コンパクトで便利なメイクBoxを端材でDIY

メイク道具の収納、みなさんどうされてますか?!賃貸の我が家はドレッサーなんか置き場所はないし、サニタリーでメイク、も寒い❄️(笑)結局、いつも朝のテレビ番組見ながらメイクしてます。(笑)手に取りやすく片付けやすい場所にしまうのが一番いい収納方法。そこで小さな可愛いメイクBoxを作ってみました。キャスターもつけたので好きな場所に移動も楽々です♡工程をまとめてみました。

  • 35437
  • 279
  • 0
  • いいね
  • クリップ

材料

今回、私は自宅にあった端材を、つかいました(笑)端材をボンドで接着したり、また出ましたタンスの一部なんかもあります(笑)

材料から準備する場合はこちらの大きさです。

*板材     ①305mm×202mm   ×2
              ②305mm×150mm   ×1
             
 *1×4材(少し厚みがある板が作りやすいです)
              ③175mm×135mm  ×1  底部分
* 板材、ベニアなどでも
              ④175mm×135mm   ×1 棚部分
*板材 
              ⑤215mm×175mm  ×1
              ⑥115mm×175mm  ×1 蓋部分
*角材    (10mm角ほどの角材)
           ⑦ 165mm  ×2        引き出し中支え
           ⑧ 96mm ×2           
*角材     (25mm×15mm角ほどの角材)
           ⑨105mm  ×1    取っ手裏補強
           ⑩150mm ×2    ミラー受け

☆セリアのブリキBox ( 箱だけ)
☆ダイソースライド式ウッドボックス(箱だけ)
☆サドルバンド
☆フォトフレーム   180mm×130mm
☆蝶番 2個
☆キャスター4個

こんな感じです。参考までに(^^)

作り方

もうわかりやすく写真に番号ふりました٩( ᐛ )و
材料の番号通り写真の様に、ボンドやビスでとめていきます。 まず本体です。

次に蓋部分を作ります。 二つの板をビスどめ。

☆蓋天板に使用した板がカーブあったのでカーブにそって角をおとしてます。これはお好みなので

セリアのスライド式ウッドボックスのフタを外したものがよいサイズでしたので(笑)自宅にあったこちらを引き出しにすることに、、
この 確かダイソーだったと思いますフレームがぴったり同じ大きさなのです♡
フレームのガラス部分を取り除き、
裏板だけにして
フォトフレーム本体と裏板を
ボンドで接着したものを前板にします。
それとウッドボックスをボンドでまた接着します。

準備した角材を写真のようにそれぞれビスやボンドで固定します。

1段目の棚板側面の上から3cmくらいのところに、印をつけて角材を両端にボンドとビスでとめます。フレームの裏の支えの角材めがけて(笑)表側からサドルバンドをビスどめしました。これが取っ手のかわりです、お好きなもっと可愛い取っ手つけてもいいですね(*^^*)

フタ部分を蝶番で固定し、裏にキャスターをつけたら、形は完成です♡
端材で作っただけあって、まだみすぼらしいですが(笑)天板なんかタンス感満載ですね(笑)
これからペイントしていきます٩( ᐛ )و

ペイント

軽くヤスリがけしたら、今回はアイボリー系にペイントしました♡ペンキで塗って
それをちょっとJUNKな感じに、、


アクセントにステンシルを入れたら、、

完成

小さくて場所取らなくて便利なメイクBoxができました♡メイクしたい場所に転がせば(笑)(=´∀`)人(´∀`=)とても便利✨ソファに座ったときオットマンみたいにもなる、すごい小さいですけどね(笑)小さいから便利です♡

開けたらこんな感じです(*^^*)
フタあけたところにつけた角材のとこにミラーをさしこめて、引き出しがわりのセリアのブリキBox♡
一番下の引き出しには化粧水など背の高いものも入るように(*⁰▿⁰*)女性にとっては毎日のメイクも楽しく、とても使いやすく便利になりました♡

いつもご覧いただき、ありがとうございます😊

  • 35437
  • 279
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード