をしています。

ですからこのプランにおいてもできるだけ抑えたデザインにしたつもりです。

シックな材質が空間の引き締めに成功しています。

自分にとっての
隠れたベストショットです。


じつは鏡面の部分は、ただカラーを塗ったわけではなく、

ゼブラという材質の目が光の当たる角度によって浮き出て見えるものとなっています。
これは写真では表せないものの一つです。

図面をごらん下さい

いくら写真を見ても実際の寸法はわかりませんので、
こちらで図面を用意しましたのでごらん下さい。


LINE@始めました【友だち登録特典を用意しました:知らなきゃ損する家づくり ほか】

LINE@友だち登録特典 1.知らなきゃ損する家づくり:後悔しない為の知識  【家の打ち合わせの時にこのファイルをお持ちください】 2.フロート式TVボード価格表 3.システムキッチン、洗面化粧台、TVボード設計例多数公開 4.TVボード製作・設計ポイント動画集

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始(条件付き)】

「TVボードに脚なんて必要ない」 と常日頃から感じ続け、なければ自分で作るしかないと思ったことが このフロート式(浮いている)TVボード開発のきっかけでした。 2004年に開発し、ハウスメーカーのモデルハウスで発表して以来 多くの家に設置されてきたk-design開発のフロート式TVボードですが、 いままでごく限られたエリアのお客様しか実現ができないものでしたが、 ご依頼主の家の工事を請負うハウスメーカーや建築会社のご協力のもと 全国への展開が可能となったことで踏み切ることができました。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

みんなの投稿コンテスト