ひとりで出来たよ!クッションフロアの貼り替えで築10年のキッチンが新築気分に!

ひょんなことからキッチンの床の貼り替えを決行することに!
糊付けなしなら、クッションフロアは女性でも簡単に貼り替える事が出来ます。
築10年のマンションですが、家族も驚くほどに蘇りました。

  • 98554
  • 224
  • 3
  • いいね
  • クリップ

冷蔵庫の交換で床が丸見え!

築10年のマンションに新築時から住んでいます。

大型冷蔵庫から小型冷蔵庫に交換したのが
今年の4月。

床が傷まないようにキッチンにマットを敷いたまでは良かったのですが
冷蔵庫の大きさに合わせてカットしていたので

なんと、床が丸見え状態に!

スチール棚の前は、マットが貼られていなかったので
10年分の汚れが目立っています。

どんなにインテリアを頑張っても
床が丸見えで、しかも汚れていては台無しです。

これはなんとかしないと!

ということで、丸見え部分の床だけクッションフロアを貼る事にし
180cm幅のシートを1m分だけ買って穴埋めする事にしました。

見えている部分だけリノベ

見えている部分にクッションフロアを貼って
あたかも以前からありますよ~とうようにしたかったのですが
購入先のホームセンターに
同じモノが売っていなくて色違いに…


ああ、なんということ…


でも仕方がありません。
あえての色違いという感じで貼り替え決行です。


以前のクッションフロアも、糊付けせずに置いただけなので
今回も置くだけです。
それでも動くことなくしっかり張り付いてくれます。

家具家電を、ほんの少し前方に移動させて

汚れを拭き取り、シートを置いていきます。

新品をカットするのがもったいないので
壁に添わす感じで、以前のモノを柄に合わせてカットしました。

ハサミでジャキジャキ切っていきます。

床の丸見えは阻止しました!

家具を置いてみると

出来上がったので家具を元に戻します。

あれ~?

なんか違う…。

以前のクッションフロアの汚れが倍増して見えます!

家族に再度お願い


貼り替えてから3日経っても気持ちが晴れず

(私がしたかったのは、こんな事だったのかな。
こんな中途半端な事がしたかったのかな?)

思い切って家族に相談し、全面張り替えたい事を説得しました。


「もう張り替えたい気持ちでいっぱいなんでしょう?
やってみたらいいよ」

とOKが出ました。

穴埋め分の1mは無駄になりますが、それを無駄にしないように。

リノベ・リベンジ・リスタートです!

ひとりでやる事に意義がある!

家族は仕事があるので、私一人で作業します。
というか、一人でやりたいのです。

私のわがままで張り替えるのだから
キレイになった床を見て
「すごいね!」と驚く顔を見たいのです。

冷蔵庫が小型になったことも頑張れる要因でした。
これなら一人で動かせます。

スチールラックは
食器などを一つずつ取り出せば、軽々動きます。

さあ、ガンバルぞ!

家具を移動して床だけになりました。

元のクッションフロアを剥がしてみると
10年分の汚れが溜まっています。
まずは掃除から開始。

床だけでなく、壁も埃が付いていますし
シンクの下は意外と埃やゴミが入り込んでいるので
丁寧に取り除きます。

キレイになったところで、やっとシートの登場です。

180×300をフルに活用

10年前も一人で敷いた事を思い出します。

その時は半分の幅のシートを敷いたのですが
今回は、180cm×300cmという
1枚の大きなシートと格闘します。

シンク下に合わせてシートを敷いていきます。

大雑把に切っているようですが
角はキチッと抑えます。

足りない部分は、継ぎ足しますが
模様を活かしてカモフラージュします。




完成です!!

やってよかった!

さあ、家具を元の位置に戻します。

これよ!これ!

私が求めていた光景はこれです!

一続きの床。

「すごいね!明るくて広くなった気がするね!」

家族の第一声です!

張り替えて良かった!喜んでもらえた!!


中途半端だった床が

ちゃんと一続きになりました。

出来栄えに一番満足しているのは私です!

無駄にはしません

初めの1m分や、カットして余った端材は
スチールラックで大活躍してもらいます。

上からの埃が入らないように遮断マットに
棚板の隙間隠しに

スチールラックは棚板に隙間が空いているので
シートを敷くだけでフラットになります。

いい仕事してくれました!

無駄なく全て使い果たしました。

「こうだったらいいのにな」を解決するのがリノベ

今回のクッションフロアの貼り替えは
冷蔵庫の入れ替えが無ければ
本来やらなくてもいい事だったのです。

いきなり小型の冷蔵庫に変更することになり
それによって床が露わになって作業することになったのです。

でも、そのおかげでいい事が沢山ありました。


汚れを見ないふりしてきた自分に決別できました。
新しい床になって家族が喜んでくれました。
10年という歴史を振り返る事が出来ました。
家を大事にしようと改めて思えました。
中途半端な仕事は中途半端な気持ちを生む事が分かりました。
まだまだ一人でDIYが出来るとわかりました。

やって良いよとOKを出してくれた家族に感謝です。


10年前の入居時に
(こんなキッチンだった良かったな)
という憧れがありました。

いろんなモデルルームを見学し
その中の1件にテラコッタのタイル張りのキッチンがありました。

(あのキッチンだったら良かったのに)

ホームセンターでテラコッタ使用のシートを見つけた時
このシートでなんちゃってテラコッタ床が出来る!と思いつきました。

その時には、もう冷蔵庫などが搬入されていたので
動かさなくてもいいように
寸足らずでしたが半分サイズのシートを買って
一人で貼りました。

テラコッタのキッチンが出来上がった!!

あの時の嬉しさは
こうだったらいいのにな
を手に入れた自分へのご褒美でした。

あれから10年が経ち、床材も貼り替え時だったのかもしれません。



今回のリノベは遠回りしてリベンジしましたが
私にとってのリノベーションは
「こうだったらいいのにな」
が解決出来る作業です。

やらなくても支障はないけれど
やれば心地いい暮らしが手に入るから
手間を惜しまずDYIしちゃうんですね。


小型冷蔵庫が搬入されてから1か月。

穴あきの床をモヤモヤしながら眺めていたけれど
今は出来上がった新しい床を眺めて大満足です。


家族がキッチンに入ってくる時間が増えました。
入りたくなるキッチンになったという事ですね。



LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 98554
  • 224
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

北海道札幌市でライフオーガナイザーとして活動しています。モノの片づけを通して生き方の整理整頓をお伝えしています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード