トイレのつまりは薬品で直せる?効果的な使い方や注意点

トイレのつまりを薬品だけで直すことはできません。しかし、トイレのつまり予防に酸性の洗剤などを使うのは効果的です。おすすめの洗浄剤から使い方、注意点について紹介します。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 4792
  • 44
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイレのつまりは薬品だけでは直せない

トイレの配管や排水口などに発生したつまりは、薬品だけで直すことができません。洗剤等の薬品はつまりを予防するために、掃除するときに使うのがおすすめです。

ラバーカップを使ってつまりを直す方法

トイレがつまったときには、ラバーカップ(スッポン)や真空式パイプクリーナーなどを使うことで、つまりを直せるケースもあります。

ラバーカップは、便器の形によって適した種類が異なります。ゼット穴(ゼット孔・噴出穴)と呼ばれる水を出す穴がある場合、筒状のラバーカップを使う方がよりよいです。ゼット穴がない洋式便器や和式便器は、一般的なラバーカップが使えます。

必要なもの

  • ラバーカップ(真空式パイプクリーナー)
  • 透明のビニールシート
  • ゴム手袋
  • 灯油ポンプ(必要に応じて準備する)
  • バケツ(必要に応じて10L以上のを準備する)
  • マイナスドライバー

つまりを直す手順

  1. 1.電源プラグがある場合は抜く
  2. 2.マイナスドライバーで止水栓を閉める
  3. 3.便器内の水が便器の上部近くにある場合は灯油ポンプで吸い取る
  4. 4.透明のビニールシートの真ん中に穴を開ける
  5. 5.ラバーカップの柄からビニールシートの穴に通す
  6. 6.ビニールシートが便器を覆うようにラバーカップを便器に当てる
  7. 7.ラバーカップを便器の排水口に静かに押し当てて勢いよく引く
LIMIA編集部
スタッフF
壁や床を保護するためにビニールシートを活用しよう!
ラバーカップをそのまま使用すると、汚水が跳ねて壁や床が汚れる可能性があります。ラバーカップにビニールシートを被せることで、壁や床が汚れないように保護ができます。

トイレをつまりにくくする洗浄剤と使い方

洗浄剤を使って便器内を掃除することで、トイレが詰まりにくくなります。とくに、トイレのつまりが発生しやすくなる尿石による頑固な汚れには、酸性の洗剤で掃除するのがおすすめです。

ただし、塩素系の薬品と混ざると有毒なガスが発生するので、混ぜたりしないように注意してください。

クエン酸で掃除する方法

クエン酸はホームセンターやドラッグストア、100均で売られているので購入しやすい掃除アイテムです。

粉末のクエン酸の場合は、水で溶かしてから空のスプレーボトルに移し替えておくと便利です。

また、汚れが落ちにくいときは、トイレットペーパーで汚れを覆ってクエン酸をかけ、30分ほど放置してから擦り洗いすると汚れが落ちやすくなります。

必要なもの

  • クエン酸スプレー(水100mLに対してクエン酸小さじ1杯)
  • スプレーボトル(必要に応じて準備する)
  • ゴム手袋
  • 柄付きのトイレ用ブラシやスポンジ

掃除の手順

  • ゴム手袋を着用する
  • クエン酸のスプレーを便器内に吹きかける
  • トイレ用ブラシなどで汚れが気になる部分を擦る
  • 水を流してクエン酸を洗い流す

サンポールで掃除する方法

便器が黄ばんでいたり、黄色っぽい砂利のような汚れが付着している場合は尿石が原因である可能性があります。尿石の汚れには、酸性の「サンポール」も効果的です。

「サンポール」の1回の使用量目安は2プッシュ(約20nL)なので、用量を守って使用しましょう。

また、目や皮膚に付着しないように注意し、目に入った場合はすぐに洗い流して、医師に相談してください。皮膚についた場合は、石けんと水で充分に洗いましょう。

必要なもの

  • サンポール
  • ゴム手袋
  • 保護用メガネ
  • マスク
  • 柄つきのトイレ用ブラシ

掃除の手順

  1. 1.ゴム手袋、保護用メガネ、マスクを着用し換気を行う
  2. 2.サンポールを便器にまわしかける
  3. 3.2〜3分放置する
  4. 4.柄のついたトイレ用ブラシで汚れが気になる部分を擦る
  5. 5.水を流して洗剤を流す

▼サンポールについてはこちらもチェック!

デオライトLで掃除する方法

デオライトL 尿石除去剤 1kg
\SPUでポイント最大16.5倍!/
商品情報を楽天で見る 商品情報をAmazonで見る

「デオライトL」は尿石が原因のニオイや黄ばみなどの汚れを落としてくれる酸性の薬品です。

汚れを防ぐコーティングがされている便器の場合、コーティングに影響を与える可能性があるため、必ずトイレの取扱説明書を確認してから使用しましょう。

必要なもの

  • デオライトL
  • ゴム手袋
  • 保護用メガネ
  • マスク
  • 柄のついたトイレ用ブラシ
  • 灯油ポンプ
  • バケツ
  • 重曹(必要に応じて準備する)

掃除の手順

  1. 1.灯油ポンプで便器内の水を汲みとる
  2. 2.デオライトLを約250mL便器にまわしかけながら入れる
  3. 3.約15分放置する
  4. 4.バケツに注いだ水を便器内にゆっくり流して洗剤を洗い流す
LIMIA編集部
スタッフF
浄化槽の場合は中和のために重曹も必要!
浄化槽を使っている場合にはデオライトLの使用後、中和させるために重曹を入れる作業が必要です。重曹を水1Lに対して約50〜70g溶かしたものを便器に入れて流しておきましょう。

トイレのつまり予防に薬品を使うときの注意点

LIMIA編集部
提供:LIMIA編集部
  • 薬品の説明書をよく確認する
  • 用法用量を守る
  • 薬品同士を混ぜて使わない
  • 別の容器に移し替えない
  • 目や皮膚に付着しないようにする

トイレのつまり予防や掃除に薬品を使うときは、いくつか注意すべき点があります。

使用する前に必ず説明書を確認し、用法用量を守りましょう。また、薬品が目や皮膚に付着しないようにゴム手袋や保護用メガネを着用してください。付着してしまった場合には、すぐに水で洗い流し、医師に相談しましょう。

トイレのつまりが直らないときには専門業者に依頼しよう

トイレのつまりが自力で直せなかったときには、無理せず専門業者に依頼しましょう。

「水100番」は、エリアによっては最短30分で駆けつけて対応してくれます。また、無料で電話とメールで相談ができ、見積もりやキャンセル料も無料。

支払いには、一部エリアを除いてクレジットカードの使用も可能なので、手持ちがないときにも依頼しやすいです。

トイレのつまりに薬品を使うことに関するQ&A

Q1. トイレのつまりは薬品で解消できる?

A. 薬品だけでは解消できない

トイレのつまりを解消するには、ラバーカップなどの道具を使用しましょう。無理に薬品を使うと、配管や便器を傷つける可能性もあります。

Q2. トイレのつまり予防に薬品を使う方法は?

A. 掃除をするときに使うのがおすすめ

トイレのつまりを予防するときに薬品を使用するのも効果的です。いつもの掃除にプラスして薬品を使えば、つまりの原因になりやすい尿石などの汚れも落ちやすくなります。

トイレの掃除に関連する記事もチェック

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年1月)に基づいたものです。
※一部画像はイメージです。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけてしっかりと換気を行い作業をしてください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なるため、必ず製品の取り扱い説明書に従って作業を行ってください。

  • 4792
  • 44
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア