築20年のマンションをリノベーション-素材にこだわる家づくり

はじめまして。
初投稿になります。

普段は住宅の設計の仕事をしています。

2年前、築20年のマンションを自宅として購入し、全面リノベーションしました。

新築の一戸建てばかりを手掛けてきた私が感じるリノベーションの魅力や、家づくりに役立つ情報を皆様にお届けしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

初回は、素材にこだわる家づくり

自宅リノベーションの事例をもとに、特に壁の素材にフォーカスしました。

リノベーションはもちろん、新築をお考えの方にもおすすめの素材をご紹介します。

  • 20188
  • 125
  • 1
  • いいね
  • クリップ

素材にこだわろう

家の印象を決めるのは、どこだと思いますか?

家具?それとも、照明?

実は、家の印象を決めているのは
面積の広い



天井

の素材なんです。

その中でも、1番印象が残るのは、壁です。

この写真を見ると、天井の木貼りに目がいきますよね。

でも、自宅を訪れたことのある友人は、これを見るまで、天井に木が貼ってあることに気がつかなかったんです。

天井も、白だと思っていたと、、、

部屋に入って、1番多く目にしているのは、目線の高さと同じ「壁」なんです。

だから、部屋の印象は、無意識のうちに、壁に左右されています。

壁を塗装する

特に印象が残る、壁。

我が家は壁を、塗装しました。

ケリーモアという水性塗料です。

すごく質感の良い塗料で、上品な空間に仕上がります。

また、うちはマンションの2階部分で、冬の間は、午前中しか陽が当たりません。

差し込んでくる陽の光を少しでも反射させて明るくしようと、凹凸のないフラットな下地に、塗装をしました。

色は、沢山ある白の中でも
「swan」という名前の白。

光を、とてもきれいに映し出してくれます。

また、「沢山ある白の中から」と言った通り、ケリーモアは色が豊富なのも特徴です。

なんと、2000色以上!

しかも、VOCゼロです。

いろんな塗料が出ていて、何がいいのか分からないと思いますが、こちらは、学校や病院などの公共施設に使われることも多い、安心な塗料です。

我が家は、リビングダイニングに隣接する子供部屋の壁も、一面だけ塗装しました。

違う色でも後から重ね塗り出来るので、最初は私の好きな色を。

こんな風に壁一面だけ塗装するなら、なるべく壁の量が多いところを選んだ方がいいですね。

せっかく塗るなら、窓や建具がついていない壁を塗った方が、よりきれいに、際立ちます。

気になるのはお値段。

コスト的には、一般的な左官仕上げの、漆喰や珪藻土よりはずっと安くすむ印象です。

私のように、リビングダイニングの壁だけ、子供部屋の壁だけ、と、限定して塗れば、もっと抑えられます。

ただ、現場で塗装屋さんに塗ってもらうので、普通のクロスよりは、コストも工期もかかってしまうんですね。

そんなにかけられない、、、そんな方におすすめなのは、塗装済みの壁紙。

エコフリースという壁紙です。

色はケリーモアの方が圧倒的に豊富で、エコフリースの色は10色

でも、綺麗な色が揃っています。

既に塗装されている商品なので、現場で塗装する手間や工期が短縮出来て、コストが抑えられます。

風合いも、ケリーモアとほとんど変わらない印象です。

また、エコフリースも、後から何度も、自分達で重ね塗りが出来る商品。

ローラーを使って、気軽に塗れます。

そして、お手入れも簡単。

ケリーモアも、エコフリースも、水拭き出来ます。

また最近、現場の職人さんに、激落ちくんが使えるよ。と、教えてもらって使ってみたところ、、、

引っ越して以来、落ちなくて悩んでいた汚れが消えました!

空間がシンプルだから

うちは、夫婦共に家の設計をしているんですが、2人とも使いやすい、シンプルな間取りが好きなんです。

空間はシンプル。

だからこそ、素材で楽しみたいと思いました。

我が家は壁以外にも、

床は、足触りの良い無垢材

天井も木貼りと、こだわりました。

意外かもしれませんが、木貼り天井は、天井を高く見せる効果があります。

うちは、天井高が2300と低いのですが、木貼りにしたおかげか、低さが全く気になりません。

リノベーションだからこそ、出来たこと

こんな風に素材にこだわることが出来たのは、リノベーションだからこそ。

新築で土地から購入していたら、ここまで内装にかける余裕はなくなっていたと思います。

リノベーションは、インテリアが好きな方、内装にこだわりたい方にオススメしたい手法です。

最後に、ビフォアアフターです。

リビングに隣接する子供部屋は、リノベーション前は、和室でした。

壁を塗装したことで、かなり印象が変わったと思います。

素材にこだわる家づくり

参考になれば、幸いです。

次回はキッチンに関する記事を予定しています。

お楽しみに!

  • 20188
  • 125
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

間取りもインテリアも収納も☆家のトータルデザインをしています一級建築士インテリアコーディネーターライフオーガナイザー 2004年4月〜2010年10月大手ハウス…

おすすめのアイデア

話題のキーワード