築38年のアパートをクッションフロアで変身!費用も施工も丸わかり★

友人が越したアパートが築30年越えのアパート!リビングが畳はちょっと…というわけで話題のクッションフロアを敷いてみることに★施工法、施工面積、そして気になる費用も丸わかりです!

  • 83121
  • 821
  • 7
  • いいね
  • クリップ

部屋の中の床や壁など、面積の大きい箇所を変えるとイメージがガラリと変わりますよね!
友人が引っ越した家はリビングが畳…
というかリビング無しの3DKという物件。
ダイニングと続き部屋を繋げてリビングとして使うことに!
その2部屋にクッションフロアを敷いてみました。

Before

こちらリビング側です。
バッグ…笑

こちらダイニング側です。
こちらもバッグ…笑

ダイニング側はフローリングですが、一部屋として使うとなるとやはり床の色は合わせたかったのでこの2箇所に敷いていきます。

クッションフロア登場!!

こちらが届いたクッションフロア12m。
結構大きいし重いです。
女性ひとりだと結構持つのは辛いです;;

色味は薄めのメープル。
節が多めで味のあるクッションフロアです!
想像以上に硬くてしっかりしていました。

敷いてみよう!

クッションフロアを敷くには

*粘着テープを貼る
*クッションフロアをカットする
*貼る←そのまんま笑

という3つの手順があります。

上の写真は畳部分に粘着テープを貼ったところ。
畳もフローリングも縁と真ん中に粘着テープを貼りました。

その際、万が一ずれてもいいように少し粘着テープを壁から離して貼りました。
これが大正解!!
カットのずれも多少ありましたがもともとの床の歪みもあり、少し離したおかけで粘着テープがはみ出ることはありませんでした。

ちなみにお手本にはなりませんが、多少の隙間があっても遠目から見るとわかりません。笑

こういう暖房がある部分などは赤い部分からカット。
こんな複雑な切り方は素人には難しい!
ということでこの部分は100均のタイルシートを貼ることにしました。

貼り方のコツとしては、空気を抜きながら貼っていくこと。
それくらいです!
貼るのは意外と簡単で、1番苦労させられたのは床の歪みでした;;

After

ちょいちょい無駄なものが写っていてすみません;;笑

Beforeから比べると部屋が明るくなり、少し広くなったようにも感じます。
初チャレンジの素人が貼ったので少し木目のずれや隙間ができてしまいましたが、そんなに目立たなかったです♪

ただ畳の縁のデコボコが結構目立ってしまいました;;
友人はおおらかなので気にしませんでしたが笑、気になる方は貼る前にベニヤなどで高さを調節すると良いと思います★

モノは大きいですが、作業はそんなに大掛かりなものではなくリメイクシートを貼る感覚でできちゃいました。

時間としては6時間ほどで貼り終えました。
ちなみに12m頼みましたが2mほど余ったので玄関にも敷きました。

費用

クッションフロアは楽天の壁紙屋本舗さんで注文しました。

施工面積 11畳+玄関&洗面3畳ほど
注文数  12m
金額   1195円(1mあたり)×12m=14340円
+1140円(消費税)
     +1800円(北海道への送料)
     +4000円(両面テープ55m)

トータルで21280円で施工できました★
自分でやると格安で済んじゃいますね!

最後までご覧頂きありがとうございました!


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 83121
  • 821
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

3歳の男の子✽うさ✽黒ねこのママをしています。.:*♡家族がほっとする暖かく寛げるような空間を目指して、夫婦でDIYを楽しんでいます。100均グッズの活用、雑貨…

おすすめのアイデア

話題のキーワード