天井埋め込みエアコンの掃除は自分でできる?頻度や洗浄方法・業者の料金を紹介

天井埋め込みエアコン(天カセエアコン)は、店舗や近年はご家庭でも取り入れられるようになり、空間の邪魔をせずスッキリとした印象になります。そのため、視界に入りづらく掃除も忘れてしまっているなんてことはありませんか? そこで、天井埋め込みエアコン(天カセエアコン)の掃除頻度や洗浄方法などをご紹介します!

  • 1380
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

天井埋め込みエアコン(天カセエアコン)の掃除は必要?

埃がたまる・カビが発生する

エアコンは室内の空気を吸い込んで、適切な温度の風にして送り出す仕組みになっています。なので、室内中の埃や汚れを吸い込みやすく、掃除しないと蓄積されていきます。そこに冷やされた空気による結露が混ざることで、カビが発生しやすくなります。

エアコンフィルターは、埃や汚れをエアコン内部に通さないための部分なので汚れやすく、こまめな掃除が必要です。

電気代が上がる

フィルターや熱交換器に埃や汚れが溜まると、室内の空気を吸い込む吸引力が下がり、同時に外へ排出される風も弱まります。

そのため、一定の温度を保つために余計な電力が必要になるので、電気代が上がってしまいます。

故障の原因になる

天井埋め込みエアコン(天カセエアコン)は、目につきにくく掃除も忘れがちですが、エアコン内部にカビや埃が溜まることで故障したり、またイヤな臭いの原因にもなります。

天井埋め込みエアコン(天カセエアコン)の掃除は自分でできる?

天井埋め込みエアコン(天カセエアコン)の掃除は、外側やフィルターは自分で掃除可能です。

エアコンの使用頻度にもよりますが、冷房の時期は2週間に1回、暖房の時期は1ヵ月に1回、フィルターの掃除をするのが好ましいです。

またエアコン内部の洗浄はどうするの? と思う方もいるはずです。

エアコン内部にはドレンポンプ、熱交換器やファンなど、部品も多く構造も複雑なため業者にお任せするのがおすすめです。

もし、エアコン内部の洗浄を自分でおこないたいと思っている方は、下記に気を付けたいポイントをまとめたので参考にしてみてください。


\ 自分で洗浄する前に気を付けたいポイント /
・高圧洗浄機、電動ドライバー、レンチなど洗浄道具を一式そろえるだけで業者に依頼するより高くなる場合がある
・分解したあと、戻せなくなる可能性がある
・電圧が600V以上の天井埋め込みエアコンを使用している

天井埋め込みエアコン(天カセエアコン)のフィルター洗浄を自分でやる方法

必要な道具

  • スポンジ
  • 中性洗剤
  • ぞうきん
  • タオル
  • 掃除機

フィルター洗浄の手順

(1)電源プラグを外す

感電などの恐れもあるので、必ず電源プラグを外してから作業するようにしましょう。電源プラグが分かりづらい場合は、ブレーカーを落としてから始めてください。

(2)パネルを開け、フィルターを取り外す

メーカーや機種によってパネルの開け方やフィルターの外し方が違うので、開ける前に取扱説明書で確認するようにしましょう。

(3)埃を取る

掃除機でフィルターに付いている埃や汚れを吸い取ります。

(4)フィルターを水洗い

吸い取り切れない汚れは、水洗いで流します。落ちにくい汚れには中性洗剤を少量つけて、スポンジで軽くこすり洗いします。力を入れすぎると破損などの恐れがあるので、気を付けておこないましょう。

(5)フィルターを乾かす

タオルで水気を拭き取り、直射日光を避けた風通しのいいところで陰干しをします。
完全にしっかり乾かしましょう。

(6)フィルターを取り付け、パネルを戻す

外したときと同じ位置にフィルターを取り付けます。多くのものは、はめ込むことで固定できますが、取扱説明書を参考に丁寧に取り付けましょう。

(7)エアコンの外側を水拭きする

外側に付着している汚れを水拭きして落とし、最後に、乾いたタオルで水気を拭き取ったら掃除完了です。

天井埋め込みエアコン(天カセエアコン)掃除を業者に頼む頻度

業者に依頼する場合の洗浄頻度

こまめにフィルターの掃除をしていても、エアコン内部にもどうしても汚れは溜まってしまいます。そのため、業者に依頼してエアコン内部を分解し、徹底的に洗浄する必要があります。

業者に依頼するエアコン洗浄は、1年に1回が目安とされていますが、使用頻度が少ない場合は2~3年に1回ほどのペースで依頼してみましょう。


\ エアコン洗浄が必要かどうかチェック /
・ファンや熱交換器など内部にも埃がたまっている
・なんだか空気が悪く、アレルギー症状も出ている
・イヤな臭いがする

業者に依頼する場合は何月頃に頼むのがベスト?

夏場や冬場、本格的に稼働する前にエアコンをキレイにしておくことで、余分な電力を抑えられたり、エアコンの負荷が減ります。

多くの方がシーズン中の6月~8月に頼むので、閑散期の4月~5月や10月~11月をねらってみましょう。
そのタイミングで頼むと、混みあうこともなく、また業者側もキャンペーンをおこなっていたり、値引き交渉に応じてくれる可能性もあります。

天井埋め込みエアコン(天カセエアコン)洗浄の料金目安

業者に依頼すると1台で大体15,000円〜40,000円ほどと幅があり、複数台まとめて頼むと割引されるところもあります。

エアコン洗浄にあわせて、室外機の洗浄や防カビコートをオプションでつけることで料金も変動します。

また、汚れがひどい場合や、高所など作業環境が不安定な場所、作業車の駐車料金など、追加で料金がかかる場合があります。

業者選びのポイント

▼技術力などは口コミを参考に

せっかく業者に頼むなら、プロの知識を持ち確かな技術がある方にお任せしたいですよね。そこで、参考にしたいのが口コミなどです。実際に経験した方の声が分かると同時に、業者の顔写真があると雰囲気が分かり、家に来たときも安心ですよね。

▼損害賠償保険が付いているか

足場や機材の搬入時に部屋を気付付けてしまったり、電化製品はとても繊細なので、何かあったときのために、損害賠償保険に加入している業者を選ぶようにしましょう。

▼クレジット決済ができるか

天井埋め込みエアコン(天カセエアコン)洗浄も複数台依頼をすると高額になり、クレジット決済ができればと思う方も多いはずです。現金支払いのみの業者も多いので、クレジット決済をしたい方は事前に確認しておきましょう。

天井埋め込みエアコンの掃除なら「くらしのマーケット」がおすすめ!

天井埋め込みエアコン(天カセエアコン)の掃除をしたいという人は、「くらしのマーケット」の利用がおすすめです。

ハウスクリーニングや害虫駆除から、水回りのトラブルなどまで、暮らしにまつわる300種類以上のサービスを掲載しており、さまざまな事業者の中から、口コミや料金で比較して気になったところを選ぶことができます。実際に利用したユーザーの声を参考にしながら比較できるため、安心して事業者に依頼することができるのがポイントです。

また、登録している事業者は全国にいるため、サービス毎の対応エリアが広いのも魅力の一つ。

天井埋め込みエアコン(天カセエアコン)の掃除にお困りの人は、この機会に一度試してみてはいかがでしょうか。

天井埋め込みエアコンの掃除に関するQ&A

Q1. 天井埋め込みエアコンが臭うときは?

A. カビが生えている可能性が高いです。

エアコンを起動させた瞬間にイヤな臭いがすると思ったときは、内部が汚れていたり、カビが発生している可能性が高いのでエアコン洗浄を考えましょう。また、シーズン初めなど久々にエアコンを使用する場合に臭うときは、窓を開けて換気をしながら運転してみましょう。

Q2. 天井埋め込みエアコンに洗浄スプレーは使ってもいい?

A. 洗浄スプレーの使用はおすすめできません。

市販で売られている洗浄スプレーは壁掛けエアコン用で、天井埋め込みエアコン(天カセエアコン)に使用すると、ちゃんと汚れに届かなかったり、薬剤が残りカビの原因にもなります。また、風と一緒に薬剤の成分も飛散するので、洗浄スプレーの使用はおすすめしません。

Q3. 天井埋め込みエアコンのカビ対策は?

A. 冷房使用後に送風運転をしてみましょう。

冷房運転をした後、送風運転を3~4時間おこない、エアコン内部を乾燥させることでカビの発生を防ぎます。また、エアコンを使っていないシーズンにも、時々暖房運転をすることでカビ対策になります。

エアコン掃除に関するその他の記事もチェック

※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。
※お手入れをする際は、必ず電源プラグを抜いてから作業を行ってください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。

  • 1380
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア