DIYで昭和な古いトイレを快適にしちゃいます。その2 クッションフロアを張る

前回繊維壁に壁紙を張りました。
お次は床のタイル。
冷たいですし、ピンクのタイルはちょっと…
というわけでタイルの上にクッションフロアを張ります。

両面テープで貼れば賃貸の方でも大丈夫です。
現状回復できます。

  • 45528
  • 177
  • 7
  • クリップ

まずはbefore

汚画像スミマセン!
これはまだ清掃前なので便器もすごく汚いですよね…

因みにこのトイレ、くみ取りトイレで、簡易水洗の便器がついてます。

便器の周りもけっこう汚れていたので、まずはお掃除しました。

クッションフロア張るときはトイレに這いつくばって色々するのでまずはきれいにしなくちゃですね。

トイレの床面の型取りをします。
私は新聞紙でやりましたが、もう少ししっかりとした紙の方が後々やりやすいかもしれません。
大雑把にせずに、きっちり型を取るようにしましょう。
便器の周りはやりにくいかもしれません。

この作業が一番大変です。

型紙を取り出して、裏返します。

それをクッションフロアの裏面に合わせて、カッターでカットします。

ここを丁寧にカットすると後が楽です。

トイレの床面に両面テープを貼っていきます。
便器の周りは面倒ですが少しずつカットして、こんな感じで周りをぐるりとつけてください。

ただ両面テープは空気が入りやすいかもしれません。

クッションフロアの便器の奥の方を便器に向かって一ヶ所カットして、仮置きします。

ここでサイズがちゃんと合うかきっちり確認して、大きすぎるところは調整してくださいね。

実はこのあと一気に張っちゃったので途中写真がなくて申し訳ないのですが、
まず奥の半分の両面テープをはがして半分だけ貼って、そのあと手前半分をまた両面テープはがして張りつけました。

あまりキレイな画像がなくて申し訳ありませんが、張れました。

空気が入っちゃったので、やり直したりしましたが、やはりトイレはまっすぐじゃないので難しかったです。

違うところでもっと上手になってからやれば良かったかな…というのが正直な感想です。

今回使ったのはホームセンターでどこでも手にはいる安価な木目柄のクッションフロア。

値段も2000円しません。

プロに頼むとある程度かかりますので、お安くはできるかとは思います。

空気が入った場合なんですがカッターで少し切り目を入れて、そこに両面テープを少し入れて再び閉じればましになります。

賃貸でない場合はスーパーボンドで張っちゃった方がきれいに仕上がります。
ホームセンターで1000円弱位で売ってます。

次は壁面のタイルの部分にクロスを張ります。

  • 45528
  • 177
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード