【冬の寒さ対策】奥行4cmで取付けできる内窓《楽窓Ⅱ》で簡単断熱リフォーム♪

だんだん冬に近づき、窓辺の寒さが気になりませんか?そんな気になる寒さに、額縁の奥行がわずか4センチで取付けできる断熱内窓《楽窓Ⅱ》をご紹介します。

  • 6337
  • 32
  • 0
  • いいね
  • クリップ

そもそも「内窓」「二重窓」って、何?

窓の内側に取付ける第二の窓、内窓《楽窓Ⅱ》

「内窓」とは、窓の室内側に取付ける第二の窓のこと。窓についている額縁に取付けられます。窓辺を二重にするため「二重窓」とも呼ばれます。

窓に内窓を取付けて二重窓にすることで、窓と内窓との間に新しい空気の層ができます。この空気層が、高い断熱効果を発揮して、窓から伝わる冷気を部屋に伝わりづらくします。窓から伝わる外の冷たい空気が部屋に伝わりづらくなるだけでなく、部屋の暖かい暖房の空気を外に伝えづらくし、空調効率を高めることができます。

室内と室内との間に新しい空気層をつくることで、窓辺の断熱効果を高める

〔一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会 省エネルギー建材普及センター〕の「省エネ建材で、快適な家、健康的な家」によると、住宅(※)の窓やドアから、冬は熱の流出が家全体の58%、夏は熱の侵入が家全体の73%もあるそうです。窓辺やドアなどの開口部からの熱の流出と侵入の防止は、快適に過ごせる部屋づくりに必要な条件といえそうです。
※壁・屋根に断熱材を使用している住宅。

季節を問わず、冬も夏も窓から多くの熱が出入りする

奥行き4cmで取付け可能! さらに、割れない丈夫なパネルで安心!

《楽窓Ⅱ》は40mm(4cm)で取付け可能

《楽窓Ⅱ》は、たった4cmの幅があれば取付けできる省スペース設計。パネルには丈夫で軽い「ポリカーボネートパネル」を採用しています。

ポリカーボネートは、カメラや双眼鏡などの屋外で使う製品にも使われるほど衝撃に強く丈夫な素材です。また、透明性が高くガラスよりも軽いので、最近では新幹線の窓にも使わるようになりました。そんなポリカーボネートを使った障子は、とっても軽いので開け閉めの操作が楽!なんです。

また、額縁の奥行きがたった“4cm”あれば取付けできるので、築年数の長い住宅でも「ふかし枠」を取付ける必要がありません。「ふかし枠」とは、額縁の奥行きの足りない分を付け足す枠のことです。ふかし枠の幅によっては、カーテンレールを付け直さなければいけません。でも4cmで取り付けできる《楽窓Ⅱ》なら、4cmで取り付けできるので、カーテンレールもそのまま使うことができます。

豊富なバリエーションの《楽窓Ⅱ》で快適な空間づくりを

設置は、一般的な引違い窓に対応した「2枚建タイプ」、「3枚建タイプ」、「4枚建タイプ」と、開かない窓(FIX窓)や開き窓にも対応した「FIXタイプ」、「上げ下げタイプ」もあります。

光を取り入れるために廊下や階段に設置した縦すべり窓が、寒い季節になると冷気の入り口になり「部屋は暖かいけれど廊下が寒い!トイレまでが寒い!」とお悩みの方も多いのでは?そんな窓に《楽窓Ⅱ 上げ下げタイプ》を取付けると、ガラスを通して伝わる冷気を防いでくれます。また、夏場などの風を取り入れたいときには、上げ下げ式なので、一般的な内開きの内窓に比べてとっても快適に使うことができます。

内開きの内窓だと、窓を開けた時に危険!《楽窓Ⅱ 上げ下げタイプ》なら安全

寒さ対策、窓辺の断熱性能向上……と省スペースで解決してくれる《楽窓Ⅱ》。〔セイキ販売〕が送る冬のアイテムに、この冬、ご期待ください!

  • 6337
  • 32
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

住宅設備メーカー

網戸メーカーのセイキ販売です。網戸だけでなく、シェードやハニカムスクリーンなどの窓まわり製品から樹脂製デッキ・エクステリア建材に至るまで、お客様の“あったらいい…

おすすめのアイデア

話題のキーワード