家電の熱気、蒸気を食器棚にあてない方法。

株式会社パモウナ

  • 16676
  • 53
  • 0
  • いいね
  • クリップ

食器棚のオープンスペースは、そこに置かれる調理家電から発生した熱や蒸気によって、高温多湿の状況下におかれています。
そもそも水や湿気に弱い木製家具にとってその状況は、家具の耐久性に影響を及ぼしかねない危険な状況です。

その対策として’’Pamouna’’ではオープンスペース内に「アルミボード」を採用し、食器棚の保護を行っています。



今回ご紹介するのは、更にプラスαでオープンスペース内の環境を快適にする’’Pamouna''のオプション「スチームリムーバーⅡ」です。

気流の力で熱を逃がす「スチームリムーバーⅡ」

’’Pamouna''のオプションとしてある「スチームリムーバーⅡ」は、気流の力を使い、空気を循環させ、熱や蒸気を放出するという発想を原点として作り出されました。

内蔵されている4つのエアーファンによって空気の流れを作ることで、オープンスペース内で家電が発生して滞留する熱を常に外に放出し続けます。
滞留した熱によって家具本体や調理家電に影響をおよぼすことがない、安心できる状況を「スチームリムーバーⅡ」は作り出してくれます。
頻繁に調理家電を使用する方には、特に熱対策として「スチームリムーバーⅡ」の設置はオススメです。



エアーファンは連続運転可能な耐久性のあるものを使用していますので換気扇と同様に一日中つけた状態でもご使用いただけます。
毎日2時間使用した場合でも年間の電気代は約241円でほとんどかかりません。(消費電力:15W)

※電気料金目安単価:22円/KWh

掃除の手間も軽減できる

「スチームリムーバーⅡ」を搭載していない食器棚
設置もワンタッチで簡単につけることが出来ます。

調理家電が発生する蒸気は、オープンスペースの上面だけでなく、扉やその中にも水滴を付着させるため、こまめな清掃が不可欠になります。

「スチームリムーバーⅡ」は熱や蒸気を滞留させないので、水滴の付着を抑制します。
エアーファンによって常に乾燥状態を維持するので、拭き掃除など手間をかける回数を大幅に軽減させます。

特許登録商品 「スチームリムーバーⅡ」

設置イメージ

オープンスペース内で家電が発生する熱で食器棚が傷んでしまわないだろうか。
家電が発生する蒸気が直接食器棚に当たっているが、なんとかならないか。

そんなニーズにオプションの「スチームリムーバーⅡ」として応えることが出来たのは、’’Pamouna’’が常に使う人の視点でモノづくりと向き合っているからこそです。

「スチームリムーバーⅡ」は特許にも登録されている、’’Pamouna''の独自商品です。

他シリーズ ダイジェスト

他シリーズ記事も是非ご覧ください。

パモウナ リンク


ここでは紹介しきれなかった情報などもパモウナのホームページや電子カタログに詳しく載っているので、下のリンクからそちらもご覧ください。

  • 16676
  • 53
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

キッチン、リビングの収納家具を中心としたインテリアメーカーです。シンプルで洗練されていること・機能的であること・そして永く使える家具であることをフィロソフィーと…

おすすめのアイデア

話題のキーワード