ハクビシンの赤ちゃんを見つけたらどうする?生態についても解説

ハクビシンの赤ちゃんを見かけたときはどうすればいいのか解説します。家の近くで見かけるケースも少なくありません。食べ物などのハクビシンの赤ちゃんの生態や駆除方法についてご紹介します。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 7269
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

赤ちゃんを含むハクビシンの生態

ハクビシンは可愛らしい見た目が特徴的です。ここでは、その生態について紹介いたします。

ジャコウネコ科の哺乳類

ハクビシンはジャコウネコ科の哺乳類です。日本では九州から本州にかけて生息が確認されており、体調は最大で110cmほどになります。体重は3kg程度と、猫と同じくらいと考えるとわかりやすいでしょう。

色は灰褐色ですが、手足が黒く、額から鼻先まで白い線があるのが特徴です。非常に可愛らしい見た目をしていますが、一般的なペットとは大きく異なるという点を理解しておかなくてはいけません。

ダニやノミが寄生している

野生動物であるハクビシンは家にダニやノミを運んでくるため、住み着かれるとアレルギーによる健康被害を引き起こすことも。

ダニとノミは肉眼では見えにくいため、皮膚の痒みや赤み、くしゃみや鼻水などといったアレルギー症状が発症して気づく場合も多いです。

基本的に何でも食べる

ハクビシンは野菜や果実を好んで食べます。しかし、基本的にはなんでも食べるのが特徴です。そのため、家の外に放置してある生ゴミなども漁って食べてしまいます。

ハクビシンによる被害を少なくするためには、ハクビシンの餌となるものを家の周りに置かないようにしなくてはいけません。ゴミは家の中で管理して、溜め込まずに早めに処分することを心がけるようにしてください。

ハクビシンの赤ちゃんを見かけた場合

ハクビシンの赤ちゃんは可愛らしい見た目に反して危険性もあるため要注意!ここでは、ハクビシンの赤ちゃんを見かけた場合の対応について紹介いたします。

絶対に触ってはいけない

まず、ハクビシンの赤ちゃんには絶対に触ってはいけません。ハクビシンの赤ちゃんにはノミやダニが寄生しています。そのため、触ってしまうことで病気になってしまう可能性もあります。

他にも病気を引き起こす細菌や寄生虫を多く媒介しているので注意してください。ハクビシンが近づいてきたとしたら、素早く離れるようにしましょう。

家で見かけたらハクビシンが住みついていることも

赤ちゃんがいるということは、親が同じ場所に生息している可能性も高いです。

屋根裏などに住みつくと、糞尿で家屋がダメージを受けてしまうこともあります。そうなる前に早めに駆除することを心がけてください。

ハクビシンを許可なく駆除することはできない

ハクビシンは鳥獣保護法によって許可なく捕獲・駆除することが禁止されています。

そのため、ハクビシンの駆除は業者に相談するのが望ましいです。知識や経験が豊富な専門業者に依頼して、駆除から対策まで行ってもらうと安心でしょう。

ハクビシンの赤ちゃんの駆除は専門業者に依頼しよう!

ハクビシンを駆除したいという人は、 「害獣駆除110番」の利用がおすすめです。

14,300円(税込)から依頼でき、害獣駆除のプロがスピーディーに対応してくれます

電話・メールでの相談は24時間365日受付中のため、ハクビシンの駆除に困ったら、まずは気軽に事前見積もりの相談をしてみましょう。

※対応エリア・加盟店により記載の価格で対応できない場合があります。

ハクビシンの赤ちゃんは早めに駆除しよう

かわいらしく見えるハクビシンの赤ちゃんは、駆除するのはつらいかもしれません。しかし、放置しておくと人間に害を与える可能性もあります。家の中でハクビシンを見かけたら、早めに対策するようにしてください。駆除は専門業者に相談をしましょう。

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年3月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 7269
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

害虫駆除・害獣駆除のデイリーランキング

おすすめのアイデア