本物に見間違える?!リアルなモザイクタイルシールでキッチン壁を簡単改造!

  • 95578
  • 1578
  • 22
  • いいね
  • クリップ

はじめまして。
今日は我が家のキッチンの改造の
お気に入りの一つ
タイル壁について説明したいと思います。
我が家は築28年の賃貸マンションで
作りがとにかく古い!
そして所々直されているので木の色も
違っていたり賃貸によくあるダサい
色のキッチンです。

入居時のまっさらな状態です。
よくわからないあまり素敵とはいえない
色のタイルが前面にある初期です。

入居時は意気込んで
はがせる壁紙やマスキングテープを使い
それっぽく改造しました!
これはこれで遠目からは気に入ってましたが
元々がタイルなので凸凹に合わせて
壁紙シールが凹むんです。

ボコボコとタイルに合わせて
うっすらと凹んでいるのわかりますか?
これが洗い物をしてても料理をしてても目に入ると料理のモチベーションも下がってしまっていました。
写真ではあまりわからなくても
住んでいる人間には丸わかりなんです。
結局壁紙のようなシートはどれを使っても
凹凸がわかるよな...
と悩んでいたところに
そんな時にdream stickerさんの
モザイクタイルシールに出会いました!
全てに使う勇気はなく、まず
洗い場前だけ少し使って見て
本物そっくりな見た目に感激し、
全面に使って見ることにしました。
追記【今回ははがせる壁紙の上から貼りました。最初に貼る場合はマステを貼り、その上から貼るのをお勧めします】

まず壁の面積を図り
必要枚数用意します。
失敗や測り間違いを考えて
少しだけ多めに。
こちらのシールはリメイクシート
などと違い一粒ずつ貼り合わせても
ほとんど目立たないので
多めに頼む量も普段より少なくで
済むと思います。

必要な部分をカットします。
この時端の部分が半分で切る場合
あとでカッターではなく
この時点でハサミで切ります。
(少し大きめに切ってください)

そして慎重に貼っていきます。
シールとシールの合わせ目は、
上に重ねて貼る方のみ、
少しカットして下さい。
それをしないと、シールのつなぎ目が
どこだか目立ちます。

この部分です。
ここの処理をしっかりすると
出来上がりが格段に綺麗になります。

カットしない場合
このくらい空きます。
目立ちませんか??

ちゃんとカットした場合
この場所で三枚貼ってあり
二箇所のつなぎ目です。
わかりますか?
一枚のシールみたいになってます。
つなぎ目は今でもよく探さないと
わからないです。

これを繰り返して全て
貼っていきます。
神経を集中させるのは
タイルの位置がズレないように
というところだけです。
リメイクシートと違い、空気が入る
などの心配がないため
慣れていなくても綺麗に貼れます。

そして全て貼り終わりました。
最初に言っていた、端の処理は
シールを剥がす前に合わせて
カットしながら合わせていくことです。
ぴったりになったら貼ります。
貼ってから、大きかったからカッターで。
というのが、このシートは難しいです。
ハサミで切りながら合わせて
ジャストになったら貼るのが確実かつ
失敗もありません。

そうして完成した壁がこちらです。
本物のタイルみたいです。
油ハネを拭いたりできるので
そこもポイント高いです。
賃貸だから、タイル壁を諦めてた方も
これを機会にキッチンの簡単改造
して見てはいかがでしょうか?

  • 95578
  • 1578
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード