ネズミも冬眠する?冬のネズミの生態と対策について徹底解説

多くの哺乳類が冬は冬眠しますが、実は家に住み着くネズミには冬眠をする習慣がありません。そんな冬だからこそ気をつけたい対策についてご紹介します。

  • 1080
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ネズミも冬眠する?

食料の少ない冬の期間を乗り切るため、冬になると冬眠する哺乳類は多数存在します。有名な動物ではクマやコウモリなども冬眠する動物に当たります。

野ネズミの中には冬眠をするネズミも存在します。しかし、家に住み着くネズミは冬眠をしません。家に住み着く代表的なネズミはドブネズミ・ハツカネズミ・クマネズミの3種類。むしろ、秋から冬にかけて家ネズミの被害件数が多くなる傾向にあります。

家に住み着いては家屋をかじったり、フンや尿を残したりと悩まされることが多いネズミですが、冬眠をしないため冬であっても注意が必要です。

冬こそ注意!冬眠しない家ネズミの生態

冬眠をする哺乳類が多く存在する中で、家ネズミの被害は秋から冬にかけて増加する理由は、ネズミが暖かい場所を求めて移動してくるためです。冬になると屋外ではエサが不足します。そのため雑食である家ネズミは暖かく、食料も豊富な住宅に侵入してくるのです。

冬になると大人しくなった気がする?

そうは言っても、冬になるとネズミの生活音が少なくなった気がするかもしれません。しかし、それはネズミが冬眠をしているのではなく、気温が低いため活動量が減っているだけの可能性があります。

ネズミがいなくなった訳ではない可能性もあるため、油断せずに引き続き対策を続けることが大切です。

秋から冬は家ネズミの繁殖のピーク

家ネズミの繁殖は秋から冬にかけてピークを迎えます。そのため天敵から逃れ、子育てをする目的でも住宅に侵入してきます。

ネズミの繁殖力は非常に強く、驚くべき速さで数が増えていく可能性があるため、冬にしっかりとネズミ対策を実施することが重要です。

家ネズミへの対策3つ

ネズミによる被害から住宅とご自身を守るため、ネズミが住み着かないよう対策を取りましょう。次に、ネズミへの予防策をご紹介します。

【1】害獣対策グッズを使用する

ネズミ対策として市販の害獣グッズを活用するのもおすすめです。例えば、ネズミが苦手な臭いを放つ忌避剤や殺鼠剤などがあります。他にも下記にまとめているように様々なネズミ対策グッズが市販されています。

  • 忌避剤
  • 殺鼠剤
  • 毒餌
  • 捕獲器

【2】ネズミのエサになるものを排除する

次にネズミのエサとなるものをなくすことも大切です。ネズミは雑食性の動物のため人間が食べるものの多くを家ネズミも食料とします。生ゴミや食べカスは放置せず、可能な限り早めに捨てるなど住宅を清潔に保つこともネズミ予防の1つです。

【3】侵入経路を遮断する

侵入経路を遮断することも大切です。ネズミはハツカネズミで1cm程度、クマネズミで500円玉程度の隙間があれば侵入してくることがあります。とくに水回りや屋根裏、床下、物置などはネズミが発生しやすい場所のため注意が必要です。

しかしながら、住宅の隅々まで完璧に対策を取ることは現実的に難しい場合が多いです。そういった場合は早めにプロに相談することをおすすめします。

ネズミの駆除はプロに任せるのがおすすめ!

冬でもネズミの被害に悩まされ続けているという方は 「ねずみ駆除110番」の利用がおすすめです。

個人の場合は14,320円(税込)〜、店舗オーナーの場合は21,800円(税込)〜依頼が可能です。電話でのご相談は24時間365日受付中のため、ねずみ駆除にお困りの人はまずは気軽に事前見積もりのご相談をしてみてはいかがでしょうか。

ネズミを個人で駆除するのは衛生的にもリスクがあり、かつネズミの被害は再発する傾向があります。徹底的に対策を行いたい方は専門業者に依頼するのがおすすめです。

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合があります。

ネズミの冬眠に関する記事をチェック

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年1月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 1080
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

害虫駆除・害獣駆除のデイリーランキング

おすすめのアイデア