【エアコンクリーニングは必要ない?】しないとどうなる?気になる疑問をまとめて解決

【エアコンクリーニングは必要ないって本当?】それなりの出費を要する『エアコンクリーニング』。「プロに依頼するほどなの? しないとどうなる?」などの疑問を抱く方も多いはず。そこで今回は、エアコンクリーニングのメリットや必要性を解説。失敗しない業者選びのポイントも合わせてご紹介します。

  • 1533
  • 18
  • 0
  • いいね
  • クリップ

エアコンクリーニングは必要ない?

「エアコンクリーニングは必要ない 」というのは基本的に間違い。1~2年に1回はプロにお願いするのが理想的です。なお、以下のような場合は、とくに早めの依頼をおすすめします。

エアコンの汚れやニオイが目立つ

エアコンの汚れは手が届きづらかったり、思い通りに落ちづらいことがほとんど。自分でお手入れするには限界があります。

また、エアコンを付けた際の嫌なニオイですが、これはエアコン内部で蓄積されたホコリや雑菌、発生したカビが原因となっていることがほとんど。プロに依頼することで隅々まで行き届いた洗浄が可能となり、汚れや異臭による悩みも改善できます。心地よい風を浴びて快適に過ごすためにも、エアコンクリーニングは必要です。

咳・くしゃみ・アレルギー症状がある

エアコンを長年使用していると、ホコリやごみなどが機器本体に蓄積されます。そのまま放置していると風と一緒にこれらの汚れも撒き散らすこととなり、咳やくしゃみ、アレルギー症状を引き起こしてしまうことも。現時点でこのような症状が出ているのであればエアコンの使用をストップし、早急にクリーニングに出しましょう。

お掃除機能付きでもエアコンクリーニングは必要

近年増えているお掃除機能付きのエアコンですが、これはあくまでもフィルターを自動でお掃除してくれるのであって、エアコン内部の汚れまでは取り除けません。充分な清掃が行き届かないほか、機種によってはお掃除機能で集めたホコリを定期的に取り除く必要もあります。お手入れが全く不要なわけではないので、一般的なエアコンと同様にプロによるクリーニングは欠かせません。

エアコンクリーニングをしないとどうなる?

エアコンクリーニングをしないまま放置しているとどうなるのでしょうか? 考えられるリスクをまとめました。

エアコンの効きが悪くなる

お手入れを長年怠っていると、エアコン内部にどんどん汚れが蓄積されます。この溜まった汚れが原因で空気循環が悪くなり、以前と同じ温度設定でもなかなか効かないなんてことも。エアコンの効果を最大限発揮するには、定期的な徹底洗浄が必要となるのです。

故障の原因になる

エアコン内部の汚れを放置したまま使用を続けると、寿命が短くなり故障や水漏れの原因を招くことも。とくにエアコンは電化製品のなかでも壊れやすいので、こまめなお手入れは必須。クリーニング代より高い修理費用を払わなければいけなくなるかもしれません。

健康被害に繋がる

エアコン内部でカビやダニが繁殖すると、エアコン稼働時にカビの胞子・ダニの死骸・ハウスダストなども風と一緒に拡散され、これらを吸い込むことで咳・くしゃみ・アレルギー症状を発生するリスクが高まります。とくに、免疫力の低い赤ちゃんやお年寄り、アレルギー体質の方がいるご家庭では避けたい状況です。ご自身やご家族の健康維持のためにも、エアコンクリーニングの利用は賢明な判断といえるでしょう。

エアコンクリーニングをしなくてもいいケースは?

以下のような場合は、エアコンクリーニングとは別の対策を検討してみてもよいかもしれません。

目立つ汚れがない

エアコンのパネルやフィルターを外したときに汚れが目立たないようであれば、早急なクリーニングは必要ないかもしれません。ただし、2週間に1回は自分でできる範囲のお掃除をしておくのが理想的です。

製造から10年以上経っている

エアコンメーカーの部品保有期間は、製造打ち切り後10年程が一般的。以降は部品が在庫限りとなるため、万が一エアコンクリーニング後に故障しても修理の対応ができない可能性があります。従って、所有しているエアコンが製造から10年以上経っている場合は、買い替えを検討したほうがよいかもしれません。

不具合が生じている

エアコンに不具合が生じている場合、業者にとってもリスクがあることから依頼を断られるケースがあります。また、ホコリや汚れが原因の不調であればクリーニング後に改善の余地がありますが、部品の故障などが関係していると復旧するのは困難です。よって、このような場合は一度、メーカーや購入店舗などで点検・修理をしてもらうことをおすすめします。

エアコンクリーニングをするメリット

重複しますが、一部例外を除いてエアコンクリーニングはするべきというのがLIMIA編集部の見解。お掃除のプロに任せることで、得られるメリットがあります。

エアコンの効きがよくなる

エアコン内部にホコリやカビが溜まると、ファンが回転しづらくなるため風量が弱まります。また、それと同時に吸い込んだ空気の温度を冷やしたり温める効率が悪くなることも。これをエアコンクリーニングで解消してあげることで、エアコンの効果を最大限高めることが可能になり、効きのよさを維持できるようになります

電気代を節約できる

蓄積された汚れやホコリはエアコンの動きに負担をかけ、余計な電力を消費することから結果として電気代が高くなってしまうことに。エアコンを使用するうえで、電気代は避けて通れない問題。家計の負担を減らすためにも、エアコンクリーニングはおすすめです。

嫌なニオイを抑制できる

エアコンからでる嫌なニオイは、主にエアコン内部で充満しているカビや細菌が原因。とくに、2年以上エアコンクリーニングに出していないと、カビや細菌が繁殖している可能性大。これらを徹底洗浄で取り除くことは、ニオイの改善に繋がります。快適な空気環境で過ごすためにも、プロにお願いするのが賢明です。

失敗しない業者選びのポイント

エアコンクリーニング業者は全国に多数存在します。そのなかから優良な1社を見極めるためにも、依頼前に以下のポイントをご確認ください。

料金設定が適切

まずはエアコンクリーニングにかかる費用を明確にし、妥当な料金設定を設けている業者を選びましょう。

エアコンの種類

料金目安

壁掛けタイプ(お掃除機能なし)

1台あたり 8,000~14,000円(税込)

壁掛けタイプ(お掃除機能付き)

1台あたり 15,000~25,000円(税込)

天井埋込タイプ

1台あたり 20,000~40,000円(税込)

極端に料金目安より安すぎる業者を選ぶと、洗浄およびアフターサービスが行き届いていない・オプション料金を上乗せされるなどして後々のトラブルに繋がることも。反対に高すぎる場合も、不必要な作業が加わっている可能性があるため注意が必要。事前に複数の業者で見積もりを取り、大きな価格の違いがないか、サービス内容も踏まえたうえで確認しておくことが大切です。

※ LIMIA編集部が各社を調査したおおよその料金目安です。(2022年12月現在)

実績がある

エアコンクリーニング業者を選ぶうえで、過去の実績や技術面も重要視しておきたいところ。各々の公式HPなどで、作業員さんの研修制度や施工実績を明記しているところもあるので、合わせてチェックしてみてください。

全機種に対応している

お掃除機能付きのエアコンは内部の構造が複雑なため、通常より専門的な知識・技術・経験が必要になることから業者によっては依頼を受け付けていないところも。反対に依頼可能であれば、作業レベルが高く、それだけ多くの実績を積んでいるといえます。自宅のエアコンがお掃除機能付きでなくても、実力をみるためにどの機種に対応しているのか確認しておいて損はありません。

賠償責任保険に加入している

賠償責任保険に加入している業者であれば、万が一トラブルが発生した際も損害額を保証してもらえるので安心です。エアコンクリーニングは人の手で作業することから、もしものリスクを避けられないのも事実。基本的には多くの業者が加入していますが、なかには例外もあるためご注意ください。

会社情報を公開している

エアコンクリーニング後のトラブルは、作業日から時間が経って発生することもあります。連絡手段がないと何も対応してもらえなくなるため、大手・個人経営同様に、公式HPなどで所在地や連絡先など会社情報を公開している業者を選びましょう。

エアコンクリーニングは「ハウスクリーニング110番」がおすすめ!

エアコンクリーニングが少しでも気になるなら、「ハウスクリーニング110番」のお得なプランの利用がおすすめです。

エアコン・キッチン・水回りの3スポットそれぞれで、17,400円(税込)〜まとめて安く綺麗にできるパッケージプランや、26,400円(税込)〜家中まとめて綺麗にできるお家まるごとプランなど、お得なプランが豊富なため、まとめて安く綺麗にしたい!という方におすすめのサービスです。電話でのご相談は24時間365日受付中のため、エアコンクリーニングを検討している方はまずは気軽に事前見積もりのご相談をしてみてはいかがでしょうか。

エアコンクリーニングの必要性に関するQ&A

Q1. エアコンクリーニングは何年に一回するべき?

A. 1~2年に1回は利用することをおすすめします

使用頻度や状況によっても異なりますが、基本的には1~2年に1回依頼するのがおすすめ。ただし、カビやホコリなどの汚れが目立つ・異臭がする・エアコンをつけることで体調不良などが生じる場合は、それよりも早めにお願いするのが◎。自分でできるお手入れに加えて、プロの技術も上手く取り入れましょう。

Q2. 室外機のエアコンクリーニングも必要?

A. 基本的には必要ありません

エアコンの室外機は、外に設置することを想定して作られており、雨風や汚れにも強いのが特徴。「異音がする」「内部にホコリが詰まっている」などの場合を除いて、エアコンクリーニングは必要ないことがほとんどです。ただし、オプションとして室外機洗浄に対応している業者が多いため、気になるようならまとめて依頼してもよいでしょう。

Q3. エアコンクリーニングを依頼するのにおすすめの時期は?

A. 繁忙期を避けた春か秋が狙い目です

エアコンクリーニング業界の繁忙期は、エアコンの使用頻度が高まる夏と冬の年2回。反対に4~5月・9~10月の春と秋は閑散期となり、予約が取りやすくなります。また、この時期は割引キャンペーンを実施するところも多いので、通常より料金がお得になることも。これらの観点から、利用するタイミングとしてはベストといえます。

エアコンクリーニングについてはこちらもCHECK

以下の記事でも、エアコンクリーニングに関する疑問にお答えしています。気になる方は、合わせてチェックしてみてください。

※記事内の情報は、LIMIA編集部の調査結果(2022年12月)に基づいたものです。
※画像の一部はイメージです。

  • 1533
  • 18
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア