調味料ボトルは「無印良品」でスッキリ収納!

キッチン内に入っている調味料ボトル、どのように収納をしていますか?気が付くとパンパンに入れてしまってぐちゃぐちゃで使いづらかったり、お酒やみりんを使う時に一瞬探してしまう・・・なんてこともあるかもしれません。今回は、無印良品の収納用品を使って調味料瓶等に移し替えなくても、キッチンの調味料ボトルをスッキリ!キレイに、使いやすくする我が家の調味料ボトルの収納のコツをご紹介します。

  • 55413
  • 242
  • 0
  • クリップ

使うのは「整理トレー」

使う収納グッズは、無印良品の「ポリプロピレンデスク内整理トレー」です。デスクの引き出しだけでなく、キッチンの引き出しにも大活躍してくれます。

まずは「紙」に書き出していこう

まず最初に、キッチンでいつも使っている調味料を書き出します。この時、しょうゆ等冷蔵庫に入れた方がよい調味料と分けて書いていくのがおすすめです。
あとは、キッチン内にボトルを置く住所を決めて「整理トレー」を収納するだけです。

それぞれの収納場所ができました。これにより、取り出しやすく使いやすくなります。ジャストサイズで入るとテンションが上がりますね。



さらに使いやすくする収納ポイント

日々よく使う調味料ボトルは引き出しの手前に、あまり出番のない調味料は奥という風に使用頻度が高いものを手前に収納することで更に使いやすくなります。
また、キッチン上に整理トレーを置いてオイルや調味料ボトルを入れて使うというのも、サッと取りだすことができておすすめです。
そして、使った調味料ボトルは取りだした場所にちゃんと戻したいものですよね。この時、整理トレーの底に写真のようにラベルを貼ってあげることで、必ず料理酒は料理酒のラベルが貼ってあるところに帰ってきます。家族でキッチンを使う場合にも引き出し内での住所が崩れないのでおすすめの方法です。

「ダブルクリップ」がラベルに

上から見た時にどこに何が収納されているかも一目で分かりたい、そんな場合は調味料の蓋に毎回毎回ラベルを貼るというのは効率的ではありません。



ダブルクリップに収納する調味料のラベルを貼ってトレーに挟めば上から見た際に調味料がどこにあるか一目瞭然ですし効率的ですね。我が家では調味料ボトルがあまり多くないので必要ありませんが、調味料ボトルが多いご家庭はダブルクリップで探しやすくしておくのがおすすめです。

この「整理トレー」は1Lの調味料瓶やボトルも入るサイズ感なのでいちいち移し替えなくても大体の調味料ボトルが収納できるかと思います。
我が家では塩は移し替えしない代わりにサッと使えるボトルタイプの塩を使うようにしています。袋に入ったままで使うと、使う際に輪ゴムやクリップを取ったりと面倒ですよね。保存容器に移し替えるのが面倒な方はボトルタイプの塩がおすすめですよ。



「クリップ」入れに

ボトル調味料入れ以外にも、食品の袋止めクリップを大・小に分けて収納しても便利です。

「輪ゴム」や「お弁当のピック」入れに

お弁当に使うピックは、我が家ではメラニンスポンジにさして使っています。使う際に探さないので便利です。


収納で注意すべき点

引き出し内のサイズをしっかりと測ってから「整理トレー」を購入するようにすることです。無印良品はインターネットでも購入ができるので、無印良品のショッピングサイトを見ると商品のサイズが記載されています。これならお店に行かずともサイズの確認ができるのでおすすめです。

「掃除」がラク!

ボトル調味料をキッチンに直接置くと、液漏れした時にキッチン本体が汚れてしまいます。拭き掃除も大変ですが、トレーに置くことで汚れてもサッと水洗いができるので掃除がラクになります。使いやすいだけでなく家事時短にも繋がりますね。今ボトル調味料が散らかっていて使いづらい・・・そんな方はぜひ参考にしてみてください。

  • 55413
  • 242
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード