意外と大事・いい刷毛は何もかもが違う!100均の刷毛と比較してみました

今回ご紹介させていただくのは、ニッペの刷毛です。

刷毛なんて100均で十分、古くなったらまた新しいのを買えばいいだけ、

私もそう思って、今までずっと100均の刷毛を使っていたんですが、ニッペのローズガーデンカラーズの刷毛を使ってみて、あまりの使用感に衝撃を受けまして。

刷毛なんて・・・と思っている方にこそ読んで欲しいレポートです(*^^)

今回ご紹介させていただくのは、こちら。

ニッペのローズガーデンカラーズというペンキシリーズの中の刷毛です。

この刷毛が どんな風にすごいのかを書く前に、まずこれ、ものすっごく可愛くないですか。

今まで刷毛の外観なんて特に気にしたこともなかったんですが、この外観には ときめきましたね。

刷毛にときめく、て、そうそう あるもんじゃないと思うんですが。。。



で、私が今まで使ってきた刷毛は、

左のダイソーのヤツなんですが、これ、別に そんなに使い込んだっていうわけじゃ無いのに数回使っただけで もう、こんな風になってしまいまして。

こんな風に、ていうのは、毛がボサボサでゴワゴワな感じなんです。




で、これを、

かなり力を入れて毛のところ全体を曲げてみたんですが、毛の曲がり具合はこれが限界で。。。

これ以上は、曲がらないんです。毛の根元がカッチカチになっていて。

ペンキがついたまま数時間放置したあとに洗ったとか、そんなことはなくて、ごく普通の使い方をして使い終わったらすぐ洗ってたんですが、それでもこんな風になってしまいまして。


でも、刷毛なんて100均で十分・カチカチになってきたら また買えばいい、ぐらいにしか思ってなかったので、今回 機会があってニッペさんから刷毛を戴いたんですが、期待薄めな感じで使ってみたんです。

そしたら、これがほんとに すごく衝撃でして。



いろんなペイントに 刷毛を使った結果がこちら。

このフワッフワさ なんです。

使い終わったら すぐに急いで洗ったとかいうわけでもなく、今まで通りの使い方をしたのに、この柔らかさ。これには本当にビックリしました。

さらには、洗う時です。
刷毛を洗う時って習字の筆を洗う時と一緒で、何回 すすいでも塗料が完全に無くなった状態にはなってくれないですよね。

もう すすげたかなーと思って手でギューっと毛をしぼったら、まだ全然 墨が出てくる あの感じです。

そこへ、この刷毛ときたら!

すすぎが考えられないくらい早い上に、塗料がゼロに なるんです!毛をしぼりながら思わず『え!』て言ってしまったくらい。



で、結構、あれや これやと塗ったあとの毛の状態が、

こんなに違うなんて、これは ほんと すごいと思います!

私は今まで、ペンキをスポンジで塗ることが多かったんですが、その理由は、すすぎにかかる水道代と時間の長さ。

それが憂鬱だったので、スポンジなら そのまま捨てられるしと思って スポンジばっかり使ってきたんですが、この刷毛は あまりにも すすぎが早いので、その快適さを知ってからは ちょい塗り以外の場面では ほぼ この刷毛を使うようになりました。

これは、本っ当ーに おすすめです!

あ、塗りやすさに関しては言うまでもなく、です♪

最後に

『刷毛なんて…』と思われる その気持ち、よく分かります。

でも今は、ものづくり人口がすごく多くなっているし、ものづくりにペイントは必須ですよね。そうなると【たかが刷毛】かもしれませんが【されど刷毛】なんです。

それくらいのことで作業効率や作業の快適さが断然、変わってくるんです!


キッチン用品がお気に入りのモノに囲まれていれば料理のテンションが上がるのと一緒で、見た目も可愛い+性能も抜群なペイントアイテムで ものづくりをすることによって、おのずと気分も上がるのではないでしょうか(^^*)


この記事が、少しでも刷毛選びの参考になれば幸いです。

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

みんなの投稿コンテスト