トイレが下水臭い!原因別の対策法や予防方法

トイレが下水臭い原因は、主に「封水」と呼ばれる排水トラップの不具合が考えられます。また封水以外にも、排水管の不具合やトイレの汚れなども臭いの原因になるため、臭いの原因別の対策方法や予防方法をチェックしましょう。

  • 1371
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイレが下水臭い原因は?

提供:LIMIA編集部

トイレから下水のような臭いがするときは、まずは排水トラップに不具合があることが考えられます。

排水トラップとは、便器のなかに「封水」という水を溜めておく仕組み。排水管から虫や臭いが上がってくるのを防ぐ役割がありますが、何らかの原因で水が溜まらない「封水切れ」を起こしている可能性があります。

トイレタンクや排水管の不具合が原因ということも考えられるため、それぞれの原因や対処法を詳しくチェックしてみましょう。

トイレが下水臭いときの対処法6つ【原因別】

  1. 1.封水の蒸発
  2. 2.トイレの詰まり
  3. 3.トイレタンクの不具合
  4. 4.排水管の気圧変化
  5. 5.トイレと床の隙間
  6. 6.排水ホースと排水管の隙間

【1】封水の蒸発

旅行や出張などで家を空けていた場合、長期間トイレを使用していないことで封水が蒸発して下水の臭いが上がってくるケースがあります。

封水が蒸発した際は、水位を戻すために洗浄用のレバーハンドルを回して便器内の水を溜めて対処しましょう。

家を長期間空ける際は、トイレのフタをしめる、便器にラップをかけるなどすることで蒸発をある程度防げるので試してみてください。

【2】トイレの詰まり

長期間家を空けていないのにトイレから下水のような臭いがする場合、便器内の詰まりから封水切れが起きていることが考えられます。

奥の方にペーパーや掃除用シートが詰まっている場合は、異物が封水を徐々に吸ってしまう「毛細管現象」が考えられるため、トイレブラシや便器の形に合ったラバーカップで取り除いて封水切れを解消しましょう。

毛細管現象の対処方法

  1. 1.水に流せるものが詰まっている場合は「大」で勢いよく水を流す
  2. 2.詰まりがひどいときは止水栓を止めてラバーカップで取り除く

【3】トイレタンクの不具合

トイレタンク内に不具合があり、便器内に水がうまく給水されていないことで封水切れを起こしていることも考えられます。

タンク内の「ウォーターライン」の2cm下程度が目安の水の量になっていますが、十分な水がない場合は、タンク内にある補助水管とオーバーフロー管がきちんと繋がっていないことが主な原因です。

補助水管が繋がっていないときの対処方法

  1. 1.止水栓を閉めてタンクのフタを開ける
  2. 2.オーバーフロー管の中に補助水管を入れる
  3. 3.タンクのフタを閉めて止水栓を開ける
  4. 4.トイレのレバーを回して水位が上がっているか確認する

【4】排水管の気圧変化

主な原因

対処方法

自己サイホン作用

・一気に水を流すことで封水も流れてしまう ・排水路の設計ミスや排水管の劣化の場合もあり

・「小」で勢いをつけず流す ・排水管や排水路の不具合の場合は専門業者へ相談する

誘導サイホン作用

・マンションなど上階から大量の水が流れてくることで、封水が排水管内に引っ張られる

・通気管の設置が必要。管理会社や専門業者に相談する

トイレの詰まりやトイレタンクの不具合がないのに便器内に水が溜まっていない場合は、排水管内の気圧変化によって「自己サイホン作用」や「誘導サイホン作用」という現象が発生し、封水切れが起きている可能性があります。

どちらも頻繁に起こる現象ではないですが、自力での対処が難しいため水まわりの専門業者に相談するのがおすすめ。

誘導サイホン作用はマンションやアパートなどで発生しやすいため、気になる場合は管理会社や大家さんに相談してみましょう。

【5】トイレと床の隙間

封水切れ以外に、トイレと床に隙間ができているのが原因で臭いが漏れている可能性もあります。

応急措置としてコーキング剤や隙間用テープで塞ぐことも可能ですが、隙間が大きい際は水回りプロに依頼するのをおすすめします。

【6】排水ホースと排水管の隙間

排水ホースとトイレの下を通る排水管の接続部分の隙間が原因で下水のような臭いが漏れている可能性もあります。

どちらも臭いが上がってくるのを防ぐ役割がありますが、接続部分にあるパッキンの経年劣化によって臭いや水漏れが起こる場合があります。

排水管の不具合は自力での対処が難しいため、修理業者に相談しましょう。

トイレが下水臭いときの掃除方法

  • 便器内
  • 便座裏、便器の接合部分
  • トイレの床や壁面

封水がきちんと溜まっている、排水管やタンク内の不具合もない場合は、トイレに蓄積された尿石やアンモニア、カビなどの汚れが臭いの原因となっている可能性も考えられるため、しっかり掃除をしましょう。

市販のトイレ用洗剤のほか、汚れの種類に合わせて重曹やクエン酸なども活用できますよ。

【1】便器内の汚れ

便器内に尿石が溜まることで臭いが発生します。

尿石はアルカリ性なので、酸性の洗剤で掃除するのがおすすめ。軽い尿石汚れの場合は、トイレ専用洗剤とブラシでこすり洗いでOKですが、汚れがひどいときは尿石専用の洗剤やクエン酸、重曹も活用してみましょう。

必要なもの

  • クエン酸(小さじ1)
  • 重曹
  • 水(200ml)
  • スプレーボトル
  • 灯油ポンプ
  • バケツ

掃除の手順

  1. 1.灯油ポンプで便器内の水を全てバケツに移動する
  2. 2.200mlの水とクエン酸を溶かし、スプレーボトルに入れて吹きかける
  3. 3.便器全体に吹きかけたら重曹を上からまんべんなく振りかける
  4. 4.発泡したらラップをかけて30分ほど置いておく
  5. 5.ラップを外し、ブラシでこすり洗いして水で流す

【2】便座裏や便器の接合部分の汚れ

便座の裏や便器との接合部分も尿の汚れが溜まりやすい場所。しつこい汚れはたわしで削り落とす方法もありますが、便器が傷つく恐れがあるため慎重に行いましょう。

便座の取り外し方法はメーカーや機種によって異なるため、説明書をよく読んでから作業をしてください。

必要なもの

  • トイレ用洗剤
  • 使わなくなった歯ブラシ
  • 酸性のトイレ用洗剤(汚れがひどいとき)

掃除の手順

  1. 1.便座を外して便器側の接合部分にトイレ用洗剤を吹きかけて歯ブラシでこする
  2. 2.汚れがひどい場合は、尿石の部分にトイレットペーパーを置く
  3. 3.尿石まで浸透するように酸性のトイレ用洗剤をかける
  4. 4.2〜3分ほど放置する
  5. 5.汚れが落ちない場合は、3〜4の作業を繰り返し行う
  6. 6.水で流す

【3】トイレの床や壁面の汚れ

トイレ全体が臭う場合は、床や壁面にアンモニア臭が染み込んでいる可能性があるため、壁面の素材に適した商品を使って掃除しましょう。

壁紙に染み付いた臭いは取れにくいため、こまめに掃除をすることが大切ですよ。

必要なもの

  • トイレ用中性洗剤(トイレ用拭き掃除シートでもOK)

掃除の手順

  1. 1.トイレ用洗剤や拭き掃除シートで腰から下あたりの高さの壁全体と床を掃除する
  2. 2.布で乾拭きして換気扇を回して完了

トイレの下水の臭いを防ぐ方法

ここからは、トイレの臭いを防ぐアイデアをお届けします。

トイレの汚れを放置しないことがポイント。普段から実践できるアイデアばかりなので、チェックしてみてくださいね。

定期的に掃除する

提供:LIMIA編集部

トイレの臭いを防ぐためには、簡単な掃除はなるべく毎日、しっかりとした掃除は週1を目安に掃除をしましょう。

トイレの排水管を掃除できる「パイプユニッシュ」やトイレ用洗剤、トイレの汚れをサッと掃除できるシートタイプのトイレクリーナーなどもおすすめです。

また、商品を使用する際は注意書きをよく確認することが大切。換気をしっかり行いつつ作業しましょう。

換気をする

トイレ内の湿気が多いと、臭いの原因となるカビや雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

換気扇や窓から空気を外に出してトイレ内をこまめに換気しましょう。

トイレの仕方を気をつけてみる

立ってトイレをすると、床や壁に尿が飛び散りやすく臭いの原因になってしまいます。

飛び散りを防ぐために、「座ってトイレをする」「フタをしてから流す」ことを意識してみましょう。

消臭剤を置く

トイレの気になる臭いをカバーするトイレ用消臭剤を置くのもひとつの手。

常に消臭できる置き型や吊り下げ型、気になるときに使えるスプレー型などさまざまな種類や香りの商品があるので活用してみましょう。

しかし、根本的な臭いの解決にはならないため、消臭剤を置きつつトイレを清潔に保つことも大切です!

何をしてもトイレの下水のような臭いが消えないときは?

封水や部品の不具合、汚れなどチェックしても臭いが消えない場合は、トイレの修理業者に相談してみることをおすすめします。

『水110番』は、「トイレがつまってしまった」「トイレから悪臭がする」などのお悩みをサポートしてくれる修理業者です。

自力での対処が難しい排水管の破損や奥の方の汚れなどが気になる場合は、相談してみましょう。

トイレの下水の臭いに関するQ&A

Q1. トイレが下水臭い原因は?

A. 主に封水切れや排水管の不具合、トイレの汚れなどが挙げられます。

便器内に溜まっている「封水」と呼ばれる水が減っていると、下水の臭いが上がってくる原因になります。ほかにも、排水管の故障やトイレの汚れが原因で臭いがする場合もあります。

Q2. アパートやマンションのトイレが下水臭いのはなぜ?

A. 排水管内の空気圧が変化して封水切れを起こしている可能性があります。

アパートやマンションなどでは、排水管内に水が多く流れて空気圧が変化し、封水が引っ張られることによって下水臭がすることがあります。

通気管が設置されていない、排水管のサイズが細いことなどが原因として挙げられるため、管理会社や大家さんに相談してみましょう。

Q3. 新築なのに急にトイレが下水臭い原因は?

A. 便器内の水が蒸発して封水切れを起こしている可能性があります。

家を建ててから住み始めるまでの期間が空き、便器内に溜まっている水が蒸発して下水から臭いが上がってきていることがあります。

便器内の水が少ない場合は、水を補充しましょう。

Q4. 雨や台風の日にトイレが下水臭い原因は?

A. 汚水管に雨水が入ることで下水道の流れが悪くなっていることが考えられます。

ほかにも、雨の日の気圧変化によって、排水管内の気圧も変化して悪臭が上がってくるケースもあります。

Q5. トイレが詰まってないのに下水臭いのは?

A. 排水管内の気圧変化によって下水臭が発生している可能性があります。

便器内の水を一気に流す、マンションやアパートなどで上階から一気に水が流れるなどが原因で排水管内の気圧が変化し、封水が引っ張られて臭いが発生している可能性があります。

トイレの下水の臭いに関する記事はこちら!

※一部の画像はイメージです。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけてしっかりと換気を行い作業をしてください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なるため、必ず製品の取り扱い説明書に従って作業を行ってください。

  • 1371
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア