配管があって難しい。無印良品を使ってすっきり収納

整理収納アドバイザーの須藤昌子です。 洗面台下の収納は、配管があるために、皆さんお悩みの収納場所です。 でも、発想の転換をすれば、すっきり収納が出来上がります。 今回は、我が家の洗面所収納をご紹介します。

  • 167900
  • 2375
  • いいね
  • クリップ

無印良品で解決! 難しい洗面台下のすっきり収納

洗面台下には、収納したいものがたくさんあります。 
でも、配管があって、なかなか難しい収納場所でもあります。 
そんな悩ましい収納場所に無印良品を使ったすっきり収納の方法をご紹介します。

我が家の洗面台下の収納は、このようになっています。

使っているのは、無印良品の追加ストッカー。 
こちらは、奥行きがあり、我が家の奥行きのある洗面台下の収納に、しっくりと収まりました。


そして、引き出しも無印良品のモノ。
棚収納なので、細かなものを収納しようとするときには、引き出しが便利。
よって、無印良品の引き出しを2つ重ねて使っています。


この引き出しに上には、色を合わせた無印良品のファイルボックス。
半透明なので、ラベルを貼っていることに加え、中が透けるので、中身がわかりやすいです。

そして、洗面所で、意外と使うハサミも、この収納場所にスタンバイさせています。

使うところに使うものが置いてあると、動作がスムーズにできて、ストレスなしです。

追加ストッカーの上段の浅い引き出しには、ハンドソープのストックを寝かせて収納しています。
洗面台には、ハンドソープは欠かせない存在なので、その下に収納することで、無駄な動作を避けることが出来ます。

追加ストッカーの下の高さのある引き出しには、お掃除用のスプレー類を収納しています。 

引き出し収納なので、引き出す度に、中のスプレー類が、ぐらつき偏るのを防ぐために、セリアの仕切りを入れて、しっかり、一本一本が取りやすくなるようにしています。

追加ストッカーの隣には、ファイルボックスを収納。 シャンプーや洗剤などを収納しています。

ファイルボックスを一つ取り出して見えるのは、配管です。
そう、配管部分は、形がいびつで、奥行きもあって使いにくいので、その部分は、「使わない」という選択をしています。

洗面台下に収納するものは、洗剤やシャンプーなど、液体で重いものが多いので、引き出しの上にそのまま、ファイルボックスを置かず、ワンクッション置くためにも、DIYしたコの字ラックを設置しました。
せっかくの収納だから、きれいにできるだけ長持ちするように使いたいと思っています。こうすれば、引き出しが上のファイルボックスの重さで、圧迫され、引き出しずらくなったり、たわんだりしません。

コの字ラックの下には、引き出しを2つ重ねています。

上の引き出しには、歯磨き粉を収納。

その隣の引き出しには、入浴剤を収納。

その下の引き出しには、歯ブラシを収納しています。 引き出しの中に、ボックスを入れることで、種類分けして収納することが出来て、わかりやすいです。

洗面台の横の収納には、洗濯用ハンガーや洗剤・掃除道具を無印良品のファイルボックスに入れて収納しています。

ワイパーは、収納がしにくいものなので、あえて扉に収納しています。
ダイソーやセリアで販売されている貼ってはがせるフックを使って、収納しています。

洗面所の収納用品は、半透明のものを選択することで、わかりやすくなっています。

上の棚には、洗濯ハンガーを収納。
無印良品の仕切りを使って、使いやすく工夫しています。

奥行きがある収納の場合は、どうしても、「すべて使いたい!」と考えがちですが、奥は、実は使いにくい場所なので、使いにくく取り出しにくいことで、取り出すことが面倒になる可能性もあります。 そのうち、奥に入れた物を忘れてしまう。 だったら、「何も置かない!」なんて選択肢もあってよいのではないかと思います。使わない、余白を持たせる、そんなことも収納には、大事なポイントです。

少しでも、収納のヒントになり、お役に立てると嬉しいです。

日々のお掃除や収納などについて、毎日ブログに綴っています。ぜひ、ご覧ください。

  • 167900
  • 2375
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

その他

整理収納コンサルタントその場限りでない、ずっと続く整う収納とおうちを提案誰にでも片付けはできるということを、自分の経験から伝えるべく、毎日ブログで発信しています…

おすすめのアイデア

話題のキーワード