こたつだってカッコよくキメたい!こたつ天板をDIYで作っちゃおう!

コタツが恋しい時期になってきましたが、一般的に販売されているコタツ天板のデザインは、せっかく頑張ったインテリアの邪魔をするな・・・と思ったので、こたつ天板を作ってみました。

(2016年1月施工)

  • 37518
  • 208
  • 3
  • いいね
  • クリップ

材料

天板サイズ 750mm x 750mm

・SPF材
   1×4 8本、1×2 1本

・ダボ

・木工用ボンド   

・ビス

・フラットバー

・ワックス又はオイルなど

コタツ天板を作る!



コタツ天板の作り方は色んな作り方がありますが、今回私はダボ継で天板を作っていきました。

まずはマーキングし、ダボを入れる穴を開けていきます。

合わせる板の接合面は必ず同じ位置になるようにし、また斜めに穴を開けないよう、しっかり固定して真上から穴を開けていくように気をつけます。


ダボ穴を開けたらダボを差し込み、接合面に木工用ボンドをつけて当て木をし、金槌(または木槌)で叩いてしっかり接合します。

その際、木工用ボンドがはみ出してきたら、濡らした布で拭き取ってくださいね。


どんどん接合していきます。


すべて接合出来たら、ベルトクランプやハタガネなどでしっかり圧着し一晩おきます。

一晩たったらベルトクランプなどを外し、塗装します。

私は最初ワトコオイルのダークウォルナットを使用しましたが、SPF材(サンディング済)になかなか色が入っていかず、思ったような色にならなかったので後々塗装しなおしました。

SPF×ワトコオイルの組み合わせは薄めでナチュラルな仕上がりになりますので、渋めのお色味をお考えでしたら、他の板×ワトコオイルまたはSPF×他の塗料でお考えになった方がいいかと思います。



次は反り防止のため、天板をひっくり返して裏面にフラットバーを取り付けます。

これにて完成です!

Before



元はこういう天板でした。

徐々にお部屋のDIYが進んできてたので、既存のコタツ天板が周りから浮いてきていました。

After


周りと馴染んだコタツ天板になり大満足♪

だが、しかし・・・!!


一か月使用してきて、板がスルメのように反ってきてしまいました。

残念ながら、フラットバーだけでは板のスルメ化を抑えることができなかったようです。

最初は見てみぬふりをしていたのですが、やっぱり気になったので修正することに。

画像のように、両端を30mmカットしました。

カットしたサイズと同じ幅と長さの板を小口に沿わせ接合します。


小口にしっかり接合できました。

これ以降板が反ってくるようなことはありませんでした。

ここまでが、2016年1月時点でのことです。



シミが出来てしまった


コタツ天板をその後使用していると、シミが出来てしまいました。

数日前にコタツを出す際に天板のシミが気になったので、サンディングしてシミを取り除き再度塗装。

さらに、シミ防止のため水性ウレタンで塗装しました。

画像は塗りたてでまだ乾燥していませんが、手前の板、うっすらと膜がはっているのがわかるでしょうか?

ツヤなしのマットタイプを選びましたが、若干のツヤは出ています。


乾燥後です。

言われないと分からない程度なので、ツヤツヤでインテリアの邪魔をする・・ということはありません。



完成!


これにて完成です!

最近はコタツ天板をDIYされる方が増え、DIYの方法も色々あります。

私の作り方は一例ですが、失敗も含めて書きましたので、今シーズンはコタツ天板作ってみよう!と思っている方の参考に少しでもなれば嬉しいです。



LIMIAからのお知らせ

楽天ポイント最大50%還元♡楽天スーパーDEAL!
人気ブランドから日用品までポイント高還元!毎日更新中!

  • 37518
  • 208
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

築40年のマンションをセルフリノベーション中!DIYやリメイクで「カッコイイ」を作ってます。2015/3/15 DIY START!2016/1/15 LIMI…

おすすめのアイデア

話題のキーワード